リサーチ・レポート

 

主に機関投資家のお客様向けのレポートを掲載しています

レポート原文(英語)

 
フィルター基準
+
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon レポート
+
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon オルタナティブ
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 株式
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 債券
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon マルチアセット
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon フラッシュ・レポート
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon グローバル・エクイティ・オブザーバー
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon グローバル債券市場レポート
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon サステナブル投資
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon AIPプライベート・マーケット・チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon AIPヘッジファンド・チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon インターナショナル・エクイティ運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon エマージング市場債券 運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon エマージング株式運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon エージェンシーMBS運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon カウンターポイント・グローバル株式運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon グローバル債券運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon ハイイールド債券運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon バンクローン運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon マルチセクター運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon モルガン・スタンレー・リアル・エステート・インベスティング
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 地方債運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 投資適格社債運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 証券化商品運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 全て
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 過去1ヶ月
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 過去3カ月
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 過去1年
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2022年9月20日

株式市場は下落しているが、利益は、まだ低下していない 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
2022 年上半期(1-6 月期)の株式市場は、MSCIワールド・インデックスが米ドルベースで20%以上も下落し、過去50 年以上の期間で最悪のスタートとなりました。奇妙な点としては、この下落はすべてPER の下落によるものであり、まだ利益は下落をしていないという点です。

10249098_GEO-Markets-Are-Down_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2022年9月2日

シュリンクフレーション 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
経済学者のピッパ・マルムグレンが「シュリンクフレーション」という用語を生み出しました。最も一般的な用法は、企業が製品の価格を維持した ままサイズを小さくすることを意味します。また、マクロ経済において経済が縮小する一方で物価が上昇する状況を指すこともあります。

10231991-shrinkflation-insight-tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年8月26日

景気は過熱状態にあるのか、冷えすぎているのか。過熱状態なんだ! 

エージェンシーMBS運用チーム, エマージング市場債券 運用チーム, バンクローン運用チーム, 投資適格社債運用チーム, 証券化商品運用チーム, マルチセクター運用チーム, グローバル債券運用チーム, 地方債運用チーム, ハイイールド債券運用チーム
6 月は最悪の月でしたが、7 月の債券市場、クレジット市場は大きく方向転換し、異例の高パフォーマンスを記録し、月間では今年初めてリターンがプラスになりました。

10266079_GFI_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年8月1日

ああ、なんという月、四半期、年なのだろう! 

債券運用チーム
6月はインフレと景気後退の地殻が衝突しており、少なくとも足元では景気後退が優勢となっています。6月及び年初来の金融市場のリターンは、歴史的としか言い表せないものであり、しかも歴史的に悪いものとなりました。

10252224_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2022年7月27日

一歩前進、二歩後退 

Helena Miles
ヘルスケアは、高クオリティかつディフェンシブな企業を探すのに適した領域であると私たちは考えています。ただし、個々の企業が利益を増やせるかどうかは企業によって大きく異なるため、長期的に利益を増幅させる能力を見極めるには銘柄ごとに考察を行う必要があります。

10216073_One-Step-Forward_Insight-Tile-1x1
 
sustainable-investing pdf
サステナブル投資  •  2022年6月30日

エンゲージメント  

インターナショナル・エクイティ運用チーム
インターナショナル・エクイティ運用チームによる、ESGエンゲージメント活動に関するアップデートレポートです。

10199269 Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2022年6月29日

多様性 – 難問を投げかける 

Bruno Paulson, Marte Borhaug, Alistair Corden-Llyod
3 月に国際女性デーと女性史月間を迎え、私たちは多様性というテーマと、それに対する私たちの取り組み方について取り上げたいと思います。 世界中のステークホルダーが、多様性、公平性、包括性(DE&I)の透明性と説明責任を高めるよう雇用主に求めており、具体的な目標、具体的な行動計画、明白な改善への期待が高まっています。

10201511_GEO_insight-tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年6月29日

恐怖と希望:ソフトランディングかハードランディングか 

グローバル債券運用チーム
市場は、景気後退とインフレへの懸念の変化を背景に、高いボラティリティに引き続き晒されています。このジェットコースターのような動きによって、金融市場のパフォーマンスは非常に多様なものになりました。

10235040-GFI-bulletin-insight-tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2022年6月1日

不確実性の高い世界における投資 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
ウクライナでの軍事衝突により、世界はテレビ放映を通して人道的危機を目の当たりにし、第二次世界大戦以来、ヨーロッパで想定されていなかった脅威やシナリオに取り組まなければならない状況となっています。MSCI ワールドは米ドルベースで年初来4月末までに約13%下落しています。

10179173_GEO_Insight-Tile-1x1
 
opportunity-optimum pdf
オポチュニティ・オプティマム  •  2022年5月31日

オポチュニティ・オプティマム 

Kristian Heugh, Marc Fox, Emily Tsui
オポチュニティ・オプティマムでは、運用チームが世界中に存在する最良の投資機会を「どこで」「どのように」発見しているかについて論じます。

10199349_Opportunity-OptimumInsight-Tile-1x1
 
edge pdf
EDGE  •  2022年5月23日

ドローン 

カウンターポイント・グローバル株式運用チーム
かつては人の手が必要だった産業界のさまざまな作業を、今では強力なセンサーと次世代の知覚ソフトウェアを搭載したドローンが行っています。自動運転機能が高度化し、専門的なドローン操縦者の必要性が低下するにつれ、ラストワンマイルの配送や、データ収集サービスに向けたドローンの採用が今後も加速すると予想されます。

10136491_Drones_Insight-Tile-2x2
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年4月27日

金利における小さな一歩、金融政策における大きな前進 

グローバル債券運用チーム
3月は、再び市場にとって難しい月となり、2022 年1–3月期は1980年代以降で最悪レベルの四半期となりました。ロシアがウクライナに侵攻した際に示した国債の「安全資産」としてのステータスは、一時的なものとなり、国債は3 月に大きな下落を見せました。

10201742_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2022年4月3日

気候変動:すべての人に関わること 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
2021 年、私たちは運用する全てのグローバル株式戦略でカーボン・トランジション・エンゲージメント・プログラム(低炭素化への移行に関するエンゲージメント・プログラム)を開始しました。その目的は、各保有銘柄の気候リスクと機会を評価し、その気候関連情報を理解し、改善を促すことです。

10163148_GEO_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年3月29日

戦争の霧の中を進む 

グローバル債券運用チーム
2 月は金融市場にとって厳しい月となり、ほとんどの資産のリターンがマイナスとなりました。月の大半では、予想以上に強いインフレが中央銀行のタカ派的姿勢を強め、債券資産、特に国債のパフォーマンスが低下しました。しかし、ロシアによるウクライナへの大規模な侵略は、ほとんどの投資家が予想していなかったもので、株式、社債、新興国債券といったリスクの高い資産が下落する展開となりました。

10185050_GFI_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2022年3月3日

To the Moon?クオリティ投資とブロックチェーン 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
2021年も暗号通貨の年となりました。ビットコイン、イーサリアム、今や悪名高いドージコインは全てS&P500を劇的にアウトパフォームしました。

10130798_To-the-Moon_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年3月3日

中央銀行は冷静になる必要があるのか? 

グローバル債券運用チーム
2022年の金融市場は、2021年とは異なると予想していましたが、その予想はすぐに実現しました。1 月はイベントの多い月で、2 月初旬にはさらに状況が進展し、状況が長期化すると考えられます。

10170758_GFI_Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
pdf
Insight Article  •  2022年2月16日

急激に変化する新興国市場の投資機会を捉える 

エマージング株式運用チーム
新興国株式のリターンが1930年代以降で最も低迷した10年間の後、2021年もまた同様にリターンは低迷しました。しかし、2022年以降はいくつかの重要なカタリストにより、マクロ経済環境が新興国市場資産にとってプラスに転じ、過去10年間よりも良い結果が得られると考えています。

10150122_Capturing-Opportunity_Insight-Tile-1x1
 
pdf
Insight Article  •  2022年2月15日

金利上昇が経済回復の道のりのカギ 

グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)チーム
2022年に入ると、労働市場とインフレ動向が、FED(連邦準備制度)による金融政策の緩和縮小を進める下地を作るとみられます。その一方、新型コロナウイルス(COVID-19)に関連した供給サイドに起因する価格上昇圧力が根強く残っており、これがインフレの状況を複雑にしているため、FEDの引き締めは慎重なペースで行われると予想しています。

10149495_Rising-rates_Insight-Tile-1x1
 
pdf
Insight Article  •  2022年2月6日

2022年のヘッジファンド:変化するリスクに対応 

AIPヘッジファンド・チーム
2022年に最も注目すべきトレンドは、2021 年に勢いを増したトレンドの継続であると考えています。このトレンドとは、株式市場と債券市場の両方でボラティリティが高まり、株式や債券、オフザランの投資機会においてパフォーマンスのばらつきが拡大することです。

10143050_Hedge-Funds-in-2022_Insight-Tile-1x1
 
pdf
Insight Article  •  2022年2月3日

グローバル不動産市場:サイクル後期に備える投資哲学が早期に浮上 

モルガン・スタンレー・リアル・エステート・インベスティング
2021年、米国の不動産ファンダメンタルズは予想を上回るペースで加速し、米国の多くの賃貸住宅市場や物流施設市場で賃料が軒並み20%の上昇を記録、キャップ・レートは過去最低水準にまで低下しています。。こうした状況下、2021年は2010年以降で最高のリターンを達成した公算が高いと思われます。

10133176_Late-Cycle-Investing_Insight-Tile-1x1
 
pdf
Insight Article  •  2022年1月31日

優れたアウトカムを求めて 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
2021年の終わりにはCOVID-19の新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を防止するために、再び行動制限が導入されました。2022年に企業は優れたアウトカム(成果)をあげることができるでしょうか、それとも困難に直面するでしょうか。

10143655_Search-for-Better_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2022年1月31日

デジャブ?いいえ、2022年は2021年とは異なる様相を呈するでしょう 

グローバル債券運用チーム
2021年12 月の金融市場は、感染力の強いオミクロン変異株により新型コロナウイルスの感染者が急増したにもかかわらず、堅調な展開となりました。株式市場は堅調に推移し、クレジット・スプレッドはタイト化し、新興国市場も上昇しました。

10154503_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
pdf
Insight Article  •  2022年1月26日

債券市場見通し:市場コンセンサスの欠如が幅広い投資機会をもたらす 

グローバル債券運用チーム
2022年は市場コンセンサスが形成されず、アクティブ運用の投資家にとっては予想レンジが広がり、幅広い投資機会がもたらされる年になると思われます。カギを握るのはインフレ動向です。高インフレが一時的か持続的かはともかく、今後1年にわたり、FRBの対応が資産バリュエーションに重大な影響を及ぼすことになりそうです。

10143106_No-Consensus_Insight-Tile-1x1
 
pdf
Insight Article  •  2022年1月18日

2022年クレジット市場の見通し:堅調な企業業績がクレジット・スプレッド をサポート 

グローバル債券運用チーム
私たちはクレジット市場に対して強気の見方を維持しており、現在の市場 環境は景気拡大期の初期段階に見られる特徴を示しています。

10143621_Corporate-Performance_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2022年1月17日

サプライチェーンの逼迫 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
より重要なのは需要ではなく、供給なのです。18か月前、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが世界的に流行し、商品やサービスに対する需要が崩壊しました。多くの国では、過去最大の国内総生産(GDP)縮小に苦しみました。

10121896_Supply-Chain-Squeeze_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年12月23日

そして、鼓動は鳴り続ける 

グローバル債券運用チーム
11月は、ボラティリティの高まり、中央銀行のタカ派的(もしくはハト派的でない)レトリック、利回りの上昇、イールドカーブのフラット化など10月と同じ状況が継続しました。特に第4四半期に見られた、継続的なインフレ率上昇と堅調な経済データに対する市場の反応は妥当なものでした。しかしながら、月半ば前後で状況が変わりました。

10140834_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
sustainable-investing pdf
サステナブル投資  •  2021年12月20日

エンゲージメント 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
インターナショナル・エクイティ運用チームによる、ESGエンゲージメント活動に関するアップデートレポートです。

10097003_Insight-Tile-1x1
 
sustainable-investing pdf
サステナブル投資  •  2021年12月20日

債券エンゲージメント・レポート 

グローバル債券運用チーム
債券運用部門によるエンゲージメント活動に関するレポートです。

10090984_Fixed-income_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年11月30日

金融政策への懸念は行き過ぎなのか? 

グローバル債券運用チーム
金融市場を取り巻く重要な問題は、中央銀行がインフレにどの程度抵抗するのか、という点です。インフレは、前年比での上昇は見られなくなったものの、予想以上に上昇する状況が続いています。

10126451_Monetary-Policy_Insight-Tile-1x1
 
flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年11月29日

インフレに備えるクレジット市場:勝者と敗者 

グローバル債券運用チーム
米国のインフレ率が過去10年間で最も高い水準に加速する中、多くのクレジット投資家にとって、利上げペースと企業業績への影響に関する短期的な不透明感が最大の関心事となっています。

10117898_Credit-Markets-Brace-for-Inflation_Insight-Tile-1x1
 
flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年11月24日

次世代の運用戦略:レジリエンス(強靭性)のフレームワーク 

AIPプライベート・マーケット・チーム
次の10年間は、これまでの10年間と異なる様相を呈する可能性が高いと考えています。2009年3月以降、S&P500指数は年率16%以上上昇しました。この上昇相場は新型コロナウイルス・パンデミックによる景気後退まで続き、投資家にとって史上2番目に長い上昇相場となりました。足元におけるコロナ後の景気回復がどの程度継続するかを予想するのは不可能です。そのため、景気後退への耐性を念頭に置いたポートフォリオを構築することが重要です。

10062994_Where-to-Next_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2021年11月17日

温暖化の進行 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
今夏の北半球では、太平洋沿岸の北西部でニューヨークの空が赤く染まるほどの大規模な山火事があり、ドイツでは壊滅的な洪水、シベリアでは熱波、トルコ、ギリシャ、イタリアでは未曽有の大火災、中国では千年に一度の豪雨に見舞われました。科学者たちは、これらの現象が地球温暖化によってどの程度効果を増大したのかを評価しています。

10084219_GEO-Advance-Warming_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年11月1日

タカ派を追い出したのは誰か? 

グローバル債券運用チーム
全般的に、株式と債券の価格は10年にわたり上昇を続けてきたため、投資家は、足元において債券と株式が共に下落するという、あまり好ましくない状況に対処しなければなりませんでした。 その理由は、インフレリスクが上昇しており、それをコントロールする必要があるため、金融市場へのバックストップとして認識されていた中央銀行が、経済が軟化しても、引き締め政策を開始しなければならない可能性があるからです。

10105940_Who-Let-the-Hawks-Out_Insight-Tile-1x1
 
 

 

本ウェブサイトに掲載されている資料は情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券等の推奨又は勧誘を目的とするものではありません。

これらの資料は信頼できると考えられる情報に基づいて作成されておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に示した記述内容、数値、図表等は作成時点のものであり、事前の通知なしに変更、削除等されることがあります。なお、資料中のいかなる内容も将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

当社およびモルガン・スタンレーは、資料に含まれる情報を利用し、信頼しまたは利用できなかったことに起因する一切の直接および間接の損害に対する責任を負いません。

掲載資料に含まれる情報等の著作権その他のあらゆる知的財産権は当社に帰属します。当社からの事前の書面による承諾なしに、当該情報を商業目的に利用することを禁止します。