flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年11月29日

インフレに備えるクレジット市場:勝者と敗者 

債券運用チーム
米国のインフレ率が過去10年間で最も高い水準に加速する中、多くのクレジット投資家にとって、利上げペースと企業業績への影響に関する短期的な不透明感が最大の関心事となっています。

10117898_Credit-Markets-Brace-for-Inflation_Insight-Tile-1x1
 
flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年11月24日

次世代の運用戦略:レジリエンス(強靭性)のフレームワーク 

AIPプライベート・マーケット・チーム
次の10年間は、これまでの10年間と異なる様相を呈する可能性が高いと考えています。2009年3月以降、S&P500指数は年率16%以上上昇しました。この上昇相場は新型コロナウイルス・パンデミックによる景気後退まで続き、投資家にとって史上2番目に長い上昇相場となりました。足元におけるコロナ後の景気回復がどの程度継続するかを予想するのは不可能です。そのため、景気後退への耐性を念頭に置いたポートフォリオを構築することが重要です。

10062994_Where-to-Next_Insight-Tile-1x1
 
flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年9月17日

プライベート・エクイティ・セカンダリー市場に新たな領域をもたらすデュレーションの長期化 

AIPプライベート・マーケット・チーム
プライベート・エクイティへのアロケーション割合は依然として最適な水準を下回っているともいえます。我々は、デュレーションの長期化とそれに伴う流動性の低下が、この配分ギャップが続いた要因になっていると考えています。しかしながら、このデュレーションの長期化傾向を阻止して短期化させ、投資家の懸念を和らげることで、プライベート・エクイティへの投資増加につながるソリューションが存在します。

9674117_Increasing Duration_Insight-Tile-1x1
 
flash-report pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年5月11日

1年で何が変わるのか:2021年におけるハイイールド債の投資機会 

債券運用チーム
利回りとスプレッドがコロナ前の水準に戻る中、足元の金利変動を受けて、多くの投資家から、ハイイールド債が今後も魅力的なリターンを生み出すのか、債券ポートフォリオの中でハイイールド債への配分を維持すべきなのか、という質問が寄せられてきました。2021年以降の強力な景気循環的な政策の継続、高い貯蓄率、ワクチン接種の拡大、世界的に起こる景気循環、比較的低い水準の名目・実質金利を考慮すると、債券のアセットアロケーションは、より景気循環的な資産にシフトし、高クオリティ/金利感応度の高い債券から遠ざかるべきです。

10012750_High-yield-opportunities_Insight-Tile-1x1
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.