運用戦略ラインナップ

全て
ソリューション&マルチ・アセット
リアル・アセット
アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ
プライベート・クレジット&エクイティ
債券
ソリューション&マルチ・アセット

アプライド・エクイティ・アドバイザーズ運用チーム
グローバル・マルチ・アセット運用チーム
ヘッジファンド・ソリューションズ・チーム
ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
リアル・アセット

インフラストラクチャー投資チーム
グローバル上場不動産証券・インフラ株式運用チーム
不動産投資チーム
アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ

インターナショナル・エクイティ運用チーム
エマージング株式運用チーム
グロース株式運用チーム
プライベート・クレジット&エクイティ

キャピタル・パートナーズ・チーム
プライベート・マーケット・ファンド投資チーム
債券

リセット

 
 
戦略名
戦略名

運用戦略  
 
 
個別銘柄のリサーチに定量モデルを組み合わせた運用アプローチにより、魅力的なバリュエーションおよび市場平均以上の価格上昇期待を有する、およそ30~60のグローバルの企業に投資  

 
 
グローバルに複数の資産クラスに投資。ポートフォリオ全体のリスク管理フレームワークの中で、戦術的な各資産クラスへのポジションからリターンの向上を図り、ポートフォリオ全体で魅力的なリターンの達成および変動の激しい市場でのダウンサイド・プロテクションを目指す  

 
 
リスク・エクスポージャー、目標リターン、投資制限、流動性、現在のポートフォリオとの組み合わせ等のお客様独自の投資ニーズにお応えするようポートフォリオを設計  

 
 
ディレクショナル戦略、レラティブ・バリュー戦略、およびイベント・ドリブン戦略を追求するヘッジファンド・マネジャーに幅広く投資  

 
 
お客様独自の個別の投資ニーズにお応えするよう、マルチ・オルタナティブのポートフォリオを構築  


運用戦略  
 
 
アジアの上場不動産証券に投資し、長期的に魅力的なリスク調整後リターンの獲得を目指す  

 
 
世界の上場インフラ企業の株式に投資  

 
 
主として先進国の上場不動産会社の株式に投資  

 
 
インフラ資産に直接投資し、アクティブな資産運用と企業運営の改善を通じて価値の創造を目指す  

 
 
地域別コア型およびグローバルなオポチュニスティック型の不動産投資戦略を提供  


運用戦略  
 
 
今後の成長の牽引要因から恩恵を受ける可能性のある、エマージング市場で事業を展開する優良企業に投資  

 
 
エマージング株式に投資。グロース・バイアスで、長期にわたり魅力的なリスク調整後リターンの達成を目指す  

 
 
有力な無形資産、高い投下資本利益率、高いフリー・キャッシュフロー創出力などの特徴を有する、クオリティが高いフランチャイズ企業に投資  

 
 
購入時に割安に放置されているものの、クオリティが高く事業が確立したグローバル企業に投資  

 
 
優れた経営陣を擁し、投下資本利益率が高く、強固なフリー・キャッシュフロー創出力を有する、クオリティが高く下落相場に耐性のある企業に投資  


運用戦略  
 
 
主に北米を拠点とするミドル・マーケット企業のプライベート・エクイティおよびプライベート・エクイティ関連証券に投資  

 
 
ポートフォリオのリターンだけでなく、実証・測定可能な社会的および経済的インパクトをもたらすプライベート・エクイティ・ファンドに投資  

 
 
世界のプライベート・エクイティ・ファンドに分散投資  

 
 
セカンダリー市場で取引されているプライベート・エクイティ・ファンドに投資  


運用戦略  
 
 
エマージング市場の割安な社債に投資  

 
 
エマージング市場の現地通貨建て債券と非米ドル建てのソブリン債、準ソブリン債、および社債に幅広く投資  

 
 
エマージング市場における、主に米ドル建てのソブリン債、準ソブリン債、および社債に幅広く投資を行います  

 
 
政府および政府以外の発行体が発行する世界の様々な通貨建ての債券に投資  

 
 
企業および政府以外の発行体が発行する世界の様々な通貨建ての債券に投資を行なうことで、インカム収益と価格上昇による魅力的なトータル・リターンを目指す  

 
 
転換社債の魅力的なリスク・リターン特性を投資機会として分散投資  

 
 
企業および政府以外の発行体が発行する複数の通貨建て社債に分散投資  

 
 
幅広い債券セクターを対象に、グローバルの債券市場に分散投資。魅力的な水準のインカムの獲得を目指す  

 
 
米国のミドル・マーケットのハイイールド債券と、欧州とアジアにおいてはクオリティが高くより大型の発行体のハイイールド債券を対象に、グローバルに分散投資  

 
 
グローバルの企業および非政府系機関が発行するクオリティの高い債券に集中投資  

 
 
残存期間が5年未満の米国国債、社債、資産担保証券、住宅ローン担保証券に投資  

 
 
主として米国モーゲージ関連証券に分散投資し、魅力的な水準のインカムの獲得を目指す  


運用戦略  
 
 
個別銘柄のリサーチに定量モデルを組み合わせた運用アプローチにより、魅力的なバリュエーションおよび市場平均以上の価格上昇期待を有する、およそ30~60のグローバルの企業に投資  


運用戦略  
 
 
有力な無形資産、高い投下資本利益率、高いフリー・キャッシュフロー創出力などの特徴を有する、クオリティが高いフランチャイズ企業に投資  

 
 
優れた経営陣を擁し、投下資本利益率が高く、強固なフリー・キャッシュフロー創出力を有する、クオリティが高く下落相場に耐性のある企業に投資  


運用戦略  
 
 
インフラ資産に直接投資し、アクティブな資産運用と企業運営の改善を通じて価値の創造を目指す  


運用戦略  
 
 
今後の成長の牽引要因から恩恵を受ける可能性のある、エマージング市場で事業を展開する優良企業に投資  

 
 
エマージング株式に投資。グロース・バイアスで、長期にわたり魅力的なリスク調整後リターンの達成を目指す  


運用戦略  
 
 
主に北米を拠点とするミドル・マーケット企業のプライベート・エクイティおよびプライベート・エクイティ関連証券に投資  


運用戦略  
 
 
購入時に割安に放置されているものの、クオリティが高く事業が確立したグローバル企業に投資  


運用戦略  
 
 
グローバルに複数の資産クラスに投資。ポートフォリオ全体のリスク管理フレームワークの中で、戦術的な各資産クラスへのポジションからリターンの向上を図り、ポートフォリオ全体で魅力的なリターンの達成および変動の激しい市場でのダウンサイド・プロテクションを目指す  


運用戦略  
 
 
アジアの上場不動産証券に投資し、長期的に魅力的なリスク調整後リターンの獲得を目指す  

 
 
世界の上場インフラ企業の株式に投資  

 
 
主として先進国の上場不動産会社の株式に投資  


運用戦略  
 
 
ポートフォリオのリターンだけでなく、実証・測定可能な社会的および経済的インパクトをもたらすプライベート・エクイティ・ファンドに投資  

 
 
世界のプライベート・エクイティ・ファンドに分散投資  

 
 
セカンダリー市場で取引されているプライベート・エクイティ・ファンドに投資  


運用戦略  
 
 
リスク・エクスポージャー、目標リターン、投資制限、流動性、現在のポートフォリオとの組み合わせ等のお客様独自の投資ニーズにお応えするようポートフォリオを設計  

 
 
ディレクショナル戦略、レラティブ・バリュー戦略、およびイベント・ドリブン戦略を追求するヘッジファンド・マネジャーに幅広く投資  


運用戦略  
 
 
お客様独自の個別の投資ニーズにお応えするよう、マルチ・オルタナティブのポートフォリオを構築  


運用戦略  
 
 
地域別コア型およびグローバルなオポチュニスティック型の不動産投資戦略を提供  


運用戦略  
 
 
エマージング市場の割安な社債に投資  

 
 
エマージング市場の現地通貨建て債券と非米ドル建てのソブリン債、準ソブリン債、および社債に幅広く投資  

 
 
エマージング市場における、主に米ドル建てのソブリン債、準ソブリン債、および社債に幅広く投資を行います  

 
 
政府および政府以外の発行体が発行する世界の様々な通貨建ての債券に投資  

 
 
企業および政府以外の発行体が発行する世界の様々な通貨建ての債券に投資を行なうことで、インカム収益と価格上昇による魅力的なトータル・リターンを目指す  

 
 
転換社債の魅力的なリスク・リターン特性を投資機会として分散投資  

 
 
企業および政府以外の発行体が発行する複数の通貨建て社債に分散投資  

 
 
幅広い債券セクターを対象に、グローバルの債券市場に分散投資。魅力的な水準のインカムの獲得を目指す  

 
 
米国のミドル・マーケットのハイイールド債券と、欧州とアジアにおいてはクオリティが高くより大型の発行体のハイイールド債券を対象に、グローバルに分散投資  

 
 
グローバルの企業および非政府系機関が発行するクオリティの高い債券に集中投資  

 
 
残存期間が5年未満の米国国債、社債、資産担保証券、住宅ローン担保証券に投資  

 
 
主として米国モーゲージ関連証券に分散投資し、魅力的な水準のインカムの獲得を目指す  

 
 

リスクについて

受託資産の運用は、受託資産に組入れられた株式その他の有価証券等の価格変動リスクや株式その他の有価証券等の発行体の信用リスク等による影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失又は受託資産に関して行われる取引に際し預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回ることとなるおそれがあります。個別の受託資産ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、投資一任契約を締結する際には、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

受託資産の運用に係る費用について

投資顧問契約及び投資一任契約に係る投資顧問報酬として、契約資産額に対して年率2.16%(税込)を上限とする料率を乗じた金額が契約期間に応じてかかります。投資一任契約に基づいて投資信託を組み入れる場合は、投資する投資信託に係る費用等が投資顧問報酬に加えてかかる場合があります。また、一部の戦略では投資顧問報酬に加えて成功報酬がかかる場合があります。その他の費用として、組み入れ有価証券の売買手数料、先物・オプション取引に要する費用、有価証券の保管費用等を間接的にご負担頂いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、運用状況等により異なる為、事前に料率、上限額等を示すことができません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトについての情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。