モルガン・スタンレー・
インベストメント・マネジメント
ESG投資の実践を通した長期的なパフォーマンスの向上がわたしたちの使命です

幅広い資産クラスを投資対象とする運用戦略

グロース株式運用チーム
運用戦略
グローバル・オポチュニティ株式運用戦略
購入時に割安に放置されているものの、クオリティが高く事業が確立したグローバル企業に投資

運用部門 : アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ
運用チーム : グロース株式運用チーム
ビデオ
グローバル・オポチュニティ株式運用戦略
2016 年 3 月 1 日
運用責任者であるクリスチャン・ヒュー(Kristian Heugh)が、長期的に良好なパフォーマンスを創出している集中投資型グロース株式運用の有効性および着目点について解説します
フラッシュ・レポート
EDGE:自動運転車
2017年9月26日
自動運転車はさまざまなセンサーや装置等を利用して周囲の環境を認識し、運転プロセスを自動化することで、人間による操作無しでの走行を可能とします。自動運転車は私たちの暮らしを変える可能性を秘めています。
フラッシュ・レポート
短期志向を強める世界において長期的に確信の持てる銘柄に着目
2018年2月22日
アクティブ・シェアの高いポートフォリオと集中投資の有効性について論じています。
インターナショナル・エクイティ運用チーム
運用戦略
グローバル・フランチャイズ運用戦略

クオリティの高いフランチャイズ企業に投資することで魅力的なリターンの創出を目指す、集中投資型の運用戦略です。


運用部門 : アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ
運用チーム : インターナショナル・エクイティ運用チーム
フラッシュ・レポート
流動性の幻想
2018年4月3日
将来に対する熱狂が高まっている状況において、ポートフォリオの下振れリスク・シナリオを描くことは必ず役に立ちます。リスク・シナリオの一つに流動性の深刻な枯渇があり、これがまったく起こり得ないとは言えません。
ESG関連レポート
持続可能性の探究
2017年11月21日
グローバル・フランチャイズ運用戦略、グローバル・クオリティ運用戦略の運用責任者William Lockが企業の持続可能性について論じ、彼の運用チームがESGについての考え方をどのように運用プロセスに組み込んでいるかについて説明します。
フラッシュ・レポート
グローバル・フランチャイズ、グローバル・クオリティ両運用戦略の運用担当者とのQ&A
2018年4月9日
ポートフォリオ・スペシャリストのLaura Bottegaが、運用担当者のBruno Paulsonに足元のテーマについて質問します。
債券
運用戦略
グローバル債券オポチュニティーズ運用戦略

アンコンストレインド型の債券運用戦略です。ロング・オンリーのマルチ・セクター運用で、キャリー中心の安定的なトータル・リターンの獲得を目指すと共に、ポートフォリオのボラティリティの低減を図ります。


運用部門 : 債券
運用チーム : 債券運用チーム
グローバル債券市場レポート
一段と複雑な様相を見せる金融市場
2018年3月26日
金融市場の見通しは複雑な様相を帯びており、国によるばらつきが広がっています。我々は、最も確率の高い道筋として金利は上昇に向かうとの見方を変えていないが、市場間の格差は広がると思われます。
グローバル債券市場レポート
新しいレンジ水準と そこまでの調整スピードを捉えることが重要
2018年2月23日
市場は「正常化」する、つまり市場のボラティリティが高まり利回りが上昇する、と考えられます
運用チーム
長期的にはバリュー投資が有効でリサーチが勝つ

債券運用チーム

グローバル・マルチ・アセット運用戦略
運用戦略
グローバル・バランス・ リスク・コントロール運用戦略 (GBaR運用戦略)

ポートフォリオのリスク水準を管理しつつ、マルチ・アセットに投資します。


運用部門 : ソリューション&マルチ・アセット
運用チーム : グローバル・マルチ・アセット運用チーム
マーケット・レポート
長期低迷局面よ、安らかに眠れ
2018年3月26日
12月に我々は、今年はインフレ率とボラティリティが上昇してサプライズに見舞われると予測しました。2月にこうしたサプライズが現実のものになった点を踏まえて、その事実が今後の年内の市場展開にどのような意味を持つのか考察します。
 

 

主に機関投資家のお客様にご提供している運用戦略をご紹介しています