運用アプローチは、ファンダメンタルズとバリュエーションが将来のリターンを決定する最も重要なの要因であるという信念に基づいています。運用チームは、35 名以上の運用プロフェッショナルのハイイールド債券に関する深い経験に基づき、競争力のあるリスク調整後パフォーマン スを生み出すことに注力しています。さらに、ESG を考慮した独自のフレームワークを活用し、責任投資分野のリーダーであるカルバートのリソースと専門知識を活用しています。運用チームのプラットフォームの幅広さは、お客様のニーズに対応するリスク/リターン特性を備えたあらゆる運用戦略の提供を可能としています。

 
 
 
運用戦略
投資適格債を上回る利回りを提供するユーロ建て社債を中心としたハイイールド債券に投資  
転換社債の魅力的なリスク・リターン特性を投資機会として分散投資  
米国のミドル・マーケットのハイイールド債券と、欧州とアジアにおいてはクオリティが高くより大型の発行体のハイイールド債券を対象に、グローバルに分散投資  
バリュー・アプローチにより、企業および非政府系の発行体が発行する米ドル建てのハイイールド債券に分散投資  
 
 

2022年5月末現在。上記情報は事前の予告なく変更になる場合があります。

運用ビークルによって運用手法が異なる場合があります。

全ての投資には、投資元本の損失を含むリスクが伴います。