プライベート・エクイティ・ファンド投資戦略

プライベート・エクイティ・ファンド投資戦略

プライベート・エクイティ・ファンド投資戦略

 
 
 
概要

プライベート・エクイティ・ファンドへの投資を通じて、上場株式投資と比較して大幅なプレミアムを創出することを目指します。また、セカンダリー投資や共同投資の投資機会にも参加します。マネージャー、地域、およびビンテージ・イヤーにおいて慎重に分散を図ります。

 
 
運用手法
運用哲学

マネジャーの運用力にばらつきがある場合、あるいは原資産の価値を実現するために専門スキルが必要な場合には、プライベート市場への投資で継続的にプラスのリターンを創出できると考えます。運用哲学は、以下の4つの基本原則で成り立っています。

1)プライベート・エクイティのアルファを機動的にリサーチ

変革を続けるプライベート市場での投資機会を捉えるため、幅広い投資ユニバースを対象とし、ポートフォリオ構成には柔軟性を維持することを目指します。

2)投資テーマの視点

特定の市場セグメントにおいて最も魅力的な投資テーマを特定し、こうした投資テーマを活用することができるスキルと能力のある経験豊富なマネージャーに投資します。

3)選別投資

小規模でより専門化したマネージャーにも、しばしば投資します。これらのマネージャーは、キャパシティの規制が少なく、発掘・プライシングの非効率性が期待できます。

4)一体化されたポートフォリオ・アプローチ

通常、コミットメントだけでなく、共同投資とセカンダリー投資も価値創出のドライバーとなります。一体化されたアプローチが、経済面および情報面での優位性をもたらします。

 
特徴
差別化された投資アプローチ

プライベート・エクイティ市場において効率性の低いセグメントに重点投資します。これらのセグメントは、アウトパフォームする可能性が最も高く、マネージャー選別のスキルが最も報われると考えます。

経験豊富な専任のグローバルチーム

運用プロフェッショナルは、あらゆる景気局面を通じて、世界のプライベート・エクイティ・ファンド、共同投資、およびセカンダリー投資の発掘・分析・投資における幅広い経験とスキルを有しています。

共同投資とセカンダリー投資における統合されたアプローチ

小規模で知名度の低いマネージャーに投資することで、共同投資の優先権を獲得しセカンダリー市場にアクセスすることが可能となります。

運用資産額の増加に対する保守的なアプローチ

運用資産額の増加、および市場の投資機会に応じて各ファンドへの投資額を決定することについて厳格なアプローチをとることで、選択肢の幅を維持し、世界で最も魅力的な投資機会に注力することが可能となります。

 
 
 
運用プロセス
1
投資パラメーターの定義

現在の環境と市場見通しを分析します。

2
投資機会の発掘

最良のマネージャーをボトムアップにより発掘します。

3
投資機会の分析

徹底した定量・定性デュー・デリジェンスによりファンドを評価します。

4
投資およびモニタリング

投資前に投資委員会による正式な承認を得ることを義務付けています。ファンド存続期間を通じて継続的にモニターを行います。

 
 
運用担当者  
John Wolak
John Wolak
 
AIPプライベート・マーケット・チーム責任者
Neha Champaneria Markle
Neha Champaneria Markle
 
マネージング・ディレクター
Mercedes Fernandez Elias
Mercedes Fernandez Elias
 
エグゼクティブ・ディレクター
Andrew Murray
Andrew B. Murray
 
エグゼクティブ・ディレクター
Vikram Raju
Vikram Raju
 
Head of Impact Investing
Nash Waterman
Nash Waterman
 
マネージング・ディレクター
 
 
 
 

リスクについて

受託資産の運用は、受託資産に組入れられた株式その他の有価証券等の価格変動リスクや株式その他の有価証券等の発行体の信用リスク等による影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失又は受託資産に関して行われる取引に際し預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回ることとなるおそれがあります。個別の受託資産ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、投資一任契約を締結する際には、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

受託資産の運用に係る費用について

投資顧問契約及び投資一任契約に係る投資顧問報酬として、契約資産額に対して年率2.20%(税込)を上限とする料率を乗じた金額が契約期間に応じてかかります。投資一任契約に基づいて投資信託を組み入れる場合は、投資する投資信託に係る費用等が投資顧問報酬に加えてかかる場合があります。また、一部の戦略では投資顧問報酬に加えて成功報酬がかかる場合があります。その他の費用として、組み入れ有価証券の売買手数料、先物・オプション取引に要する費用、有価証券の保管費用等を間接的にご負担頂いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、運用状況等により異なる為、事前に料率、上限額等を示すことができません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトについての情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。