リサーチ・レポート

 

主に機関投資家のお客様向けのレポートを掲載しています

レポート原文(英語)

 
フィルター
+
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon レポート
+
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon オルタナティブ
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 株式
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 債券
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon マルチアセット
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 2021年 市場見通し
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon フラッシュ・レポート
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon グローバル・エクイティ・オブザーバー
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon グローバル債券市場レポート
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon マクロ・レポート
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon ESG投資
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon AIPヘッジファンド・チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon インターナショナル・エクイティ運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon エマージング株式運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon カウンターポイント・グローバル株式運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon モルガン・スタンレー・リアル・エステート・インベスティング
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 債券運用チーム
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 全て
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 過去1ヶ月
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 過去3カ月
Checked Icon Unchecked Icon Hover Icon 過去1年
2021-outlooks real-assets Real Assets pdf
2021年 市場見通し  •  2021年2月10日

2021年世界の不動産市場見通し:3R(リカバリー、リプライシング、リフレーション)のファンダメンタルズ 

モルガン・スタンレー・リアル・エステート・インベスティング
2021年は、次の新しい不動産市場サイクルの始まりを迎える可能性が高いとみています。景気回復の影響がより広範に不動産ファンダメンタルズ(セクターごとにスピードに違いこそあれ)に浸透すると考えるためです。

9958565_Recovery_Insight-Tile-1x1
 
flash-report solutions-and-multi-asset Solutions & Multi-Asset pdf
フラッシュ・レポート  •  2021年1月29日

危機後のプライベート・マーケットへの投資 

ポートフォリオ・ソリューションズ・グループ
景気の調整・回復局面では、投資家は、ディープバリュー投資、ディストレスト投資、地域またはセクター関連のテーマ投資など、プライベート・アセット・クラスの横断的な投資機会をよく見るべきです。しかし、投資家は巨額なドライパウダーがプライベート・アセットの取引価格に及ぼす影響には慎重になる必要があり、我々は、そのバリューを捉えることを追求していく上で求められる、状況のモニタリング・アプローチについても提言させていただきます。

9847517_Post-Crisis-Private-Markets-InvestingInsight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2021年1月29日

すべてが変化し・・何も変わらなかった:異例な1 年の異例なリターン 

債券運用チーム
異例な1年は異例な形で終わり、 資産リターンは12月も上昇を続けました。米国債以外では、失望するようなものを見つけるのは困難で、投資適格、ハイイールド、新興国市場はすべて、優れた相対リターンと絶対リターンを生み出し、特にハイイールド債と新興国市場が牽引しました。

9962421_GFI_Bulletin_Insight-Tile-1x1
 
2021-outlooks fixed-income Fixed Income pdf
2021年 市場見通し  •  2021年1月28日

エマージング債券に好ましい風 

債券運用チーム
2021年のエマージング債券は、アウトパフォームする条件が整っているように思われます。まず最初に、世界的な金融緩和が着実に拡大していること、新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンが2021年上半期までに大規模に接種拡大される見通しであること、そして程度は低いものの米国における財政刺激策への期待を背景として、この資産クラスの中でも成長に敏感なセグメントを押し上げることになるでしょう。

9956343_9956343_Favourable-Winds_Insight-Tile-1x1
 
2021-outlooks active-fundamental-equity Active Fundamental Equity pdf
2021年 市場見通し  •  2021年1月28日

2021年の10大トレンド 

エマージング株式運用チーム
我々がパンデミックの初期段階から想定した通り、コロナ(Covid-19)によってすべてが変わるというよりは、すでに進行中であるトレンドがさらに深化しました。特に経済における政府の役割が拡大し、デジタルテクノロジーの採用も進んできました。その結果、グローバル市場の勝ち組と負け組の顔ぶれが大きく変化する可能性があります。いろいろな意味で、2021年の10大トレンドは、2020年とよく似ていると言えるかもしれません。

9959275-Insight-Tile-1x1
 
2021-outlooks solutions-and-multi-asset Solutions & Multi-Asset pdf
2021年 市場見通し  •  2021年1月26日

不確実性という「 もや」がはれていく 

グローバル・バランス・リスク・コントロール(GBaR)チーム
2021年に入ると、COVID-19や米国政治によりもたらされていた不透明感という「もや」がはれていくものと予想しています。これは世界経済にとっては、意味のある成長へのカタリストとなる可能性があります。

9952857_Haze_Insight-Tile-1x1
 
2021-outlooks solutions-and-multi-asset Solutions & Multi-Asset pdf
2021年 市場見通し  •  2021年1月25日

今日のヘッジファンド:60/40問題に対するソリューション 

AIPヘッジファンド・チーム
ほとんどのリスク市場が過去の高値近辺にあり、金利がゼロ近辺にあるため、伝統的な株式60%/債券40%(60/40)で構成されるポートフォリオの期待リターンは過去平均を下回っています。最近の環境では、60/40ポートフォリオの見通しに対する懸念が世界的なパンデミックによって増幅されているため、投資家はベンチマークに対して差別化された方法で大幅なリターンを生み出す方法、ポートフォリオ全体のボラティリティを小さくしダウンサイド・リスクを軽減する方法、という2つの具体的な課題に対するソリューションを模索しています。

TBD_Solutions-to-a-6040-Problem_Insight-Tile-1x1
 
2021-outlooks fixed-income Fixed Income pdf
2021年 市場見通し  •  2021年1月21日

クレジット市場の見通し:ワクチンによるリフレーションに 基づき買い、政策転換観測に基づき売る 

債券運用チーム
「噂に基づき買い、事実に基づき売る、“Buy the rumour, sell the fact”」という言葉は、「市場価格は現在の状況ではなく、期待に基づき効率的に決定される」という概念を表現するための投資に関する格言です。2020年末には、多くの先進国市場で2回目のロックダウンが導入されるにつれて、実体経済は弱体化しました。しかし、市場は現在の状況を無視し、2021年への期待に基づいて上昇しています。

9957856_Credit-Outlook_Insight-Tile-1x1_no_reprint
 
2021-outlooks fixed-income Fixed Income pdf
2021年 市場見通し  •  2021年1月21日

持続可能な未来? 2021年を定義する5つのサステナブル投資テーマ 

債券運用チーム
2020年は、環境問題と並び社会問題にも一層注目が集まり、サステナブル投資に関する前提や考え方は決定的に変化しました。新型コロナウイルス感染拡大を受け、多様性、平等、インクルージョンが世界的に注目を集めています。当レポートでは、サステナブル投資の課題と投資機会を検討し、この状況をナビゲートするためのMSIM債券部門のアプローチについて説明します。

9953355_Sustainable_Future_2_Insight-Tile-1x1
 
2021-outlooks fixed-income Fixed Income pdf
2021年 市場見通し  •  2021年1月14日

ソルベンシーから景気刺激へ:債券投資家にとって政策転換が意味すること 

債券運用チーム
金利水準が低いにもかかわらず、2021年には多くの投資機会があります。世界経済の回復が見込まれる中、金利感応度の低い資産のパフォーマンスがより良好なものとなる可能性があります。バリュエーション判断に基づいた固有の投資機会と資産選択を通じて、今後1年間のアルファとパフォーマンスが押し上げられる可能性があります。

9953313_Solvency-to-Stimulus_Insight-Tile-1x1
 
2021-outlooks active-fundamental-equity Active Fundamental Equity pdf
2021年 市場見通し  •  2021年1月13日

狂乱の20年代となるか、または恐怖の20年代となるか? 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
私たちは新たな10年の幕開けを迎えています。狂乱の1920年代の繰り返しになるのか、それともより控えめなものになるのでしょうか?インターナショナル・エクイティ運用チームのBluno Paulsonによるレポートをご紹介します。

9952748_The-Year-Ahead_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin market-pulse fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年12月24日

いよいよ正念場を迎える 

債券運用チーム
米国ではコロナ・ワクチンの有効性と導入に関するニュースで2021年に向けての希望は劇的に高まり、下半期にはワクチンの大量接種と、ある程度の正常化への回帰がコンセンサスとなっています。このような楽観的な市場の見方は本当に正しいのでしょうか。

9961963_Heat-Is-On_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer active-fundamental-equity Active Fundamental Equity page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年12月23日

これからバリュー株相場は訪れるか?過去の相場を振り返る 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
夏にグロース株が驚異的に上昇した後、しばしば投資家から、「おそらく今すぐではないにしても、短中期的にバリュー株相場に入るかどうか」という質問を聞かれます。

9924903_GEO-Value-Rally_Media-Tile-1x1
 
flash-report active-fundamental-equity Active Fundamental Equity pdf
フラッシュ・レポート  •  2020年12月17日

エンゲージメント 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
インターナショナル・エクイティ運用チームによる、ESGエンゲージメント活動に関する半年毎のアップデートレポートです。

Series-Engage-Tile-1x1
 
sustainable-investing fixed-income Fixed Income pdf
ESG投資  •  2020年12月11日

ソブリン債券投資におけるESG:投資機会、バイアスの是正 

債券運用チーム
MSIMの債券運用では、各国のサステナビリティは国の発展段階に応じて評価されるべきであると考えており、先進国に比べてサステナビリティに関する絶対的な評価が低いことを背景とした新興国に対する低評価バイアスを回避することを目指しています。

9921373_ESG_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer active-fundamental-equity Active Fundamental Equity page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年12月10日

レジリエントな(耐久性のある)コンパウンダー: 対価に見合った価値がある 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
年初来でMSCIワールド全体のEPSが15%下落したのに対し、インターナショナル・エクイティ運用チームが運用する3つのグローバル株式ポートフォリオのEPSは、平均的に横ばいとなっています。では、なぜクオリティが高いコンパウンダーがより割高にならないのか、当チームのBluno Paulsonが考察しました。

9915466_Resilient-Compounders_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin market-pulse fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年12月9日

ウェーブの大きさはどの程度か? 

債券運用チーム
10 月は珍しい月でした。ウェーブがあらゆる方向から発生し、金融市場は、すべてのシナリオを理解し、それらに対応するのに苦労していました。米国では債券利回りは大幅に上昇しましたが、その他のほとんどの国では低下しました。

9933254_How-Big-Are-The-Waves_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年10月28日

悪魔は細部に宿る 

債券運用チーム
9月は、3 月以降、金融市場にとって最も困難な月となりました。株式や社債はマイナスリターンとなり、国債価格は緩やかに上昇しました。しかしながら、そこまで心配しすぎることはありません。資産価格の上昇を考えると、一時的な調整の範囲内と言えます。最近のクレジットと新興市場の下落は、健全と捉えられるため、リスクを上げるのであれば魅力的なエントリーポイントとなる可能性があると考えています。

9918636_Devil-Is-In-The-Details_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer active-fundamental-equity Active Fundamental Equity page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年10月26日

パンデミック時のヘルスケア・セクター 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
これまでも当レポートではヘルスケア・セクターの長所をいくつか取り上げました。その中のひとつは、このセクターの予測可能性です。大半の企業とは異なり、ヘルスケア企業が必要不可欠で非裁量的な商品を販売しているということは、経済的な混乱の影響を比較的受けにくいことを意味しています。

9890466_Health-care-in-a-pandemic_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin market-pulse fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年9月29日

最も重要なのは「安定化」 

債券運用チーム
今年の8月は過去3ヶ月間に見られたポジティブな傾向が継続しました。これを受けて、リスクの高い債券資産がアウトパフォームする前提の投資戦略としています但し、バリュエーションの変化を受けて将来の期待リターンが低下していることから、わずかながらもリスクを削減し続けています。

9901826_Consolidation-is-the-name-of-the-Game_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年8月28日

永遠の詩 

債券運用チーム
7 月は金融市場にとってまた良い月でした。クレジット、新興国市場、株式の好調なパフォーマンスに加えて、やや驚きではあるものの、国債も良好な推移となりました。そして、市場のコンセンサスがしばらくの間想定していたように、米ドルはついに下落しました。

insight-thesongremainsthesame_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer active-fundamental-equity Active Fundamental Equity page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年8月5日

決済方法のこれから 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
決済業界は、金融技術(Fintech)の世界で最も魅力的な分野の1つとして次第に台頭してきました。COVID-19以前は、世界中で約50%の取引は現金で行われていました。COVID-19は、多くの対面取引をオンライン取引に変え、支払方法を実用的ではない現金から電子決済に強制的に変えてきました。さらに言えば、ウイルスは貨幣を物理的な媒介物として感染する可能性が高いということです。

9866210_Paying-up_Insight-Tile-1x1
 
fixed-income Fixed Income pdf
フラッシュ・レポート  •  2020年8月5日

すべてのグリーン・ボンドが同じではない 

債券運用チーム
「サステナブル債券」のユニバースは、幅広いカテゴリーにわたる一方で、投資家が理解するには混乱を招くような課題も作り出しています。近年サステナブル債券市場の規模は劇的に拡大しており、現在では、発行体は幅広いセクターや地域にわたり、総発行総額は1兆ドルを遥かに超えています。この急速な成長には批判する人がいないわけではありません。

9854460_All-Green-Bonds_Insight-Tile-1x1
 
market-pulse active-fundamental-equity Active Fundamental Equity pdf
マクロ・レポート  •  2020年8月3日

市場は人知を超えた羅針盤 

エマージング株式運用チーム
第二次世界大戦以降最大の世界的な景気後退が進む中、 世界の株式市場は記録的なプラスリターンとなった最高の四半期の1 つを終えたばかりであり、市場がいかに「頭がおかしくなったか」、さらにはその道徳観すら失ったかについてのコメントが殺到しました。今日私たちが話している多くの人々は、コロナウィルスに苦しんでいる間、相場が上昇するという光景に、気を悪くしているように思われます。

9873473-Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年7月31日

持続可能か? 

債券運用チーム
6月、資産市場は好調に推移しました。株式は上昇し、スプレッドは縮小しました。そして、米ドルは下落しました。しかし、数ヶ月ぶりに、ウイルスに関するニュースは決して肯定的ではありませんでした。米国の(および世界的な)感染率の上昇は、期待を上回る経済指標といった良いュースを下押しする要因となりました。

9872379_Can-It-Will-It-Continue_Insight-Tile-1x1
 
flash-report solutions-and-multi-asset Solutions & Multi-Asset pdf
フラッシュ・レポート  •  2020年7月22日

オルタナティブ・レンディングと弾力性のある消費者 

AIPヘッジファンド・チーム
コロナウイルスのパンデミックは、経済や市場の混乱を招きながら、壊滅的な人的被害をもたらしています。オルタナティブ・レンディングは、こうした混乱や被害の影響を免れたわけではありませんが、フィンテック主導のこの資産クラスは、厳しい景気後退の初期段階において、根本的に弾力性のある回復力を発揮してきたと考えています。

Resilience-Campaign-Alt-Lending-Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年7月1日

風向きは変わる:期待以上の方向へ 

債券運用チーム
4月に市場が大幅に回復した一方で、、少なくとも短期的な観点からは、過去最悪の経済指標が発表されています。しかし、それにも関わらず市場は上昇しました。4月の 市場反発ほどではないとはいえ、5 月初旬に発表 された米国の雇用統計が大恐慌以来最悪のも のであったことや、S&P500が4月に13%上昇し ていた事実を考えると、この上昇は印象深いもの でした。

9857858_GFI-Bulletin_June_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer active-fundamental-equity Active Fundamental Equity page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年6月29日

未来を紐解く – コロナ後の世界 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
我々のグローバル戦略はレジリエンスそのものです。 我々は自宅からの勤務を円滑に行っており運用チームはレジリエントです。また、運用プロセスもレジリエント です。そして、おそらく最も重要なのは、ポートフォリオがレジリエントであるという点で、再び、苦しい環境下において、下値抵抗力をもたらしてくれました。

9853059_Unlocking_the_Future_Insight-Tile-1x1
 
global-equity-observer active-fundamental-equity Active Fundamental Equity page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年6月5日

アクセラレーター(加速装置)としてのコロナウイルス 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
何年か先に、コロナウイルスが世界的にもたらした影響を振り返ってみると、ウィリアム・ヘイグ(英国の保守党の前党首)が、コロナウイルスは既存の勢力とトレンドを強く加速させたと語ったことは正しかったこととなるかもしれません。

9840670_Covid-Accelerator_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年5月29日

長く、曲がりくねった道 

債券運用チーム
4月に市場が大幅に回復した一方で、、少なくとも短期的な観点からは、過去最悪の経済指標が発表されています。欧州、米国で発表された指標はさらに悪化しており、既に低い水準であった市場予測、期待すら下回る内容となっています。しかし、それにも関わらず市場は上昇しました。

9844638_Long-and-Winding-Road_Insight-Tile-1x1
 
flash-report active-fundamental-equity Active Fundamental Equity pdf
フラッシュ・レポート  •  2020年5月15日

エンゲージメント 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
インターナショナル・エクイティ運用チームによる、ESGエンゲージメント活動に関する半年毎のアップデートレポートです。

insight-engage-tile
 
global-fixed-income-bulletin fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年5月1日

始まりの終わり 

債券運用チーム
COVID-19の流行は急激なスピードでの感染者と死者の増加、ロックダウンと経済活動の閉鎖を伴いながら、世界的なパンデミックに変わりました。世界の債券市場は、3月末にかけて非常に低調なパフォーマンスとなりました。我々は、政府の対策が下支えとなり、危機が後退するにつれ経済が徐々に通常に回復すると期待しています。当面はコロナウイルスの動向次第であるものの、いま私たちが立っているのは始まりの終わりだと考えています。

9831311_GFI-Bulletin-April_Insight-Tile-1x1
 
flash-report fixed-income Fixed Income page
フラッシュ・レポート  •  2020年4月30日

バタフライ効果と新型コロナウイルス:相互に結び付いた世界におけるサステナブル投資への6つのインプリケーション 

Navindu Katugampola
新型コロナウイルスは、個人や社会、そして経済に甚大な影響を及ぼしている破壊なイベントです。債券投資家として、パンデミックがサステナブル投資にもたらす6つのインプリケーションを注視しています。

9834677_Butterfly-Effect_Insight-Tile-2x2
 
global-equity-observer active-fundamental-equity Active Fundamental Equity page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年4月30日

レジリエンスの探求 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
我々は前例のない状況に置かれています。政府は政策に伴う影響を十分に理解した上で、ソーシャル・ディスタンシングやロックダウンを実施し、意図的に経済を深刻な景気後退(豪首相は景気冬眠と呼称)に傾けています。数値化するのは難しいですが、世界経済に与える影響はとても大きくなるでしょう。

9824840_In-Search-of-Resilience_Insight-Tile-1x1
 
flash-report active-fundamental-equity Active Fundamental Equity pdf
フラッシュ・レポート  •  2020年4月15日

高クオリティ企業がもたらすレジリエンス(第2部) 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
新型コロナウイルスの生活必需品、情報技術、ヘルスケア・セクターへの影響について

IE-Team_Tile-Horizontal
 
flash-report active-fundamental-equity Active Fundamental Equity pdf
フラッシュ・レポート  •  2020年4月15日

高クオリティ企業がもたらすレジリエンス(第3部) 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
世界的な健康危機によるESGにおける社会(S)の新たな意味について

IE-Team_Tile-Horizontal
 
flash-report active-fundamental-equity Active Fundamental Equity pdf
フラッシュ・レポート  •  2020年4月15日

高クオリティ企業がもたらすレジリエンス(第1部) 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
ソーシャル・ディスタンスとロックダウンがグローバル市場に及ぼす影響について

IE-Team_Tile-Horizontal
 
global-equity-observer active-fundamental-equity Active Fundamental Equity page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年3月30日

金融傾向の変化 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
現在、マーケットは環境、社会、ガバナンス(ESG)アプローチを十分に株価に反映させてはいませんが、我々は投資プロセスにしっかりと組み込んでおり、今後、益々これらの要素が長期のパフォーマンスを達成していく上では重要な要素になってくると信じています。

insight-Financing-Climate-Change_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年3月26日

全てはウイルス次第 

債券運用チーム
2月は、コロナウイルス(COVID-19)が大流行するか否か の転換点を迎えました。中旬までは楽観論が支配していたものの、月末までに、米国の10年国債利回りは、歴史的にも低水準となり、株式市場は10%近く下落し、ハイイールド市場は年初来でマイナスのリターンとなりました。

9820792_itsallaboutvirus_Insight-Tile-1x1
 
sustainable-investing flash-report active-fundamental-equity Active Fundamental Equity pdf
ESG投資  •  2020年3月23日

ESGとサステナブル投資レポート 

カウンターポイント・グローバル株式運用チーム
グローバル・オポチュニティ株式運用チーム1による当アニュアル・レポートでは、投資プロセスにおけるESG分析の取り入れ、ポートフォリオの二酸化炭素排出量、企業との対話、およびMSIMにおけるグローバルなスチュワードシップ活動における協働についてまとめています。

GO-GlboalOpp-Tile
 
global-equity-observer active-fundamental-equity Active Fundamental Equity page
グローバル・エクイティ・オブザーバー  •  2020年3月12日

第二の山 

インターナショナル・エクイティ運用チーム
デビッド・ブルックスは、最近の著書の中で、他者を助けたり公益に関わったりすることで充実感を覚えることができる「第二の山」に登らなければならないと論じています。この議論を個人だけではなく企業(さらにはファンド・マネジャー)にも当てはめることは難しくありません。

9787483_Second-Mountain_Insight-Tile-1x1
 
sustainable-investing flash-report fixed-income Fixed Income pdf
ESG投資  •  2020年3月2日

債券保有者から企業へ:気候変動について話し合いましょう 

債券運用チーム
気候変動に関連する自然災害のコストが増大するにつれて、債券保有者は初めて、リスクやその他の環境、社会、ガバナンスのテーマについて、投資先企業に圧力をかけています。

9785380_Bondholders-to-Companies_Insight-Tile-1x1
 
global-fixed-income-bulletin fixed-income Fixed Income pdf
グローバル債券市場レポート  •  2020年2月25日

もう大丈夫だと思ったのに... 

債券運用チーム
ポジティブな経済指標と地政学的リスクが拮抗する中、今後の市場動向に不透明感が広がっています。

9801103_Just-When-You-Thought-It-Was-Safe_Insight-Tile-1x1
 
 

 

本ウェブサイトに掲載されている資料は情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券等の推奨又は勧誘を目的とするものではありません。

これらの資料は信頼できると考えられる情報に基づいて作成されておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に示した記述内容、数値、図表等は作成時点のものであり、事前の通知なしに変更、削除等されることがあります。なお、資料中のいかなる内容も将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

当社およびモルガン・スタンレーは、資料に含まれる情報を利用し、信頼しまたは利用できなかったことに起因する一切の直接および間接の損害に対する責任を負いません。

掲載資料に含まれる情報等の著作権その他のあらゆる知的財産権は当社に帰属します。当社からの事前の書面による承諾なしに、当該情報を商業目的に利用することを禁止します。