global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2024年5月27日

債券市場アウトルック(2024年5月) 

債券運用チーム
先進国市場、クレジット市場、新興国市場、証券化商品、為替市場についてのアウトルックをお届けします。

GFIB-ja
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2024年4月22日

債券市場アウトルック(2024年4月) 

債券運用チーム
先進国市場、クレジット市場、新興国市場、証券化商品、為替市場についてのアウトルックをお届けします。

GFIB-ja
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2024年1月29日

そして音楽は続く、しかしいつまで? 

債券運用チーム
2月は11月に続き、月間の大半を通して世界中で国債利回りが低下し、スプレッドは縮小しました。米国の10年物国債利回りが月間で45ベーシス・ポイント(bps)低下したほか、ドイツでは42bps、カナダでは64bps、オーストラリアでは46bps、ニュージーランドでは56bps低下しました。これは、インフレ率が引き続き低下し、各中央銀行の政策が従来の予想よりも早期に利下げを実施する方向に修正されたためです。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年12月28日

急変動の衝撃! 

債券運用チーム
11月の債券市場は前月とは打って変わって大幅に上昇しました。予想を下回る経済指標、世界的なインフレ鈍化、および中央銀行のハト派姿勢を受け、市場ではソフトランディングへの期待が高まりました。さらに、そのような状況を背景に米国と欧州で利下げ観測が再浮上したため、11月は債券市場がここ数十年で最も高いリターンとなった月の1つとなりました

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年11月30日

10月のもう1つの衝撃的なこと:デジャヴ? 

債券運用チーム
10月は利回りの上昇が続き、スプレッドが拡大し、米ドル高が進行したため、世界の債券資産は再び厳しい展開となりました。中東で戦争が勃発し、米国の経済指標が堅調に推移し、世界全体でインフレが高止まりする中、政策金利が長期にわたり高水準に維持されるとの見方が強まりました

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年10月31日

9月の市場低迷!「実質金利」の動向 

債券運用チーム
9月は金利が上昇し、スプレッドが拡大し、米ドル高が進行したことで、グローバル債券にとって厳しい相場環境となりました。インフレが改善したにもかかわらず、金融状況が逼迫し、実質利回りが上昇する中で、世界の経済成長は悪化し、来年に景気後退に陥る可能性が高まりました。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年10月2日

金利は、高止まりが続くものの、大幅に上昇することはないでしょう 

債券運用チーム
8月は世界的に国債利回りが総じて上昇し、先進国および新興国の両市場で、利回りが上昇しました。利下げ時期の予想が後ずれし、長期にわたり金利が高止まりするとの観測が高まる中で、長期ゾーンの利回り上昇幅が短期ゾーンの利回り上昇幅を上回り、先進国市場のイールドカーブはスティープ化しました。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年8月31日

今は皆が経済データ次第の状況 

債券運用チーム
7月は経済指標が引き続き底堅さを示し、ソフトランディングのシナリオの蓋然性が高まった結果、リスク資産の上昇が継続しました。米国では、他に先駆けて堅調な経済データが発表され、インフレ指標に関しては予想外に下振れしたため、社債のクレジット・スプレッドは当月に概ね縮小しました。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年8月2日

私たちはまだそこにいるのか? 

債券運用チーム
6月もボラティリティが低下し、リスク資産に対する市場の需要が支えられました。経済指標は底堅く推移し、インフレ指標が好転の兆しを示したことから、市場全体にわたりリスクオンのセンチメントが優勢となりました。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年6月30日

約束は控えめに、結果は大きめに 

債券運用チーム
5月の米国経済に対する期待値は低水準にとどまっていましたが、この1カ月間すべてのボラティリティを考慮しても、米国経済は想定より好調に推移したように思われます。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.
 
 
MSIMの債券運用部門は、8つの運用チームで構成されている。エージェンシーMBS、エマージング市場債券、バンクローン、ハイイールド債券、投資適格社債、地方債、マルチセクター、証券化商品を担当する各セクター専任の8つチームが、グローバルの債券市場に投資を行う