創立30周年を
むかえました
モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社は
引き続き日本のお客様の資産運用ニーズに応えるべく
グローバルな組織と長い運用経験を活かし
高いレベルのサービスを提供し続けます
お知らせ
代表取締役からのメッセージ 「創立30周年を迎えて」  
 
フラッシュ・レポート
EDGE:機械学習

幅広い資産クラスを投資対象とする運用戦略

グロース株式運用チーム
運用戦略
グローバル・オポチュニティ株式運用戦略
購入時に割安に放置されているものの、クオリティが高く事業が確立したグローバル企業に投資

運用部門 : アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ
運用チーム : グロース株式運用チーム
ビデオ
グローバル・オポチュニティ株式運用戦略
2016 年 3 月 1 日
運用責任者であるクリスチャン・ヒュー(Kristian Heugh)が、長期的に良好なパフォーマンスを創出している集中投資型グロース株式運用の有効性および着目点について解説します
フラッシュ・レポート
ESGと持続可能な競争優位性
2017年2月10日
グローバル・オポチュニティ株式運用戦略の運用責任者であるクリスチャン・ヒュー (Kristian Heugh)が、ESGは企業のクオリティを評価する上で不可欠な要素であることを説明しています。
運用チーム
知的好奇心と柔軟性を促すチームカルチャー

グロース株式運用チーム

リアル・アセット
運用戦略
不動産投資
地域別コア型およびグローバルなオポチュニスティック型の不動産投資戦略を提供

運用部門 : リアル・アセット
運用チーム : 不動産投資チーム
フラッシュ・レポート
2017年の商業用不動産の見通し
2017年2月28日
モルガン・スタンレー不動産投資チーム(MSREI)が、2017年の商業用不動産市場の見通しについて説明します。
フラッシュ・レポート
インフラ株式への投資と 変わりゆくマクロ環境
2017年2月27日
地政学的環境の変化が米国のインフラ資産に及ぼす影響について、グローバル上場不動産証券・インフラ株式運用チームが検証を行います。 検証にあたっては、米大統領選挙の結果、そして権力が移行する際に必ず発生する不確実性に特に注意を払います。
運用チーム
実態経済ではなく金融市場において、割安に購入することを目指す

グローバル上場不動産証券・インフラ株式運用チーム

債券
運用チーム
長期的にはバリュー投資が有効でリサーチが勝つ

債券運用チーム

グローバル債券市場レポート
第1四半期の晴天から先行き薄曇りへ
2017年4月28日
予見可能な数多くの地政学リスクに照らして、第2四半期の見通しに慎重姿勢を強める。第1四半期の金利上昇を牽引したインフレ率の上昇と財政出動への期待感が、第2四半期に一巡するなら米国の金利が下振れしかねないことが、最大のリスクとなる。
フラッシュ・レポート
ミドル・マーケットの ハイイールド社債への投資
2017年3月27日
ハイイールド社債は近年、堅調なリターンをもたらしてきました。利上げの可能性がある中でも、投資家は債券市場においてもっとも有望な投資先を模索しています。ハイイールド債、中でもミドル・マーケットへの投資は、現在、かつてなく有望な状況にあると考えています。
フラッシュ・レポート
株式と債券の両方の利点を持った投資商品
2017年3月22日
2017年に入り、転換社債を取り巻く環境は他の資産クラスと比較してほぼ理想的な環境にあるとみています。株式がアウトパフォームすると予想される一方で、株式市場のリスクが高まっている時期が、転換社債をオーバーウェイトする好機であると考えられます。
 

 

主に機関投資家のお客様にご提供している運用戦略をご紹介しています