global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2024年1月19日

役員報酬:「インセンティブ(報酬)を提示してくれれば、それに見合う成果を上げる」 

Bruno Paulson
'現代の資本主義は、資産の所有者と、その資産を運用している企業の役員の利益が異なっていることから、「プリンシパル・エージェント問題(エージェントが、プリンシパルの利益に反して、エージェント自身の利益を優先する行動をとってしまうこと)」に悩まされています。ボーナスと業績連動型株式報酬から成る複雑な報酬パッケージを採用している役員報酬の分野は、2つの当事者の利益を一致させるように変化してきました。

10523802_GEO_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年12月22日

壁に囲まれた庭園:ゆっくりと成長するAIの勝者たち 

Bruno Paulson
2023年は人工知能(AI)主導の市場展開となりました。米国では「マグニフィセント・セブン」と呼ばれる7つの企業が席巻し、年初来から9月末までのS&P500指数のリターンのうち、85%以上はこれら の企業がもたらしました。7 社の成功は、驚くことではありません。

10504633_Walled-Garden_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年12月5日

ダイヤモンドの原石を見つける?金融セクターでクオリティ企業探す 

Isabelle Mast
市場の多くの人々にとって、金融セクターにおけるクオリティ運用という表現は、矛盾したものに見えるかもしれません。それらの人々は、「金融セクターはバリュー・セクターであり、概して株価は低迷し、成長の勢いが無い」と言うでしょう。金融セクターの一部は、確かにそうです。しかし、金融セクターの中にも厳選された高クオリティ企業は存在しており、私たちはお客様の利益のために、それらを選別できると信じています。しかしながら、この選別作業は麦と籾殻を分けるような厳格なプロセスに依存しています。

10491517_GEO_SEPT_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年10月18日

果報は寝て待て:長期的な思考に関する考察 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
先進国の人々の多くは、欲しいものを、欲しい時にはいつでも、好きなように手に入れることができる、すぐに準備される社会で暮らしています。1回のクリックで食料品店での毎週の買い物を行い、右に1 回のスワイプで新たなパートナーを見つけ、2回のタップで地球の裏側へのフライトを予約することができます。

10469756_GEO_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年10月2日

買収すべきか、買収すべきでないか? 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
「買収すべきか、買収すべきでないか」は、すべての経営陣や取締役会が、企業戦略や資金配分計画 の一環として検討する必要があると考えられる課題です。合併・買収(M&A)は誘惑的な場合も多く、時には対価が得られることもある一方で、リスクの低いM&Aは稀です。

10437317_GEO_June_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年9月20日

適切な資本配分により、耐久性を構築する 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
ウィリアム・シェイクスピアは、歴史劇『リチャード二世』の中で「モート(堀)」の強さに言及しています:「銀色の海に浮かぶ宝石がこの島を守り、堀となってくれる… 」。また、著名投資家 のウォーレン・バフェット氏は、モート(堀)の例えをよく使います:「投資先を選別する際に、私は強力なモート(堀)に守られた経済的な城を探します。」

10420513_GEO_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年9月4日

AIをめぐる熱狂の中で 

Bruno Paulson, Emma Broderick
'グローバル株式市場は2023年1-6月期に良好な値動きを示し、MSCI World 指数は米ドル・ベースで+15 %のリターンをもたらしました。2022年7 – 9 月期が終わって以降現在まで上昇しています。2022年の下落の鏡像のように、企業収益はほぼ横ばいであるにもかかわらず、PERが上昇してグローバル株式市場は上昇しました。MSCI Worldの予想PER(株価収益率)は13.7 倍から17.0倍に拡大しました。

10455512_GEO_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年7月24日

今後の企業業績の悪化を警戒 

Bruno Paulson
1-3月期は堅調な相場展開となり、MSCIワールド・インデックスは当四半期全体を通してプラス圏で推移し、8%上昇しました。情報技術、一般消費財・サービス、およびコミュニケーション・サービスなどのグロース・セクターは昨年に軟調な値動きとなりましたが、1-3月期にはこれらのセクターが市場を牽引しました。

10409843_GEO-May_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年6月29日

診断検査:健康の改善に貢献する主力要因 

Helena Miles
ヘルスケア企業がもたらす高リターンの複利効果という「聖杯」を支えるものは、価格決定力、参入障壁、最終市場の非裁量的需要です。非裁量的需要は投資家の複利効果に安定をもたらすことができる一方、他のステークホルダーには厳しい面も示唆しています。

10383338_GEO_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年6月6日

マルチステージの人生へようこそ 

Emma Broderick, Jinny Hyun
ここ100年余り、先進国における人生は、明確な3つのステージにきっちりと分類されてきました。教育に終始する期間に始まり、雇用に終始する期間に移行し、そして可能になった時点で引退します。しかし、長寿はこの三段階の人生という概念を分解し、私たちの人生設計を決定する多くの基本的前提に疑問を投げかけています。「マルチステージの人生がもたらす可能性のある重大な変化を収益化できる有利な立場にいるのは、どの企業や業界でしょうか?」

10369692_GEO-Multi-Stage-Life_Insight-Tile-1x1
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.
 
 
ファンダメンタルズ分析とボトムアップによる銘柄選択に基づく、規律ある運用プロセスを採用。長期的に魅力的なリターンを創出するための最良の方法は、複利のように利益を増幅しながら、元本の毀損を回避することだと考える