オルタナティブ投資戦略

 

概要

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントは1985年よりオルタナティブ投資戦略の運用に注力しており、現在では、プライベート・エクイティ、プライベート・クレジット、ヘッジファンド、不動産、インフラストラクチャーを網羅するまでになっています。運用資産総額1兆4,000億ドル1の運用会社としての業務基盤を背景に、その強みを生かし、革新的でトップ水準の運用戦略だけでなく、世界のお客様のユニークな投資ニーズにお応えするカスタマイズ型投資戦略も提供しています。プラットフォームには、様々な投資家の皆様のニーズにお応えできる投資ビークルを取り揃えています。

$224.5B
投資可能資本2
2023年12月末時点

組織力

グローバルな
ネットワーク、
リソース、
高い評価

運用体制

投資の裁量権
を持つ
専門チーム
 

投資戦略

強みを持つ
市場における
多様な戦略
 

Light Bulb - White Transparent

オルタナティブ投資を考える理由

オルタナティブ投資戦略は、伝統的な株式や債券のソリューションではアクセスできない市場に投資することで、今日の投資家が直面する多くの課題 ー収益の向上、インフレ対策、分散投資、不安定な市場における安定性ー を解決することが期待できます。

 

プラットフォーム

Private Equity

プライベート・エクイティ

モルガン・スタンレーのグローバルな人的ネットワーク、リレーションシップ、経営資源を活用し、企業の成長戦略に大きなインパクトを与えることを目指します。

非上場企業への投資に加え、魅力的なファンド・マネージャー、セカンダリー・マーケットの機会、共同投資にも資本を配分しています。

Private Credit

プライベート・クレジット

より良いパートナーシップはより良いディールを意味し、その結果、より強固なポートフォリオにつながると信じています。

投資資金だけでなく、知的資本、市場に関する専門知識、人的ネットワーク、経営に関する見識を共有することで、経営陣の業績向上を支援することを目指します。

Real Estate

実物資産

実物資産投資案件の発掘、組成、運用に30年以上の実績を有するグローバル・プラットフォームでは、実物不動産、インフラストラクチャーのエクイティおよびクレジット・ソリューションを幅広く提供しています。

Hedge Funds

ヘッジファンド

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントはヘッジファンドへの投資において20年以上の実績を有しており、信頼できるパートナーとして高い評価を得ています。

プラットフォームには、地域、投資タイプ、流動性、投資オプションで多岐にわたる戦略を取り揃えています

Alternative Solutions

オルタナティブ・
ソリューション

カスタマイズ型ポートフォリオを求める投資家向けに、マルチアセットあるいはオルタナティブ特化のカスタマイズ型ソリューションを提供しています。これには精緻な税務管理戦略も含まれます。

概要

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントは1985年よりオルタナティブ投資戦略の運用に注力しており、現在では、プライベート・エクイティ、プライベート・クレジット、ヘッジファンド、不動産、インフラストラクチャーを網羅するまでになっています。運用資産総額1兆4,000億ドル1の運用会社としての業務基盤を背景に、その強みを生かし、革新的でトップ水準の運用戦略だけでなく、世界のお客様のユニークな投資ニーズにお応えするカスタマイズ型投資戦略も提供しています。プラットフォームには、様々な投資家の皆様のニーズにお応えできる投資ビークルを取り揃えています。

$224.5B
投資可能資本1
2023年12月末時点

組織力

グローバルな
ネットワーク、
リソース、
高い評価

運用体制

投資の裁量権
を持つ
専門チーム

投資戦略

強みを持つ
市場における
多様な戦略

Light Bulb - White Transparent

オルタナティブ投資を考える理由

オルタナティブ投資戦略は、伝統的な株式や債券のソリューションではアクセスできない市場に投資することで、今日の投資家が直面する多くの課題 ー収益の向上、インフレ対策、分散投資、不安定な市場における安定性ー を解決することが期待できます。

プラットフォーム

Private Equity

プライベート・エクイティ

Read More
Private Credit

プライベート・クレジット

Read More
Real Estate

実物資産

Read More
Hedge Funds

ヘッジファンド

Read More
Alternative Solutions

オルタナティブ・
ソリューション

Read More
詳細はこちら
 

1 2023年12月末時点

2 投資可能資本には、運用資産残高(AUM)、未積立のコミットメント、共同投資、ファンドのレバレッジが含まれます。

 

重要事項

本ページの情報の正確性や完全性は保証されていません。

本ページの情報は、お客様に通知なしに追加・変更・削除されることがあります。

本ページの投資対象が、お客様の投資目的や金融ポジション等からみて、適当でないことがあります。投資の決定は、お客様自身の判断でなさるようお願いいたします。お客様の判断に基づき、必要に応じて専門家にご相談ください。

当社の事前の許可無く、本ページを第三者へ交付することはご遠慮ください。

本ページは、当社の投資一任契約及び投資顧問契約に関する業務に関連して提供されるものであり、特定の金融商品の取引や申込みの推奨や勧誘を目的とするものではありません。また、弊社は、本投資戦略によって運用されている金融商品の取引や申込みの推奨や勧誘を行うものではありません。

リスクについて

受託資産の運用には、受託資産に組入れられた有価証券等の価格変動リスクや発行体の信用リスク及び有価証券等を売却あるいは取得する際に市場に十分な需要や供給がないため、十分な流動性の下で取引を行えない、または取引が不可能となる流動性リスク等による影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失が生ずることとなるおそれがあります。

オルタナティブ投資は、投機的であり、高度なリスクを伴い、流動性が低く、一般的に他の投資よりも手数料が高く、レバレッジ、空売り、デリバティブを使用する場合があり、投資損失のリスクを高める可能性があります。パフォーマンスは変動しやすく、投資家は投資のすべてまたはかなりの部分を失う可能性があります。したがって、伝統資産への投資と比べてより高いリスクを伴う場合があります。また、投資開始後一定期間の解約ができない等の制限がある場合があります。

一般的に株式は、企業特有の活動に反応して価値も変動します。債券は、発行体が適時に元利金を支払う能力(信用リスク)、金利の変化(金利リスク)、発行体の信用力、市場全般の流動性(市場リスク)に左右されます。金利が上昇する環境下では、債券価格が下落し、ボラティリティが高まる時期が生じ、ポートフォリオの解約が増加する可能性があります。金利が低下する環境では、ポートフォリオのインカムが減少する可能性があります。長期の有価証券は、金利の変動に対する感応度がより高くなる可能性があります。外国市場への投資には、通貨、政治、経済、市場などの特殊なリスクが伴います。新興市場国への投資のリスクは、海外の先進国への投資に関連するリスクよりも大きくなります。不動産価値は、金利や固定資産税率、ゾーニング法、需給の変化、地方・地域、国の経済など多くの要因に影響されます。

インパクト投資や環境・社会・ガバナンス(ESG)要素を組み入れたESG戦略は、そのようなセクターや投資が市場で支持されるかどうかに応じ、相対的な投資パフォーマンスが他の戦略や幅広い市場のベンチマークから乖離する可能性があります。その結果、ESG戦略がより有利な投資パフォーマンスをもたらす保証はありません。

お客様の判断に影響を及ぼす事となる特に重要な事項

投資一任契約の概要
投資一任契約は、お客様の資産の運用に関し、お客様があらかじめ運用の基本方針を定めた上で、有価証券の価値等の分析に基づく投資判断のすべてを当社に一任し、当社がこれをお引き受けするものです。お客様は投資を行うのに必要な権限を当社に委任し、当社は委任された権限を行使するにあたっては、当社の投資判断に基づきこれを行い、お客様は個別の指示を行わないものとします

元本損失が生ずることとなるおそれ
受託資産の運用には、受託資産に組入れられた株式その他の有価証券等の価格変動リスク、株式その他の有価証券等の発行体の信用リスク及び株式その他有価証券等を売却あるいは取得する際に市場に十分な需要や供給がないため、十分な流動性の下で取引を行えない、または取引が不可能となる流動性リスク等による影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失が生ずることとなるおそれがあり ます。

投資一任契約締結に際しての留意事項
受託資産の運用は、個別の受託資産ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、投資一任契約を締結する際には、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

受託資産の運用に係る費用について
投資顧問契約及び投資一任契約に係る投資顧問報酬として、契約資産額に対して年率2.20%(税込)を上限とする料率を乗じた金額が契約期間に応じてかかります。また、一部の戦略では、前記の報酬に加えて成功報酬がかかる場合があります。その他の費用として、組み入れ有価証券の売買手数料、先物・オプション取引に要する費用、有価証券の保管費用等を間接的にご負担頂いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、運用状況等により異なる為、事前に料率、上限額等を示すことができません。