米国ショート・デュレーション運用戦略

米国ショート・デュレーション運用戦略

米国ショート・デュレーション運用戦略

 
 
概要

米国政府および米国政府系機関が発行する債券に分散投資することにより、インカム、元本確保、流動性を追求します。この目的を達成するために、満期が3年未満の米国債および投資適格社債に投資します。

 
 
運用手法
運用哲学

バリュー・アプローチに基づく運用哲学を採用しています。債券市場には大きな非効率性が存在すると考え、バリュー・マネージャーとして、市場が示唆する予測が極端な状況を探し、こうした状況に内在する価値を獲得することを目指します。伝統的な分析と革新的なテクノロジーを組み合わせることで、対象セクターに付加価値を与え、非効率性を活用することを目指します。

 
特徴
統合された運用アプローチ

当運用アプローチは、運用プロセスの各段階において、厳格な定性分析と定量評価ツールを統合し、強固なクレジット管理プロセスを提供しています。

リサーチとポートフォリオ管理

戦略的な投資判断は、債券調査の最前線に立つために継続的に研究を行い、この分野のオピニオンリーダーである経験豊富な運用チームによって行われます。チーム全員の意見がポートフォリオに反映されるよう、議論を重ねています。

グローバル・リサーチ

リサーチと投資に対するチーム・ベースのアプローチを重視することで、MSIMの債券運用部門の洞察力と専門知識を結集します。リサーチの約80%は社内で行われ、モルガン・スタンレーのセルサイドおよび第三者によるリサーチがこれを補完しています。

 
 
 
運用プロセス
1
マクロ分析:

トップダウン・アプローチで資産配分を決定します。そのプロセスは、マクロ経済分析から始まります。市場参加者は、金融政策、インフレ、クレジット・クオリティなど、ビジネス・サイクルやインフレ・サイクルに沿った主要な経路を誤って判断することがしばしばあると考えています。運用チームは、ファンダメンタル分析と定量分析を駆使してミスプライスを特定し、それを利用することで、長期的に優れたリターンを創出することを目指しています。ミスプライスは、市場の期待が過大で実現しそうにない場合に発生することが多くなります。

2
イールドカーブ分析:

独自の期間構造モデルを活用し、市場価格からインフレと金融政策への期待値を推計します。この予測は、財政政策、金融政策、一般的なビジネス環境、過去の事例を考慮した上で、起こりうる範囲の結果と比較され、イールドカーブのポジショニングが決定されます。

3
バリュエーション分析:

運用チームによって設定されたリスクパラメータは、ファンド・マネジャーが銘柄選択の決定を行う際の指針となります。これらの目標を達成するため、ファンド・マネジャーは、様々なリサーチ・チームが既に特定したバリュー機会を参考に、銘柄選択を行います。ファンド・マネージャーは、ポートフォリオ目標を達成すると同時に、選択したすべての銘柄が投資ガイドラインに準拠していることを確認する最終的な責任を負っています。

4
ポートフォリオ構築:

可能な限り多くの投資機会から価値を見出すことに重点を置いてリサーチを行っています。ポートフォリオは、可能性のあるさまざまな投資対象を評価し、比較することに十分な注意を払いながら、個別銘柄の積み上げとして構築されます。

Global-Fixed-Income-Commoning_ja
 
 
主な運用担当者  
Neil Stone
Neil Stone
 
マネージング・ディレクター
Eric Jesionowski
Eric Jesionowski
 
エグゼクティブ・ディレクター
Matthew Dunning
Matthew C. Dunning
 
エグゼクティブ・ディレクター
 
 
 
 

ご案内の運用戦略の中には、日本でご紹介していないものも含まれています。また、受託資産額が運用上限に達したため受託を一時的に停止している運用戦略が含まれている場合があります。詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

リスクについて

受託資産の運用は、受託資産に組入れられた株式その他の有価証券等の価格変動リスクや株式その他の有価証券等の発行体の信用リスク等による影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失又は受託資産に関して行われる取引に際し預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回ることとなるおそれがあります。個別の受託資産ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、投資一任契約を締結する際には、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

受託資産の運用に係る費用について

投資顧問契約及び投資一任契約に係る投資顧問報酬として、契約資産額に対して年率2.20%(税込)を上限とする料率を乗じた金額が契約期間に応じてかかります。投資一任契約に基づいて投資信託を組み入れる場合は、投資する投資信託に係る費用等が投資顧問報酬に加えてかかる場合があります。また、一部の戦略では投資顧問報酬に加えて成功報酬がかかる場合があります。その他の費用として、組み入れ有価証券の売買手数料、先物・オプション取引に要する費用、有価証券の保管費用等を間接的にご負担頂いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、運用状況等により異なる為、事前に料率、上限額等を示すことができません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトについての情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。