可能な限り広範な投資対象から投資アイデアを特定しながら、膨大で特徴のある投資ユニバースの中から投資機会を発掘します。構造的変化を遂げている国に焦点を当て、リスク要因に十分に見合うリターンが獲得できると判断した場合にのみ、アクティブなポジションを取ります。現地市場に焦点を当てることでロジスティクスの課題を活用し、お客様のポートフォリオにアルファを付加することを目指します。

 
 
 
運用戦略
エマージング市場の社債発行体全体を対象に、割安なエマージング市場社債に投資  
主として米ドル建ての、新興国のソブリン債、準ソブリン債、社債などに投資  
エマージング市場の現地通貨建て債券と非米ドル建てのソブリン債、準ソブリン債、および社債に幅広く投資  
エマージング債券のあらゆるセクターを投資対象としており、米ドル建て・現地通貨建てのエマージング債券(ソブリン債および社債)にオポチュニスティックに投資  
 
 

2022年5月末現在。上記情報は事前の予告なく変更になる場合があります。

運用ビークルによって運用手法が異なる場合があります。

全ての投資には、投資元本の損失を含むリスクが伴います。

運用戦略の詳細については、運用戦略紹介ページをご覧ください。