global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年5月29日

長く、曲がりくねった道 

債券運用チーム
4月に市場が大幅に回復した一方で、、少なくとも短期的な観点からは、過去最悪の経済指標が発表されています。欧州、米国で発表された指標はさらに悪化しており、既に低い水準であった市場予測、期待すら下回る内容となっています。しかし、それにも関わらず市場は上昇しました。

9844638_Long-and-Winding-Road_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年5月1日

始まりの終わり 

債券運用チーム
COVID-19の流行は急激なスピードでの感染者と死者の増加、ロックダウンと経済活動の閉鎖を伴いながら、世界的なパンデミックに変わりました。世界の債券市場は、3月末にかけて非常に低調なパフォーマンスとなりました。我々は、政府の対策が下支えとなり、危機が後退するにつれ経済が徐々に通常に回復すると期待しています。当面はコロナウイルスの動向次第であるものの、いま私たちが立っているのは始まりの終わりだと考えています。

9831311_GFI-Bulletin-April_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年3月26日

全てはウイルス次第 

債券運用チーム
2月は、コロナウイルス(COVID-19)が大流行するか否か の転換点を迎えました。中旬までは楽観論が支配していたものの、月末までに、米国の10年国債利回りは、歴史的にも低水準となり、株式市場は10%近く下落し、ハイイールド市場は年初来でマイナスのリターンとなりました。

9820792_itsallaboutvirus_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年2月25日

もう大丈夫だと思ったのに... 

債券運用チーム
ポジティブな経済指標と地政学的リスクが拮抗する中、今後の市場動向に不透明感が広がっています。

9801103_Just-When-You-Thought-It-Was-Safe_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年1月30日

再び高値の日々を送っているが・・・いつまで続くのだろうか 

債券運用チーム
2019年12月は素晴らしい年の終わりとなりましたが、2020年もこれが継続すると期待しないほうがよいでしょう。インフレ率の上昇懸念だけでなく、中東での緊張の再燃、トランプ大統領の弾劾、米国の景況感悪化等のリスクインベントは残っています。割高な投資対象を回避するような銘柄選択が重要になります。

9772779_GFI Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2019年12月26日

永遠の詩 

債券運用チーム
金融市場は依然としてもみ合いの状況が続いています。われわれは、ファンダメンタルズとバリュエーションが妥当かどうかを見極めて、銘柄選択と国別選択に引き続き注力していきます。

insight-thesongremainsthesame_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2019年12月4日

正常化は継続 

債券運用チーム
世界情勢は、トレンドが出ない中でボラティリティがしばしば高まる展開となっていますが、この環境は、地政学的リスクが後退し経済指標がさらに改善するか、貿易戦争の懸念の高まりや経済ファンダメンタルズの悪化に戻るか、という分岐点に近づくまで続くものと思われます。

NovGFIBulletinTile
 
global-fixed-income-bulletin page
グローバル債券市場レポート  •  2019年11月7日

低利回りの真の問題 

債券運用チーム
債券は、より安全で流動性があり、ボラティリティが少ない資産クラスである傾向にあるため、リスク管理において特別な役割を果たします。それは概ね真実であるものの、落とし穴もあると考えます。伝統的な債券戦略は、ヘッジ目的のためにはさほど効果的ではないかもしれません。さらには、利回りが高い時期と比較すると価格上昇の可能性が低くなります。

insight_the-real-problem-with-low-yields-tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2019年10月24日

転換点の月 

債券運用チーム
9月は若干の楽観的な見方と根強いショックが到来しました。8月の例外的なパフォーマンスの後、ニュースフローが(必ずしもプラスではないものの)あまりひどくならず、国債がもはやそれほど魅力的ではなくなったため、9月の状況は変化しました。

9700290_Web_Tile_v1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2019年10月3日

ボラティリティと不確実性の継続… 終わりは見えない 

債券運用チーム
8月は、世界経済の先行きや政策対応に対する不安の高まりから多くのセクター、資産クラスが苦戦しましたが、ハイイールド債やクレジットを含むほとんどの債券資産はプラスのリターンとなりました。しかしながら、今後の展開には不安の声も聞かれます。

9679613_Web_Tile_v1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2019年8月22日

見通しが一段と明るさを増すと思われた矢先、環境が急変 

債券運用チーム
市場は8月が静かな月になることを予期していました。表面上は何の問題もなさそうだったものの、事態は急変しました。いったい、何が起こったのでしょうか。

9648446_Web_Tile_v1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2019年8月1日

景気拡大の持続に細心の注意を払う中央銀行 

債券運用チーム
6月はほぼすべての金融資産のリターンがプラスとなりました。世界中で経済指標が悪化し、失望が広がる中で金融資産のリターンがプラスになるなど、まさに異例な事態です。こうした展開は中央銀行によるものです。

9624876_Web _Tile_v1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2019年7月1日

2018年の再現? 恐らくは違う 

債券運用チーム
4月には米中貿易戦争は終息すると思われたし、米国とメキシコ及びカナダとの関係は好転に向かっていた。だが5月には、こうした思惑はいずれも外れた。

Vertically reflected image of architectural glass
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.
 
 
グローバルな見通しに基づくシームレスな運用プロセスを実践。市場が極端な予想を織り込んでいるような環境において、バリュエーション面で魅力的な銘柄を発掘