2022-outlooks pdf
2022年 市場見通し  •  2022年2月16日

急激に変化する新興国市場の投資機会を捉える 

エマージング株式運用チーム
新興国株式のリターンが1930年代以降で最も低迷した10年間の後、2021年もまた同様にリターンは低迷しました。しかし、2022年以降はいくつかの重要なカタリストにより、マクロ経済環境が新興国市場資産にとってプラスに転じ、過去10年間よりも良い結果が得られると考えています。

10150122_Capturing-Opportunity_Insight-Tile-1x1
 
2022-outlooks pdf
2022年 市場見通し  •  2022年2月15日

金利上昇が経済回復の道のりのカギ 

グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)チーム
2022年に入ると、労働市場とインフレ動向が、FED(連邦準備制度)による金融政策の緩和縮小を進める下地を作るとみられます。その一方、新型コロナウイルス(COVID-19)に関連した供給サイドに起因する価格上昇圧力が根強く残っており、これがインフレの状況を複雑にしているため、FEDの引き締めは慎重なペースで行われると予想しています。

10149495_Rising-rates_Insight-Tile-1x1
 
2022-outlooks pdf
2022年 市場見通し  •  2022年2月6日

2022年のヘッジファンド:変化するリスクに対応 

AIPヘッジファンド・チーム
2022年に最も注目すべきトレンドは、2021 年に勢いを増したトレンドの継続であると考えています。このトレンドとは、株式市場と債券市場の両方でボラティリティが高まり、株式や債券、オフザランの投資機会においてパフォーマンスのばらつきが拡大することです。

10143050_Hedge-Funds-in-2022_Insight-Tile-1x1
 
2022-outlooks pdf
2022年 市場見通し  •  2022年2月3日

グローバル不動産市場:サイクル後期に備える投資哲学が早期に浮上 

モルガン・スタンレー・リアル・エステート・インベスティング
2021年、米国の不動産ファンダメンタルズは予想を上回るペースで加速し、米国の多くの賃貸住宅市場や物流施設市場で賃料が軒並み20%の上昇を記録、キャップ・レートは過去最低水準にまで低下しています。。こうした状況下、2021年は2010年以降で最高のリターンを達成した公算が高いと思われます。

10133176_Late-Cycle-Investing_Insight-Tile-1x1
 
2022-outlooks pdf
2022年 市場見通し  •  2022年1月31日

優れたアウトカムを求めて 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
2021年の終わりにはCOVID-19の新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を防止するために、再び行動制限が導入されました。2022年に企業は優れたアウトカム(成果)をあげることができるでしょうか、それとも困難に直面するでしょうか。

10143655_Search-for-Better_Insight-Tile-1x1
 
2022-outlooks pdf
2022年 市場見通し  •  2022年1月26日

債券市場見通し:市場コンセンサスの欠如が幅広い投資機会をもたらす 

債券運用チーム
2022年は市場コンセンサスが形成されず、アクティブ運用の投資家にとっては予想レンジが広がり、幅広い投資機会がもたらされる年になると思われます。カギを握るのはインフレ動向です。高インフレが一時的か持続的かはともかく、今後1年にわたり、FRBの対応が資産バリュエーションに重大な影響を及ぼすことになりそうです。

10143106_No-Consensus_Insight-Tile-1x1
 
2022-outlooks pdf
2022年 市場見通し  •  2022年1月18日

2022年クレジット市場の見通し:堅調な企業業績がクレジット・スプレッド をサポート 

債券運用チーム
私たちはクレジット市場に対して強気の見方を維持しており、現在の市場 環境は景気拡大期の初期段階に見られる特徴を示しています。

10143621_Corporate-Performance_Insight-Tile-1x1
 
Warning Icon Sorry, there are no Italian versions available. Please switch back to view all versions.