信頼されるパートナー
卓越した運用力
モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントは
世界の上場・非上場資産にアクティブに投資をおこない
優れたパフォーマンスを達成することに注力しています
経験豊富な運用プロフェッショナル独自の視点からの調査・分析力も強みです

幅広い資産クラスを投資対象とする運用戦略

グロース株式運用チーム
運用戦略
グローバル・オポチュニティ株式運用戦略
購入時に割安に放置されているものの、クオリティが高く事業が確立したグローバル企業に投資

運用部門 : アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ
運用チーム : グロース株式運用チーム
ビデオ
グローバル・オポチュニティ株式運用戦略
2016 年 3 月 1 日
運用責任者であるクリスチャン・ヒュー(Kristian Heugh)が、長期的に良好なパフォーマンスを創出している集中投資型グロース株式運用の有効性および着目点について解説します
フラッシュ・レポート
EDGE:ブロックチェーン
2018年5月31日
これから先、インターネットと同じように、ブロックチェーンにネイティブな企業と、ブロックチェーン技術を導入して既存のビジネスプロセスを改善し、新たな仕組みがもたらす新たな市場機会を開拓する企業が混在することになるでしょう。
フラッシュ・レポート
短期志向を強める世界において長期的に確信の持てる銘柄に着目
2018年2月22日
アクティブ・シェアの高いポートフォリオと集中投資の有効性について論じています。
インターナショナル・エクイティ運用チーム
運用戦略
グローバル・フランチャイズ運用戦略

クオリティの高いフランチャイズ企業に投資することで魅力的なリターンの創出を目指す、集中投資型の運用戦略です。


運用部門 : アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ
運用チーム : インターナショナル・エクイティ運用チーム
フラッシュ・レポート
生活必需品企業の価格決定力
2018年6月4日
生活必需品セクターの年初来リターンは、MSCIワールド・インデックスに対して大きくアンダーパフォームしました。生活必需品企業の価格決定力が低下しているのか、市場は疑問を抱き始めています。しかし、我々は価格決定力に重大な変化があったとは考えていません。
ESG関連レポート
持続可能性の探究
2017年11月21日
グローバル・フランチャイズ運用戦略、グローバル・クオリティ運用戦略の運用責任者William Lockが企業の持続可能性について論じ、彼の運用チームがESGについての考え方をどのように運用プロセスに組み込んでいるかについて説明します。
フラッシュ・レポート
グローバル・フランチャイズ、グローバル・クオリティ両運用戦略の運用担当者とのQ&A
2018年4月9日
ポートフォリオ・スペシャリストのLaura Bottegaが、運用担当者のBruno Paulsonに足元のテーマについて質問します。
債券
運用戦略
グローバル債券オポチュニティーズ運用戦略

アンコンストレインド型の債券運用戦略です。ロング・オンリーのマルチ・セクター運用で、キャリー中心の安定的なトータル・リターンの獲得を目指すと共に、ポートフォリオのボラティリティの低減を図ります。


運用部門 : 債券
運用チーム : 債券運用チーム
グローバル債券市場レポート
レンジは破られるであろう
2018年5月18日
米国・世界経済は2007 ~17年のレンジを上放れるのか(つまりは長期にわたる低迷に終止符を打つか)、それとも世界経済はこの先再び低成長局面に舞い戻るのか、市場は決めかねています。今後の経済データが良くなるか、悪化するかすれば、市場の見通しが変化し、レンジは破られるでしょう。
グローバル債券市場レポート
ゴルディロックスが直面する3つの困難
2018年4月24日
債券市場にとって1月はゴルディロックス(適温状態)環境にあると感じられたが、一方で、3月はリスクのパーフェクトストーム(最悪の状況)に見舞われた感があります。我々は満期の短い投資適格債の最近のスプレッド拡大を、相対的に低いデフォルト・リスクで良好なキャリーを追加する格好の機会と見なしています。
運用チーム
長期的にはバリュー投資が有効でリサーチが勝つ

債券運用チーム

グローバル・マルチ・アセット運用戦略
運用戦略
グローバル・バランス・ リスク・コントロール運用戦略 (GBaR運用戦略)

ポートフォリオのリスク水準を管理しつつ、マルチ・アセットに投資します。


運用部門 : ソリューション&マルチ・アセット
運用チーム : グローバル・マルチ・アセット運用チーム
マーケット・レポート
米中関係悪化が意味するもの-(戦争勃発ではなく)愛の終わり
2018年5月14日
米国と中国との関税争いに対する市場の過剰反応を投資機会と捉え、ボラテリティを利用した戦術的なアプローチを検討すべきだと考えます。
 

 

主に機関投資家のお客様にご提供している運用戦略をご紹介しています