証券化市場への投資において、アクティブかつオポチュニスティックな運用アプローチを実践しています。同チームは、ファンダメンタル・バリューに基づくアクティブな運用アプローチにより、最良の価値機会を特定し、投資することを目指しています。ESGを意識したアプローチとして独自の証券化ESGスコアリング・システムを開発し、証券化資産に関連する機会とリスクを特定するために運用プロセスに組み込んでいます。

運用プロフェッショナル

 
 
 
 
運用戦略
政府系機関や民間機関が発行するモーゲージ債券に投資  
高水準のカレント・インカムを目標に、モーゲージ債券に分散投資  
 
 

2022年5月末現在。上記情報は事前の予告なく変更になる場合があります。

運用ビークルによって運用手法が異なる場合があります。

全ての投資には、投資元本の損失を含むリスクが伴います。