global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年12月23日

これからバリュー株相場は訪れるか?過去の相場を振り返る 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
夏にグロース株が驚異的に上昇した後、しばしば投資家から、「おそらく今すぐではないにしても、短中期的にバリュー株相場に入るかどうか」という質問を聞かれます。

9924903_GEO-Value-Rally_Media-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年12月10日

レジリエントな(耐久性のある)コンパウンダー: 対価に見合った価値がある 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
年初来でMSCIワールド全体のEPSが15%下落したのに対し、インターナショナル・エクイティ運用チームが運用する3つのグローバル株式ポートフォリオのEPSは、平均的に横ばいとなっています。では、なぜクオリティが高いコンパウンダーがより割高にならないのか、当チームのBluno Paulsonが考察しました。

9915466_Resilient-Compounders_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年10月26日

パンデミック時のヘルスケア・セクター 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
これまでも当レポートではヘルスケア・セクターの長所をいくつか取り上げました。その中のひとつは、このセクターの予測可能性です。大半の企業とは異なり、ヘルスケア企業が必要不可欠で非裁量的な商品を販売しているということは、経済的な混乱の影響を比較的受けにくいことを意味しています。

9890466_Health-care-in-a-pandemic_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年8月5日

決済方法のこれから 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
決済業界は、金融技術(Fintech)の世界で最も魅力的な分野の1つとして次第に台頭してきました。COVID-19以前は、世界中で約50%の取引は現金で行われていました。COVID-19は、多くの対面取引をオンライン取引に変え、支払方法を実用的ではない現金から電子決済に強制的に変えてきました。さらに言えば、ウイルスは貨幣を物理的な媒介物として感染する可能性が高いということです。

9866210_Paying-up_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年6月29日

未来を紐解く – コロナ後の世界 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
我々のグローバル戦略はレジリエンスそのものです。 我々は自宅からの勤務を円滑に行っており運用チームはレジリエントです。また、運用プロセスもレジリエント です。そして、おそらく最も重要なのは、ポートフォリオがレジリエントであるという点で、再び、苦しい環境下において、下値抵抗力をもたらしてくれました。

9853059_Unlocking_the_Future_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年6月5日

アクセラレーター(加速装置)としてのコロナウイルス 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
何年か先に、コロナウイルスが世界的にもたらした影響を振り返ってみると、ウィリアム・ヘイグ(英国の保守党の前党首)が、コロナウイルスは既存の勢力とトレンドを強く加速させたと語ったことは正しかったこととなるかもしれません。

9840670_Covid-Accelerator_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年4月30日

レジリエンスの探求 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
我々は前例のない状況に置かれています。政府は政策に伴う影響を十分に理解した上で、ソーシャル・ディスタンシングやロックダウンを実施し、意図的に経済を深刻な景気後退(豪首相は景気冬眠と呼称)に傾けています。数値化するのは難しいですが、世界経済に与える影響はとても大きくなるでしょう。

9824840_In-Search-of-Resilience_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年3月30日

金融傾向の変化 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
現在、マーケットは環境、社会、ガバナンス(ESG)アプローチを十分に株価に反映させてはいませんが、我々は投資プロセスにしっかりと組み込んでおり、今後、益々これらの要素が長期のパフォーマンスを達成していく上では重要な要素になってくると信じています。

insight-Financing-Climate-Change_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年3月12日

第二の山 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
デビッド・ブルックスは、最近の著書の中で、他者を助けたり公益に関わったりすることで充実感を覚えることができる「第二の山」に登らなければならないと論じています。この議論を個人だけではなく企業(さらにはファンド・マネジャー)にも当てはめることは難しくありません。

9787483_Second-Mountain_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年1月31日

インフレとリセッションの板挟み状態 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
我々は単純化するために、投資を利益とバリュエーションに分解しています。元本保全に配慮していますが、株式投資の損失については、これが生じる要因が減益となるかバリュエーションが低下するかの二通りしかないという考え方を維持しています。日々の個別銘柄レベルの判断だけではなく、市場全体にも同じ考え方を適用しています。

insights-between-scylla-and-charybdis-Tile-1x1
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.
 
 
ファンダメンタルズ分析とボトムアップによる銘柄選択に基づく、規律ある運用プロセスを採用。長期的に魅力的なリターンを創出するための最良の方法は、複利のように利益を増幅しながら、元本の毀損を回避することだと考える