モルガン・スタンレー・インフラストラクチャー・パートナーズ
運用部門: リアル・アセット
モルガン・スタンレー・インフラストラクチャー・パートナーズ
運用部門: リアル・アセット

モルガン・スタンレー・インフラストラクチャー・パートナーズ

運用部門: リアル・アセット

 
 
概要

モルガン・スタンレー・インフラストラクチャー・パートナーズは世界有数のグローバル・インフラ投資プラットフォームで、ニューヨーク、ロンドン、メルボルン、香港、アムステルダム、ムンバイにオフィスを構えています。コア資産に一変する可能性を秘めたプライベート・インフラ資産の取得に焦点を置いたグローバルOECDコア・プラス戦略を追求します。「コア・プラス」とは、コア資産としての基本的な性質を持ちつつも、最適な運営・管理がされていないために過小評価されている資産と定義します。かかる資産にはカーブアウト、民営化、総じて適切な管理が行われていない資産、有機的な成長やフォローオン買収を通じてスケーラブルな拡大の可能性を秘めた資産などが含まれると思われます。

インフラ資産の投資家として、社会に不可欠なサービスを提供しているインフラ資産の中で、インフレ動向と連動し、予測可能なキャッシュフローを安定的に生み出す耐用年数の長い資産の取得を目指します。焦点を置いているのはエネルギー&公益事業、石油&ガス・パイプライン、輸送、通信などのセクターです。その他の様々なセクターに対しては、オポチュニスティックなアプローチで臨みます。

我々には、長い時間をかけて構築してきた関係ネットワークとモルガン・スタンレーのグローバル・フランチャイズを通じて、他とは一線を画す案件のソーシングを行ってきた強力な実績があります。過去に手掛けた投資の大半が、独占的な交渉を通じて成立に漕ぎ着けたことも、大きな特徴の1つです。

価値創出に対して、投資先企業の経営に積極的に関与する「ハンズオン」アプローチで臨んでいます。そして、典型的には支配持分、もしくは共同支配持分の取得を通じて、強力なガバナンスを発揮できる地位を占めることを目指します。これは、中長期的に運営面での改善を計画通りに執行し、自立的資産の構築・エグジットを円滑に行うためです。

効率的で機能性の高いインフラは社会に大きな恩恵をもたらします。投資家に魅力的なリターンを提供することを目指しつつ、インフラ資産を一変させ、改善する立場にいることを誇りに思います。

 
 
 
運用プロフェッショナル
Markus Hottenrott
Chief Investment Officer, Infrastructure Partners
Chris Koski
Global Head of Investment Strategy, Infrastructure Partners
James (Jim) Wilmott
欧州担当チェアマン
Johan Pfeiffer
オペレーティング・パートナー
Marc Van't Noordende
Operating Partner, Infrastructure Partners
Mark McLean
Asia Pacific Investing, Infrastructure Partners
John Veech
米州投資
Alberto Donzelli
Europe Investing, Infrastructure Partners
Yacine Saidji
Europe Investing, Infrastructure Partners
Ahmad Atwan
Americas Investing, Infrastructure Partners
Andrew Medvedev
Americas Investing, Infrastructure Partners
John Watt
Senior Advisor, Infrastructure Partners
 
 
 
運用戦略
インフラ資産に直接投資し、アクティブな資産運用と企業運営の改善を通じて価値の創造を目指す  
 
 
 
 

 

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトに関連する情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。