global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年4月27日

金利における小さな一歩、金融政策における大きな前進 

債券運用チーム
3月は、再び市場にとって難しい月となり、2022 年1–3月期は1980年代以降で最悪レベルの四半期となりました。ロシアがウクライナに侵攻した際に示した国債の「安全資産」としてのステータスは、一時的なものとなり、国債は3 月に大きな下落を見せました。

10201742_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年3月29日

戦争の霧の中を進む 

債券運用チーム
2 月は金融市場にとって厳しい月となり、ほとんどの資産のリターンがマイナスとなりました。月の大半では、予想以上に強いインフレが中央銀行のタカ派的姿勢を強め、債券資産、特に国債のパフォーマンスが低下しました。しかし、ロシアによるウクライナへの大規模な侵略は、ほとんどの投資家が予想していなかったもので、株式、社債、新興国債券といったリスクの高い資産が下落する展開となりました。

10185050_GFI_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年3月3日

中央銀行は冷静になる必要があるのか? 

債券運用チーム
2022年の金融市場は、2021年とは異なると予想していましたが、その予想はすぐに実現しました。1 月はイベントの多い月で、2 月初旬にはさらに状況が進展し、状況が長期化すると考えられます。

10170758_GFI_Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年1月31日

デジャブ?いいえ、2022年は2021年とは異なる様相を呈するでしょう 

債券運用チーム
2021年12 月の金融市場は、感染力の強いオミクロン変異株により新型コロナウイルスの感染者が急増したにもかかわらず、堅調な展開となりました。株式市場は堅調に推移し、クレジット・スプレッドはタイト化し、新興国市場も上昇しました。

10154503_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年12月23日

そして、鼓動は鳴り続ける 

債券運用チーム
11月は、ボラティリティの高まり、中央銀行のタカ派的(もしくはハト派的でない)レトリック、利回りの上昇、イールドカーブのフラット化など10月と同じ状況が継続しました。特に第4四半期に見られた、継続的なインフレ率上昇と堅調な経済データに対する市場の反応は妥当なものでした。しかしながら、月半ば前後で状況が変わりました。

10140834_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年11月30日

金融政策への懸念は行き過ぎなのか? 

債券運用チーム
金融市場を取り巻く重要な問題は、中央銀行がインフレにどの程度抵抗するのか、という点です。インフレは、前年比での上昇は見られなくなったものの、予想以上に上昇する状況が続いています。

10126451_Monetary-Policy_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年11月1日

タカ派を追い出したのは誰か? 

債券運用チーム
全般的に、株式と債券の価格は10年にわたり上昇を続けてきたため、投資家は、足元において債券と株式が共に下落するという、あまり好ましくない状況に対処しなければなりませんでした。 その理由は、インフレリスクが上昇しており、それをコントロールする必要があるため、金融市場へのバックストップとして認識されていた中央銀行が、経済が軟化しても、引き締め政策を開始しなければならない可能性があるからです。

10105940_Who-Let-the-Hawks-Out_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年10月1日

ピークを越えて 

債券運用チーム
ここ数か月、金融市場では、経済成長率、新型コロナウイルス感染率、インフレ率のピークについての議論が盛んに行われています。これは非常に理にかなっています。経済成長率、新型コロナウイルス、インフレ率は、世界経済や金融市場における重要な要素であり、市場はフォワード・ルッキング志向です。そのため、関心事は、今何が起きているのかではなく、次に何が起こるか、ということです。

10091077_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年8月27日

何が起きているのか? 

債券運用チーム
米国債(およびその他の先進国国債市場)の動向を名目金利および実質金利両方の観点から見ると、経済が落ち込み、FRBが金融緩和し、インフレが低下してきていると信じていれば、許容されるかもしれません。事実以上のことはありません。その他の金融資産価格は、別のメッセージを送っています。

10075552_GFI-Bulletin_Media-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年8月3日

金利は一体どこに向かっているのか? 

債券運用チーム
6月のマーケットは、5月と大きく異なる動きを見せました。利回りが引き続き低下し、クレジット・スプレッドが縮小し、データやニュースが表向き弱いものであるにもかかわらず、株式市場が上昇するなど、異例の月となりました。経済と企業業績が堅調な中、クレジット市場と株式市場が好調なパフォーマンスを見せるのは理にかなっていると言えます。しかし、マクロ経済が全て良好であり、少なくとも1年間は良好であり続ける可能性が高い場合、なぜ金利は低下するのでしょうか?

10060122_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年6月29日

ボラティリティはどこへいったのか? 

債券運用チーム
データ面に関してサプライズがあったにもかかわらず、5月は比較的静かな月となりました。米国の雇用とインフレはいずれも、予想外となりました。雇用は大きなダウンサイドを示し、インフレは過去数十年で最大のサプライズという驚異的なものでした。これら2つの指標は、FRBにとって引き続き最大の関心事項であるため、投資家はこれらに関心を持っています。残念なことに、データは混乱を招き、経済再開、労働と原材料の両面からの供給側の制約、ワクチン接種率のばらつきにより歪められていることから、データからシグナルやメッセージを引き出すことは困難です。

10043426_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.
 
 
グローバルな見通しに基づくシームレスな運用プロセスを実践。市場が極端な予想を織り込んでいるような環境において、バリュエーション面で魅力的な銘柄を発掘