flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年5月11日

1年で何が変わるのか:2021年におけるハイイールド債の投資機会 

債券運用チーム
利回りとスプレッドがコロナ前の水準に戻る中、足元の金利変動を受けて、多くの投資家から、ハイイールド債が今後も魅力的なリターンを生み出すのか、債券ポートフォリオの中でハイイールド債への配分を維持すべきなのか、という質問が寄せられてきました。2021年以降の強力な景気循環的な政策の継続、高い貯蓄率、ワクチン接種の拡大、世界的に起こる景気循環、比較的低い水準の名目・実質金利を考慮すると、債券のアセットアロケーションは、より景気循環的な資産にシフトし、高クオリティ/金利感応度の高い債券から遠ざかるべきです。

10012750_High-yield-opportunities_Insight-Tile-1x1
 
flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年4月14日

短期デュレーションの利回りを求めて:オルタナティブ・レンディングがもたらすもの 

AIPヘッジファンド・チーム
2020年は、オルタナティブ・レンディングにとって厳しいストレステストとなりましたが、この新しい資産クラスは高いパフォーマンスを達成し、その回復力に対する確信を強めることができました。新型コロナウイルス感染症 (COVID)により引き起こされた経済活動閉鎖を受け、オルタナティブ・レンディングのプラットフォームは信用基準を厳格化し、引受け額を減らして借り手を選別するとともに貸出金利を引き上げました。

9995050-Tile-1x1
 
flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年3月5日

プライベート投資のマーケット・タイミング 

ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
プライベート・マーケットのリターンは、ビンテージ年によって異なるということはよく知られた現象です。さらに、この変動性は市場サイクルと密接に結びついています。我々の検証の結果、GPは過去の実績を見る限り、投資タイミングをうまく活用できたとは言えないということが分かりました。そのため、危機後の好ましいバリュエーション水準で望ましい水準までエクスポージャーを高めるためには、投資家自らターゲットとする戦略のコミットメントを増やす必要があると考えます。

9954448_Market-Timing_Insight-Tile-1x1
 
flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年1月29日

危機後のプライベート・マーケットへの投資 

ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
景気の調整・回復局面では、投資家は、ディープバリュー投資、ディストレスト投資、地域またはセクター関連のテーマ投資など、プライベート・アセット・クラスの横断的な投資機会をよく見るべきです。しかし、投資家は巨額なドライパウダーがプライベート・アセットの取引価格に及ぼす影響には慎重になる必要があり、我々は、そのバリューを捉えることを追求していく上で求められる、状況のモニタリング・アプローチについても提言させていただきます。

9847517_Post-Crisis-Private-Markets-InvestingInsight-Tile-1x1
 
flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2020年12月17日

エンゲージメント 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
インターナショナル・エクイティ運用チームによる、ESGエンゲージメント活動に関する半年毎のアップデートレポートです。

Series-Engage-Tile-1x1
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.