お知らせ
グローバル・フランチャイズ運用戦略:オル・イン VOL.50に掲載されました

幅広い資産クラスを投資対象とする運用戦略

債券
運用戦略
グローバル債券オポチュニティーズ運用戦略

アンコンストレインド型の債券運用戦略です。ロング・オンリーのマルチ・セクター運用で、キャリー中心の安定的なトータル・リターンの獲得を目指すと共に、ポートフォリオのボラティリティの低減を図ります。


運用部門 : 債券
運用チーム : 債券運用チーム
フラッシュ・レポート
激変する債券の運用環境:リターンの柱がベータからアルファへシフト
2018年7月6日
債券市場では根本的なシフトが起こりつつあります。金利上昇の新たな時代を迎え、世界中の債券運用者が運用方法の見直しを迫られています。新たな時代はアルファへの焦点が必要だと考えます。
フラッシュ・レポート
ミドル・マーケットのハイイールド社債への投資
2018年10月5日
追加的な利上げが実施される可能性がある中でも、ハイイールド債券、中でもミドル・マーケットの発行体への投資は引き続き魅力的であると考えます。
グローバル債券市場レポート
2019年の債券市場見通し
2019年1月23日
グローバル債券運用部門による世界の債券市場に関する考察です。
カウンターポイント・グローバル株式運用チーム
運用戦略
グローバル・オポチュニティ株式運用戦略

 

購入時に割安に放置されているものの、クオリティが高く事業が確立したグローバル企業に投資


運用部門 : アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ

詳細はこちら

フラッシュ・レポート
EDGE:オートメーション/ロボティクス
2019年1月14日
以前は、商業目的にロボットを利用する最大のユーザーは自動車メーカーと部品メーカーでしたが、この10年間、テクノロジーの進化につれ、ロボットはより多くの産業の幅広いニーズに応えることができるようになってきました。
インターナショナル・エクイティ運用チーム
運用戦略
グローバル・フランチャイズ運用戦略

クオリティの高いフランチャイズ企業に投資することで魅力的なリターンの創出を目指す、集中投資型の運用戦略です。


運用部門 : アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ
運用チーム : インターナショナル・エクイティ運用チーム
フラッシュ・レポート
バリュエーションは低下するも、リスクは低下せず
2019年2月12日
株式投資で損失が生じる原因は、投資先が減益となるかバリュエーションが低下するかの二通りしかありません。 我々の主な懸念はバリュエーションから利益に移っており、また、減益の可能性と流動性の逼迫が資産価格の下落要因になることへを懸念しています。
ビデオ
無形資産を誇るフランチャイズ企業への集中投資が資産を守る
2018年8月21日

   

フラッシュ・レポート
グローバル・フランチャイズ、グローバル・クオリティ両運用戦略の運用担当者とのQ&A
2018年4月9日
ポートフォリオ・スペシャリストのLaura Bottegaが、運用担当者のBruno Paulsonに足元のテーマについて質問します。
グローバル・マルチ・アセット運用戦略
運用戦略
グローバル・バランス・ リスク・コントロール運用戦略 (GBaR運用戦略)

ポートフォリオのリスク水準を管理しつつ、マルチ・アセットに投資します。


運用部門 : ソリューション&マルチ・アセット
運用チーム : グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)チーム
マーケット・レポート
米国市場vs他市場:乖離は調整へ
2018年11月7日
晩春以降、投資家の資金が一斉に米国株に流入するのに伴い、米国市場と他市場のパフォーマンス格差が急速に広がっています。しかし、ジョージ・S・パットン将軍が洞察したように「誰もが同じように考えているなら、誰か考えていない奴がいる」のです。
 

 

主に機関投資家のお客様にご提供している運用戦略をご紹介しています