モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社

これからの債券運用

現在の債券市場でアルファを追求するためには柔軟性が必要です

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント(MSIM)は
真のアクティブ運用でお客様の投資ニーズにお応えします1

グローバル・リソース 2

MSIMは 21ヵ国、 43拠点で事業を展開
従業員は 1,971名
うち、運用プロフェッショナルは 645名

幅広い市場を網羅する
債券アクティブ運用戦略

グローバルのパブリックおよび
プライベート市場をカバーする、
幅広い債券運用ソリューションを提供

長期的に実証された 運用経験

40年超の運用実績
グローバル債券運用部門が
外部評価機関から高い評価を獲得3

リターンの柱は
ベータからアルファへシフト

MSIMの債券運用ソリューション

グローバル債券市場のあらゆるセクター・地域をカバーするアクティブ運用戦略を提供しています

パブリック・サイド

グローバルの債券市場を通じて、様々なアルファの源泉から価値ある要因を抽出するスキルと柔軟性を擁するアクティブ・マネジャー

プライベート・サイド

プライベート・クレジットやヘッジファンド等、幅広いオルタナティブ資産をカバーする運用戦略を提供

インサイト

フラッシュ・レポート
リターンの柱がベータからアルファへシフト
 
債券市場では根本的なシフトがおこっており、デュレーション、 クレジット、金利戦略のアクティブな投資判断がこれまで以上に重要となってきています。こうした新時代には、新しい考え方が必要です。
レポートはこちら
債券:Fedからブロックチェーンまで
 
グローバル債券運用、リクイディティ・ソリューション、プライベート・デット投資の担当者による、現在の債券市場についての考察です。
‘‘

長期的には
バリュー投資が
有効で
リサーチが勝つ

債券運用チーム
 

上記はMSIMが提供する債券運用戦略の一部をご紹介したものです

1. 当社はモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント(MSIM)の日本法人です。
2. 2018年6月末現在
3. MSIMグローバル債券運用部門は、トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワード米国Fixed Income Group of The Year(最優秀運用会社(債券運用部門))を2017年・2018年に受賞しました。 同アワードは、米国で販売登録されている米国内および外国籍ファンドを対象とし、3年間のリスク調整後リターンが最も優れている1 社を選定するものです。 当該評価は過去のパフォーマンスが評価されたものであり、将来の結果を保証するものではありません。

リスクについて
上記運用戦略は主に海外の有価証券等を投資対象とするため、当該有価証券の価格の下落により投資元本を割り込むことがあります。また、外貨建ての資産は為替変動による影響も受けます。 従ってお客様の投資元本は保証されているものではなく、運用の結果生じた利益及び損失はすべてお客様に帰属します。投資する可能性のある有価証券等には、価格変動リスク、信用リスク、カントリー・リスク、流動性リスク、 為替変動リスク、デリバティブ取引に伴うリスク、カウンターパーティ・リスク等のリスクを伴います

受託資産の運用に係る費用について
投資顧問契約および投資一任契約に係る投資顧問報酬として、契約資産額に対して年率2.16%(税込)を上限とする料率を乗じた金額が契約期間に応じてかかります。 その他の費用として、組み入れ有価証券の売買手数料、先物・オプション取引に要する費用、有価証券の保管費用等を間接的にご負担頂いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、 運用状況等により異なる為、事前に料率、上限額等を示すことができません。

上記は、当社の投資一任契約および投資顧問契約に関する業務に関連して提供されるものであり、特定の金融商品の取引や申込みの推奨や勧誘を目的とするものではありません。また当社は、 本投資戦略によって運用されている金融商品の取引や申込みの推奨や勧誘を行うものではありません。