global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年8月26日

景気は過熱状態にあるのか、冷えすぎているのか。過熱状態なんだ! 

エージェンシーMBS運用チーム, エマージング市場債券 運用チーム, バンクローン運用チーム, 投資適格社債運用チーム, 証券化商品運用チーム, マルチセクター運用チーム, グローバル債券運用チーム, 地方債運用チーム, ハイイールド債券運用チーム
6 月は最悪の月でしたが、7 月の債券市場、クレジット市場は大きく方向転換し、異例の高パフォーマンスを記録し、月間では今年初めてリターンがプラスになりました。

10266079_GFI_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年8月1日

ああ、なんという月、四半期、年なのだろう! 

債券運用チーム
6月はインフレと景気後退の地殻が衝突しており、少なくとも足元では景気後退が優勢となっています。6月及び年初来の金融市場のリターンは、歴史的としか言い表せないものであり、しかも歴史的に悪いものとなりました。

10252224_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年6月29日

恐怖と希望:ソフトランディングかハードランディングか 

グローバル債券運用チーム
市場は、景気後退とインフレへの懸念の変化を背景に、高いボラティリティに引き続き晒されています。このジェットコースターのような動きによって、金融市場のパフォーマンスは非常に多様なものになりました。

10235040-GFI-bulletin-insight-tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年4月27日

金利における小さな一歩、金融政策における大きな前進 

グローバル債券運用チーム
3月は、再び市場にとって難しい月となり、2022 年1–3月期は1980年代以降で最悪レベルの四半期となりました。ロシアがウクライナに侵攻した際に示した国債の「安全資産」としてのステータスは、一時的なものとなり、国債は3 月に大きな下落を見せました。

10201742_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年3月29日

戦争の霧の中を進む 

グローバル債券運用チーム
2 月は金融市場にとって厳しい月となり、ほとんどの資産のリターンがマイナスとなりました。月の大半では、予想以上に強いインフレが中央銀行のタカ派的姿勢を強め、債券資産、特に国債のパフォーマンスが低下しました。しかし、ロシアによるウクライナへの大規模な侵略は、ほとんどの投資家が予想していなかったもので、株式、社債、新興国債券といったリスクの高い資産が下落する展開となりました。

10185050_GFI_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年3月3日

中央銀行は冷静になる必要があるのか? 

グローバル債券運用チーム
2022年の金融市場は、2021年とは異なると予想していましたが、その予想はすぐに実現しました。1 月はイベントの多い月で、2 月初旬にはさらに状況が進展し、状況が長期化すると考えられます。

10170758_GFI_Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年1月31日

デジャブ?いいえ、2022年は2021年とは異なる様相を呈するでしょう 

グローバル債券運用チーム
2021年12 月の金融市場は、感染力の強いオミクロン変異株により新型コロナウイルスの感染者が急増したにもかかわらず、堅調な展開となりました。株式市場は堅調に推移し、クレジット・スプレッドはタイト化し、新興国市場も上昇しました。

10154503_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年12月23日

そして、鼓動は鳴り続ける 

グローバル債券運用チーム
11月は、ボラティリティの高まり、中央銀行のタカ派的(もしくはハト派的でない)レトリック、利回りの上昇、イールドカーブのフラット化など10月と同じ状況が継続しました。特に第4四半期に見られた、継続的なインフレ率上昇と堅調な経済データに対する市場の反応は妥当なものでした。しかしながら、月半ば前後で状況が変わりました。

10140834_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年11月30日

金融政策への懸念は行き過ぎなのか? 

グローバル債券運用チーム
金融市場を取り巻く重要な問題は、中央銀行がインフレにどの程度抵抗するのか、という点です。インフレは、前年比での上昇は見られなくなったものの、予想以上に上昇する状況が続いています。

10126451_Monetary-Policy_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年11月1日

タカ派を追い出したのは誰か? 

グローバル債券運用チーム
全般的に、株式と債券の価格は10年にわたり上昇を続けてきたため、投資家は、足元において債券と株式が共に下落するという、あまり好ましくない状況に対処しなければなりませんでした。 その理由は、インフレリスクが上昇しており、それをコントロールする必要があるため、金融市場へのバックストップとして認識されていた中央銀行が、経済が軟化しても、引き締め政策を開始しなければならない可能性があるからです。

10105940_Who-Let-the-Hawks-Out_Insight-Tile-1x1
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.
 
 
MSIMの債券運用部門は、8つの運用チームで構成されている。エージェンシーMBS、エマージング市場債券、バンクローン、ハイイールド債券、投資適格社債、地方債、マルチセクター、証券化商品を担当する各セクター専任の8つチームが、グローバルの債券市場に投資を行う