global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年10月1日

ピークを越えて 

債券運用チーム
ここ数か月、金融市場では、経済成長率、新型コロナウイルス感染率、インフレ率のピークについての議論が盛んに行われています。これは非常に理にかなっています。経済成長率、新型コロナウイルス、インフレ率は、世界経済や金融市場における重要な要素であり、市場はフォワード・ルッキング志向です。そのため、関心事は、今何が起きているのかではなく、次に何が起こるか、ということです。

10091077_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年8月27日

何が起きているのか? 

債券運用チーム
米国債(およびその他の先進国国債市場)の動向を名目金利および実質金利両方の観点から見ると、経済が落ち込み、FRBが金融緩和し、インフレが低下してきていると信じていれば、許容されるかもしれません。事実以上のことはありません。その他の金融資産価格は、別のメッセージを送っています。

10075552_GFI-Bulletin_Media-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年8月3日

金利は一体どこに向かっているのか? 

債券運用チーム
6月のマーケットは、5月と大きく異なる動きを見せました。利回りが引き続き低下し、クレジット・スプレッドが縮小し、データやニュースが表向き弱いものであるにもかかわらず、株式市場が上昇するなど、異例の月となりました。経済と企業業績が堅調な中、クレジット市場と株式市場が好調なパフォーマンスを見せるのは理にかなっていると言えます。しかし、マクロ経済が全て良好であり、少なくとも1年間は良好であり続ける可能性が高い場合、なぜ金利は低下するのでしょうか?

10060122_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年6月29日

ボラティリティはどこへいったのか? 

債券運用チーム
データ面に関してサプライズがあったにもかかわらず、5月は比較的静かな月となりました。米国の雇用とインフレはいずれも、予想外となりました。雇用は大きなダウンサイドを示し、インフレは過去数十年で最大のサプライズという驚異的なものでした。これら2つの指標は、FRBにとって引き続き最大の関心事項であるため、投資家はこれらに関心を持っています。残念なことに、データは混乱を招き、経済再開、労働と原材料の両面からの供給側の制約、ワクチン接種率のばらつきにより歪められていることから、データからシグナルやメッセージを引き出すことは困難です。

10043426_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年5月27日

素晴らしい新世界へようこそ! 

債券運用チーム
4月の債券市場は、予想外に堅調でした。3月に大きく金利上昇した米国債とその他の先進国市場の国債は、堅調で予想以上に力強い経済データ、積極的な米国の財政拡大計画、パンデミックに関する良いニュース、にも関わらず、金利は低下しました。一方、 欧州の利回りは大幅に上昇 し、新興国市場は、外貨建て新興国市場がアウトパフォームし、米国債の追い風に支えられた現地通貨建て新興国市場もアウトパフォームしました。

10028733_GFI-Bulletin_Insight-Tile-2x2
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年5月6日

上辺がいくら変わっても、本質は変わらない 

債券運用チーム
米国債市場の参加者にとって、3月はエキサイティングな月でした。ワクチンに関する良いニュース、経済データ、FRB政策の織り込み修正を背景に、利回りは上昇基調を示しました。しかし、国債の利回りが米国債と密接にリンクしているカナダを除き、他の先進国市場ではあまりそのような 状況が顕著には見られていません。

10013493_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年3月31日

タントラムか、フェア・バリューへの回帰か 

債券運用チーム
経済と市場について、少し前までは、中央銀行による緩和政策の継続、金利とインフレの低位推移、そして経済が完全雇用に戻るまでには長い時間を要する、といったことについてのみ議論されていました。今は、景気刺激が大きすぎる、インフレが高すぎる、成長が強すぎるといった状況かもしれません。潮目が変わったのでしょうか。

9996322_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin market-pulse pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年2月26日

賽は投げられた 

債券運用チーム
1 月は世界的な資産価格の上昇が一服しました。国債利回りはほとんどの国で上昇し、特に米国債利回りが大きく上昇しました。米国債を上回る利回り上昇を見せたのはオーストラリア国債とカナダ国債でした。

9979535_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年1月29日

すべてが変化し・・何も変わらなかった:異例な1 年の異例なリターン 

債券運用チーム
異例な1年は異例な形で終わり、 資産リターンは12月も上昇を続けました。米国債以外では、失望するようなものを見つけるのは困難で、投資適格、ハイイールド、新興国市場はすべて、優れた相対リターンと絶対リターンを生み出し、特にハイイールド債と新興国市場が牽引しました。

9962421_GFI_Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin market-pulse pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年12月24日

いよいよ正念場を迎える 

債券運用チーム
米国ではコロナ・ワクチンの有効性と導入に関するニュースで2021年に向けての希望は劇的に高まり、下半期にはワクチンの大量接種と、ある程度の正常化への回帰がコンセンサスとなっています。このような楽観的な市場の見方は本当に正しいのでしょうか。

9961963_Heat-Is-On_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin market-pulse pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年12月9日

ウェーブの大きさはどの程度か? 

債券運用チーム
10 月は珍しい月でした。ウェーブがあらゆる方向から発生し、金融市場は、すべてのシナリオを理解し、それらに対応するのに苦労していました。米国では債券利回りは大幅に上昇しましたが、その他のほとんどの国では低下しました。

9933254_How-Big-Are-The-Waves_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年10月28日

悪魔は細部に宿る 

債券運用チーム
9月は、3 月以降、金融市場にとって最も困難な月となりました。株式や社債はマイナスリターンとなり、国債価格は緩やかに上昇しました。しかしながら、そこまで心配しすぎることはありません。資産価格の上昇を考えると、一時的な調整の範囲内と言えます。最近のクレジットと新興市場の下落は、健全と捉えられるため、リスクを上げるのであれば魅力的なエントリーポイントとなる可能性があると考えています。

9918636_Devil-Is-In-The-Details_Insight-Tile-1x1
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.
 
 
グローバルな見通しに基づくシームレスな運用プロセスを実践。市場が極端な予想を織り込んでいるような環境において、バリュエーション面で魅力的な銘柄を発掘