リサーチ・レポート

 

主に機関投資家のお客様向けのレポートを掲載しています

 

 
フィルター基準
+
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon レポート
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon オーディオ
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon ビデオ
+
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 株式
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 債券
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon マルチアセット
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 2024年 アウトルック
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon Caron's Corner
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon グローバル・エクイティ・オブザーバー
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 債券市場アウトルック
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon The BEAT
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon サステナブル投資
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon AIPヘッジファンド・チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon インターナショナル・エクイティ運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon カウンターポイント・グローバル株式運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon カルバート・リサーチ&マネジメント
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon モルガン・スタンレー・プライベート・クレジット
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon モルガン・スタンレー・リアル・エステート・インベスティング
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 債券運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 全て
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 過去1ヶ月
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 過去3カ月
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 過去1年
pdf
Insight Article  •  2024年4月1日

エマージング債券:ソブリン債の質とリターンの決定要因について 

債券運用チーム
本レポートでは、2000年から2021年の165ヵ国に関するデータに基づき、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントのエマージング市場債券チームがソブリン債の格付け、スプレッド・パフォーマンス、デフォルト頻度に影響を与える主な要因を調査しています。

24Q10057_Emerging-Markets-Debt_Insight-Tile-1x1
 
beat page
The BEAT  •  2024年3月31日

BEAT - 2024年4月 

ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
金融市場に関する最新の情報をBEATでご確認ください。毎号、現在の投資環境をどのように乗り切っていけばよいかを示唆するアイデアと洞察をお届けします。

10547727_BEAT-Insight-Tile-1x1
 
sustainable-investing pdf
サステナブル投資  •  2024年3月31日

エンゲージメント 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
インターナショナル・エクイティ運用チームによる、ESGエンゲージメント活動に関するアップデートレポートです。

engage-winter-Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2024年3月25日  •  8:35 Min

サプライサイド経済学で現状を分析 

Jim Caron
マルチアセット運用を担当するポートフォリオ・ソリューションズ・グループのCIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
beat page
The BEAT  •  2024年2月29日

BEAT - 2024年3月 

ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
金融市場に関する最新の情報をBEATでご確認ください。毎号、現在の投資環境をどのように乗り切っていけばよいかを示唆するアイデアと洞察をお届けします。

10547727_BEAT-Insight-Tile-1x1
 
beat page
The BEAT  •  2024年2月15日

BEAT - 2024年2月 

ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
金融市場に関する最新の情報をBEATでご確認ください。毎号、現在の投資環境をどのように乗り切っていけばよいかを示唆するアイデアと洞察をお届けします。

10547727_BEAT-Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2024年1月29日  •  6:10 Min

欲望という名の利下げ(A Rate Cut Named Desire) 

Jim Caron
マルチアセット運用を担当するポートフォリオ・ソリューションズ・グループのCIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2024年1月29日

そして音楽は続く、しかしいつまで? 

債券運用チーム
2月は11月に続き、月間の大半を通して世界中で国債利回りが低下し、スプレッドは縮小しました。米国の10年物国債利回りが月間で45ベーシス・ポイント(bps)低下したほか、ドイツでは42bps、カナダでは64bps、オーストラリアでは46bps、ニュージーランドでは56bps低下しました。これは、インフレ率が引き続き低下し、各中央銀行の政策が従来の予想よりも早期に利下げを実施する方向に修正されたためです。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
beat page
2024年アウトルック  •  2024年1月23日

2024年の重要テーマ7選(マルチアセット) 

ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
2024年年初の投資環境は、2023年年初とは大きく異なっています。インフレはピークアウトしたと見られ、金利も低下していく可能性が高くなっています。バランスのとれたポートフォリオが再び有効に機能すると思われます。ポートフォリオ・ソリューション・グループのキャピタル・マーケッツ・グループが2024年の重要テーマと考えている7項目について、以下でご紹介します。

10547727_BEAT-Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2024年1月19日

役員報酬:「インセンティブ(報酬)を提示してくれれば、それに見合う成果を上げる」 

Bruno Paulson
'現代の資本主義は、資産の所有者と、その資産を運用している企業の役員の利益が異なっていることから、「プリンシパル・エージェント問題(エージェントが、プリンシパルの利益に反して、エージェント自身の利益を優先する行動をとってしまうこと)」に悩まされています。ボーナスと業績連動型株式報酬から成る複雑な報酬パッケージを採用している役員報酬の分野は、2つの当事者の利益を一致させるように変化してきました。

10523802_GEO_Insight-Tile-1x1
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2024年1月15日

収益成長を後押しする強固なファンダメンタルズを有するクオリティの高い物件への投資機会に注目 

モルガン・スタンレー・リアル・エステート・インベスティング
過去2年間、不動産価格は大幅に価格調整が入りましたが、調整後のリターンは平均的なリターンを上回ってきました。不動産ファンダメンタルズの強さは、長期的な需要ドライバーに裏打ちされたセクターの高クオリティ物件の賃料上昇をサポートするはずです。負債の満期到来と「より高くより長い」金利環境は、市場全体ではなく特定の売り手に困難な(ディストレス)状況をもたらし、魅力的な資本増強/クレジット投資の機会をもたらすと考えます。

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2024年1月11日

2024年もプライベート・エクイティ・ファンドによる取引が活発化し、プライベート・クレジットを下支えする環境が続く見通し  

David N Miller
支払利息を管理し、キャッシュフローを増加するために、企業がより一層ジュニア・キャピタル・ソリューションを求めるようになっています。私たちは、ソフトウェア、保険、住宅サービスといった非シクリカル・セクター企業への貸出にフォーカスしています。理由としては、こういった企業は、一般的に景気サイクルを通じてキャッシュフロー水準を維持できる傾向にあることが挙げられます。プライベート・エクイティ・ファンドによる取引が活発化し、プライベート・クレジット市場を下支えする環境が続くと見ています。

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2024年1月11日

2024年の展望:マルチセクター債券、コア投資への回帰 ― マクロ経済を牽引する要因は無数にあるが、2024年の債券市場を取り巻く投資環境は力強いものになると思われる 

Vishal Khanduja, Brian Ellis
FRBは積極的な利上げサイクルに終止符を打ち、最近では、2024年に金融政策の軸足を移す意向を示していると考えられます。インフレのペースと経済成長のレベルによって、金融政策は変化し続けるため、債券のアクティブ・マネジャーにとっては有利に働く展開になると考えています

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2024年1月10日

高クオリティ株で熱狂期を乗り切る 

William Lock, Bruni Paulson
MSCIワールド指数の現時点における予想PER(株価収益率)は、特に2024年の二桁の利益成長という、間違いなく楽観的な想定に基づいており、割安感はありません。私たちの見解では、業績悪化の可能性は今日の業績予想にも現在の市場PERにも反映されていません。私たちは、収益の底堅さを備えた高クオリティ 企業を妥当な株価で探し出すことに焦点を当て、潜在的に有害な投機的バブルに巻き込まれないようにすることで、資本が永続的に失われてしまうことを回避しようと努めています。

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2024年1月3日  •  8:36 Min

2024年の注目ポイント4点を解説:年初は年末ラリーの巻き戻しか? 

Jim Caron
マルチアセット運用を担当するポートフォリオ・ソリューションズ・グループのCIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年12月28日

急変動の衝撃! 

債券運用チーム
11月の債券市場は前月とは打って変わって大幅に上昇しました。予想を下回る経済指標、世界的なインフレ鈍化、および中央銀行のハト派姿勢を受け、市場ではソフトランディングへの期待が高まりました。さらに、そのような状況を背景に米国と欧州で利下げ観測が再浮上したため、11月は債券市場がここ数十年で最も高いリターンとなった月の1つとなりました

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2023年12月27日

落ち着いて投資を継続しよう 

Manas Gautam
私たちは、引き続き企業固有のファンダメンタルズを重視しています。市場の状況やマクロ経済的な事象は年ごとに変化しますが、企業のファンダメンタルズは長期的な株価上昇の原動力となるものです。ポートフォリオの保有銘柄全体のファンダメンタルズはほぼ健全な状態を維持しており、私たちの期待に沿ったものとなっています。

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2023年12月27日

2024年の熾烈な綱引き 

Craig Brandon, Cindy Clemson
利回り上昇、低水準の新規発行、そして底堅いクレジット・ファンダメンタルズが、地方債への資金流入といったフローの反転を促す要因になる可能性があります。金利サイクルに関する現状を考えれば、質が高くデュレーションの長い債券のポジションを取ることが有効と言えるでしょう。利回りがイールドカーブ全般で大幅に低下するとの予想は、インフレ・データの鈍化とFRB(連邦準備制度理事会)の更なる抑制が前提となるでしょう。

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2023年12月26日

環境の変化に伴い、絶対リターン投資が新境地を切り開く可能性 

Mark van der Zwan, Robert M. Rafter
インフレは低下基調にあるものの、水準は中央銀行の目標値を依然として根強く上回り続けており、資産クラス間の価格分散とヘッジファンドのアルファ創出機会を下支えしています。当運用チームは、インフレ、金利、ボラティリティ、分散、そしてアルファ創出機会において、中期的に構造的に異なるレジームを予想します。

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2023年12月26日

価値創造プロセスの開発、追求、執行に真摯に取り組んできたGPは、過去を上回るリターンを達成する可能性を秘めている 

David N Miller
オペレーションの改善による価値創造がEBITDAと収益性の向上に不可欠であると考えます。負債コストの上昇は、プライベート・エクイティにとって明らかに逆風ですが、克服不可能ではありません。ミドルマーケットの企業はより広範で多様なイグジットの機会に恵まれる可能性があると私たちは見ています。

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年12月22日

壁に囲まれた庭園:ゆっくりと成長するAIの勝者たち 

Bruno Paulson
2023年は人工知能(AI)主導の市場展開となりました。米国では「マグニフィセント・セブン」と呼ばれる7つの企業が席巻し、年初来から9月末までのS&P500指数のリターンのうち、85%以上はこれら の企業がもたらしました。7 社の成功は、驚くことではありません。

10504633_Walled-Garden_Insight-Tile-1x1
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2023年12月20日

投資適格クレジットに投資することで、先行き不透明な時期において元本を確保しながら魅力的なインカム収入を獲得できる可能性 

Richard Ford
脱グローバル化の動き、構造的なインフレ圧力、量的引き締め(QT)、地政学的リスクの高まり、政府債務の増大などを背景に、世界情勢が大きく変化しています。こうした中で、2024年は投資の新時代の幕開けとなる可能性があります。

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年12月18日  •  7:32 Min

2024年にはニュートラル戦略が「新たなディフェンシブ戦略」になる可能性 

Jim Caron
マルチアセット運用を担当するポートフォリオ・ソリューションズ・グループのCIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
2024-outlooks page
2024年 アウトルック  •  2023年12月14日

2024年はE、S、Gの各要素を分離する動きが加速すると予想 

カルバート・リサーチ&マネジメント
2022年後半から始まった責任投資業界の有り様に対する議論の高まりによって、責任投資に特化したマネジャーは、企業の気候変動や社会的な事業目標の分析において財務的な実行可能性をますます考慮するようになっています。

2023-outlooks-Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年12月11日  •  5:39 Min

FRBの政策金利は「悪い金利」と「良い金利」のどちらになるか? 

Jim Caron
マルチアセット運用を担当するポートフォリオ・ソリューションズ・グループのCIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年12月5日

ダイヤモンドの原石を見つける?金融セクターでクオリティ企業探す 

Isabelle Mast
市場の多くの人々にとって、金融セクターにおけるクオリティ運用という表現は、矛盾したものに見えるかもしれません。それらの人々は、「金融セクターはバリュー・セクターであり、概して株価は低迷し、成長の勢いが無い」と言うでしょう。金融セクターの一部は、確かにそうです。しかし、金融セクターの中にも厳選された高クオリティ企業は存在しており、私たちはお客様の利益のために、それらを選別できると信じています。しかしながら、この選別作業は麦と籾殻を分けるような厳格なプロセスに依存しています。

10491517_GEO_SEPT_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年12月4日  •  6:27 Min

市場は「退屈な相場」を先取りか、2024年はバランスが利益の源泉に 

Jim Caron
マルチアセット運用を担当するポートフォリオ・ソリューションズ・グループのCIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
sustainable-investing pdf
サステナブル投資  •  2023年11月30日

2023年 債券エンゲージメント・レポート 

債券運用チーム
債券運用部門によるエンゲージメント活動に関するレポートです。

10478901-Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年11月30日

10月のもう1つの衝撃的なこと:デジャヴ? 

債券運用チーム
10月は利回りの上昇が続き、スプレッドが拡大し、米ドル高が進行したため、世界の債券資産は再び厳しい展開となりました。中東で戦争が勃発し、米国の経済指標が堅調に推移し、世界全体でインフレが高止まりする中、政策金利が長期にわたり高水準に維持されるとの見方が強まりました

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年11月20日  •  6:07 Min

2024年はカムバックの年となるか 

Jim Caron
マルチアセット運用を担当するポートフォリオ・ソリューションズ・グループのCIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年11月6日  •  6:31 Min

ゴルディロックス相場の到来か?今回は違うのか? 

Jim Caron
マルチアセット運用を担当するポートフォリオ・ソリューションズ・グループのCIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年10月31日

9月の市場低迷!「実質金利」の動向 

債券運用チーム
9月は金利が上昇し、スプレッドが拡大し、米ドル高が進行したことで、グローバル債券にとって厳しい相場環境となりました。インフレが改善したにもかかわらず、金融状況が逼迫し、実質利回りが上昇する中で、世界の経済成長は悪化し、来年に景気後退に陥る可能性が高まりました。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年10月30日  •  7:01 Min

FRBは忍耐を失いつつあり、市場は追加利上げの可能性を十分に織り込んでいない? 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年10月18日

果報は寝て待て:長期的な思考に関する考察 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
先進国の人々の多くは、欲しいものを、欲しい時にはいつでも、好きなように手に入れることができる、すぐに準備される社会で暮らしています。1回のクリックで食料品店での毎週の買い物を行い、右に1 回のスワイプで新たなパートナーを見つけ、2回のタップで地球の裏側へのフライトを予約することができます。

10469756_GEO_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年10月9日  •  4:31 Min

債券ロングの好機がついに到来か? 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年10月2日  •  4:13 Min

債券利回りが上昇し、あらゆる資産は下落 – この状況はいつ終わるか? 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年10月2日

金利は、高止まりが続くものの、大幅に上昇することはないでしょう 

債券運用チーム
8月は世界的に国債利回りが総じて上昇し、先進国および新興国の両市場で、利回りが上昇しました。利下げ時期の予想が後ずれし、長期にわたり金利が高止まりするとの観測が高まる中で、長期ゾーンの利回り上昇幅が短期ゾーンの利回り上昇幅を上回り、先進国市場のイールドカーブはスティープ化しました。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年10月2日

買収すべきか、買収すべきでないか? 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
「買収すべきか、買収すべきでないか」は、すべての経営陣や取締役会が、企業戦略や資金配分計画 の一環として検討する必要があると考えられる課題です。合併・買収(M&A)は誘惑的な場合も多く、時には対価が得られることもある一方で、リスクの低いM&Aは稀です。

10437317_GEO_June_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年9月20日  •  9:43 Min

今週のFMOC 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年9月20日

適切な資本配分により、耐久性を構築する 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
ウィリアム・シェイクスピアは、歴史劇『リチャード二世』の中で「モート(堀)」の強さに言及しています:「銀色の海に浮かぶ宝石がこの島を守り、堀となってくれる… 」。また、著名投資家 のウォーレン・バフェット氏は、モート(堀)の例えをよく使います:「投資先を選別する際に、私は強力なモート(堀)に守られた経済的な城を探します。」

10420513_GEO_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年9月11日  •  8:29 Min

rスターはドットチャートの上昇修正を示唆:それに応じたグローバル資産配分とは 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年9月4日

AIをめぐる熱狂の中で 

Bruno Paulson, Emma Broderick
'グローバル株式市場は2023年1-6月期に良好な値動きを示し、MSCI World 指数は米ドル・ベースで+15 %のリターンをもたらしました。2022年7 – 9 月期が終わって以降現在まで上昇しています。2022年の下落の鏡像のように、企業収益はほぼ横ばいであるにもかかわらず、PERが上昇してグローバル株式市場は上昇しました。MSCI Worldの予想PER(株価収益率)は13.7 倍から17.0倍に拡大しました。

10455512_GEO_Insight-Tile-1x1
 
sustainable-investing pdf
サステナブル投資  •  2023年9月1日

エンゲージメント 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
インターナショナル・エクイティ運用チームによる、ESGエンゲージメント活動に関するアップデートレポートです。

engage-summer-Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年8月31日

今は皆が経済データ次第の状況 

債券運用チーム
7月は経済指標が引き続き底堅さを示し、ソフトランディングのシナリオの蓋然性が高まった結果、リスク資産の上昇が継続しました。米国では、他に先駆けて堅調な経済データが発表され、インフレ指標に関しては予想外に下振れしたため、社債のクレジット・スプレッドは当月に概ね縮小しました。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
video
ビデオ  •  2023年8月31日

レジリエンスのパワー 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
ポートフォリオにレジリエンスを加えるということは、当該企業が自分のために働いてくれるということです。インターナショナル・エクイティ運用チームがどのようにして収益回復力のある企業を見極めようとしているのか、また、なぜそれが長期投資家にとって重要なのかをご覧ください。

10434112-_Web_Tile_1x1
Insight thumbnail video icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年8月28日  •  7:54 Min

タカ派的現状維持:「曇り空」の下での資産配分とは? 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年8月21日  •  6:14 Min

ジャクソンホールのメッセージ:リセッション 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年8月7日  •  7:15 Min

長年にわたる問い:市場は債券利回りの上昇に対処できるか? 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年8月2日

私たちはまだそこにいるのか? 

債券運用チーム
6月もボラティリティが低下し、リスク資産に対する市場の需要が支えられました。経済指標は底堅く推移し、インフレ指標が好転の兆しを示したことから、市場全体にわたりリスクオンのセンチメントが優勢となりました。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年7月24日  •  6:18 Min

今週のFRB・ECB・日銀会合は予想外のサプライズとなるか? 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年7月24日

今後の企業業績の悪化を警戒 

Bruno Paulson
1-3月期は堅調な相場展開となり、MSCIワールド・インデックスは当四半期全体を通してプラス圏で推移し、8%上昇しました。情報技術、一般消費財・サービス、およびコミュニケーション・サービスなどのグロース・セクターは昨年に軟調な値動きとなりましたが、1-3月期にはこれらのセクターが市場を牽引しました。

10409843_GEO-May_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年7月17日  •  5:51 Min

現状においては良好なシェイプ:イールドカーブとリセッションの関係 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年7月10日  •  6:29 Min

出口専用扉から中に入る:市場参加者の解釈は逆方向なのか? 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年6月30日

約束は控えめに、結果は大きめに 

債券運用チーム
5月の米国経済に対する期待値は低水準にとどまっていましたが、この1カ月間すべてのボラティリティを考慮しても、米国経済は想定より好調に推移したように思われます。

10433994_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年6月29日

診断検査:健康の改善に貢献する主力要因 

Helena Miles
ヘルスケア企業がもたらす高リターンの複利効果という「聖杯」を支えるものは、価格決定力、参入障壁、最終市場の非裁量的需要です。非裁量的需要は投資家の複利効果に安定をもたらすことができる一方、他のステークホルダーには厳しい面も示唆しています。

10383338_GEO_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年6月26日  •  7:17 Min

「できることは何でも」から「何かが壊れるまで」に変化?:2023年下期見通し 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年6月12日  •  8:32 Min

リスクバランスは金融政策の引き締めよりも緩和に傾く 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-equity-observer page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2023年6月6日

マルチステージの人生へようこそ 

Emma Broderick, Jinny Hyun
ここ100年余り、先進国における人生は、明確な3つのステージにきっちりと分類されてきました。教育に終始する期間に始まり、雇用に終始する期間に移行し、そして可能になった時点で引退します。しかし、長寿はこの三段階の人生という概念を分解し、私たちの人生設計を決定する多くの基本的前提に疑問を投げかけています。「マルチステージの人生がもたらす可能性のある重大な変化を収益化できる有利な立場にいるのは、どの企業や業界でしょうか?」

10369692_GEO-Multi-Stage-Life_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年6月5日  •  7:30 Min

ベストな答えを得るには適切な質問が不可欠 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
global-fixed-income-bulletin pdf
債券市場アウトルック  •  2023年5月31日

潮目は変わるのか? 

債券運用チーム
波乱含みの展開となった3月を終え、4月は比較的穏やかな月となりました。4月の市場は、2つの材料の狭間で揺れました。一つはコア・インフレ率の高止まりです。もう一つは、ファースト・リパブリック・バンクなど地方銀行の預金流出の影響による景気減速懸念で、信用収縮の可能性が指摘されています。

10416325_GFI-Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年5月30日  •  10:02 Min

債務上限劇場とドラマ:マーケットで次に見るべきもの 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
sustainable-investing pdf
サステナブル投資  •  2023年5月30日

ESGアップデート 

Kristian Heugh, Marc Fox
グローバル・オポチュニティ株式運用チームによるアニュアル・レポート。運用プロセスにESG分析を取り入れるための独自の「HELP & ACT」フレームワーク、ポートフォリオの二酸化炭素排出量、企業との対話事例、およびモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント(MSIM)におけるスチュワードシップ活動における協働の取り組みついてまとめています。

10199349_Opportunity-OptimumInsight-Tile-1x1
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年5月22日  •  8:08 Min

予想外の上昇相場がもたらす独特なリスク 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年5月8日  •  8:16 Min

賃金、インフレ、金融安定、中央銀行政策が対立 - 折り合いをつけられるか 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年5月1日  •  3:25 Min

「マイ・ウェイ」を貫いたFRB 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年4月24日  •  7:23 Min

経済データ:ステアではなくシェイクで 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
carons-corner audio
Caron's Corner  •  2023年4月17日  •  8:27 Min

イールドカーブと米ドルが教えてくれること 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同リード・グローバル・ファンド・マネジャー 兼 共同CIOであるジム・キャロンが、主要な市場ドライバーに関するマクロ・テーマについての見解を説明します

caronscorner-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail audio icon
 
video
ビデオ  •  2023年1月10日

2023年:転換期におけるリバランス(ビデオ(英語)) 

Jim Caron
グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)運用チームの共同CIOであるジム・キャロンが、マーケットに関する見解やポートフォリオのポジショニングについて解説します。 .

10150228-Jim-Caron-Insight-Tile-1x1
Insight thumbnail video icon
 
 

 

本ウェブサイトに掲載されている資料は情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券等の推奨又は勧誘を目的とするものではありません。

これらの資料は信頼できると考えられる情報に基づいて作成されておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に示した記述内容、数値、図表等は作成時点のものであり、事前の通知なしに変更、削除等されることがあります。なお、資料中のいかなる内容も将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

当社およびモルガン・スタンレーは、資料に含まれる情報を利用し、信頼しまたは利用できなかったことに起因する一切の直接および間接の損害に対する責任を負いません。

掲載資料に含まれる情報等の著作権その他のあらゆる知的財産権は当社に帰属します。当社からの事前の書面による承諾なしに、当該情報を商業目的に利用することを禁止します。