リサーチ・レポート

 
 
 

主に機関投資家のお客様向けのレポートを掲載しています

レポート原文(英語)

 
 
 
 
 

フラッシュ・レポート

我々が管理する二つのリスク、利益とバリュエーション 

2019年9月17日 

株式投資の損失が生じる要因は、減益となるかバリュエーションが低下するかです。2018年のバリュエーション低下を経て、懸念材料は利益となりました。2019年の年初来MSCIワールド・インデックスの予想利益は7%減少したものの、市場で減益は無視され株式市場は上昇しました。
 

9653891_Insight_Tile
 

グローバル債券市場レポート

見通しが一段と明るさを増すと思われた矢先、環境が急変 

2019年8月22日 

市場は8月が静かな月になることを予期していました。表面上は何の問題もなさそうだったものの、事態は急変しました。いったい、何が起こったのでしょうか。
 

9648446_Web_Tile_v1
 

フラッシュ・レポート

フィンテックは消費者向け融資に破壊的影響を及ぼし続ける 

2019年8月1日 

「フィンテック」を活用したオルタナティブ・レンディングは、銀行による資金仲介機能の低下と技術革新によって生まれた資産クラスですが、これは借り手と投資家の双方に利益をもたらす可能性があると我々は考えています。
 

tile-how-fintech-continues-disrupt
 

グローバル債券市場レポート

景気拡大の持続に細心の注意を払う中央銀行 

2019年8月1日 

6月はほぼすべての金融資産のリターンがプラスとなりました。世界中で経済指標が悪化し、失望が広がる中で金融資産のリターンがプラスになるなど、まさに異例な事態です。こうした展開は中央銀行によるものです。
 

9624876_Web _Tile_v1
 

フラッシュ・レポート

デジタル時代の「堀(強み)」を再構築する 

2019年8月1日 

過去50年間にわたり大手生活必需品企業はアナログの世界で繁栄してきました。これは圧倒的な市場シェア、売上成長の加速、高い投下資本利益率の維持に歴然と現れています。しかし、デジタル時代には二つの課題があります。一つはEコマース(EC)、そしてもう一つはソーシャルメディア/検索を含む新たなマーケティング・プラットフォームです。
 

rebuilding-moats-in-the-digital-age
 

フラッシュ・レポート

未知の領域を進む 

2019年7月4日 

過去数年間の混乱を考えると、英国の政治について予想するにはおそらく危険が伴うでしょう。しかし、英国と欧州連合(EU)間の交渉が妥協に至る余地は無くなりそうです。英国にとっては最適な状況からほど遠いものの、我々のグローバル・ポートフォリオに対する影響は比較的軽微と考えられます。
 

Rope bridge leading into mist
 

グローバル債券市場レポート

2018年の再現? 恐らくは違う 

2019年7月1日 

4月には米中貿易戦争は終息すると思われたし、米国とメキシコ及びカナダとの関係は好転に向かっていた。だが5月には、こうした思惑はいずれも外れた。
 

Vertically reflected image of architectural glass
 

フラッシュ・レポート

中国の認めるべき功績は認める 

2019年5月27日 

世界的にまずまずのGDP成長率が維持され、低金利状態が続き、米中貿易の緊張が 緩和されるとの期待から、株式市場はここ数カ月上昇基調にありますが、今が世界経済の主なテールリスクの一つである中国企業の債務問題について説明するよい機会だと考えています。
 

china flag
 

グローバル債券市場レポート

好環境が続くか 

2019年5月24日 

景気低迷のリスクは低下したが、中央銀行が過熱を懸念するほど力強い成長も予想されない。したがって混迷を続ける貿易問題が解消しさえすれば、好環境が続くだろう・・・
 

Digital display of volume levels
 

フラッシュ・レポート

景気サイクル終盤における安全な投資先を探す 

2019年4月26日 

2019年の不安な状況は、1999年のITバブルを一部彷彿させます。利益が低迷しているにもかかわらず、株式市場は大幅に上昇しています。景気サイクルが終盤でないとしても、こうした局面における安全な投資先を検討するのに今が良いタイミングであることに間違いないでしょう。
 

9534088_Insight-tile
 

グローバル債券市場レポート

ゴルディロックス(適温経済)の復活? 

2019年4月26日 

経済ファンダメンタルズが確実に改善しない限り、リスク資産のラリーは続かないとの我々の懸念は、部分的には正しかった。2019年には金融政策の緩和・一段の金利低下見通しを受けて短期債・長期債利回りが低下し、景気を下支えして、景気サイクルが長期化するとの楽観的なセンチメントも根強い。
 

9546772_Web_Tile
 

マーケット・レポート

再び景気拡大へ:世界中で景気刺激策を導入 

2019年4月17日 

財政刺激策の発動こそ、足元の世界景気後退リスクを低下させるカギだとみています。中国、米国、ユーロ圏各国がさらなる財政刺激策を実現すれば、2019年下半期までにインフラ投資は循環的な上昇局面に入り、2020年までこの上昇局面が続くと期待されます。
 

9520995-Insight-tile
 

フラッシュ・レポート

経営者が「戦略的」になる時 

2019年3月27日 

我々は、企業に常に関与(エンゲージ)することで、経営者のM&Aに対する考え方と、それが当運用戦略の考えと合致しているかを評価しています。
 

9519702-Insight-tile
 

マーケット・レポート

債券市場はここからどこに向かうか 

2019年3月24日 

世界の債券市場は、1 月に目覚ましい反騰を記録した後、2月は底固めの展開となりました。我々の運用戦略では、リスク・エクスポージャーを引き上げず金利全般に対して中立姿勢を維持しつつ、今後のファンダメンタルズの状況に応じてポジション調整を行う方針です。
 

9515769_Web_Tile_v1
 

フラッシュ・レポート

トランスフォーメーショナル・セカンダリーの時代  

2019年3月15日 

「トランスフォーメーショナル・セカンダリー」と称する、GP主導によるセカンダリー案件について解説します。
 

9494850_Web_Tile_1_v1
 

マーケット・レポート

今日の市場を形作る3つのティッピング・ポイント 

2019年3月13日 

一般に、気候変動に関わる研究は「ティッピング・ポイント」(「重大な節目」)がいつ訪れるかを推し量ろうとしています。今すでに、無視することのできない多くのティッピング・ポイントが、政治、社会、経済、投資の分野でも訪れつつあります。
 

three-tipping-points
 

フラッシュ・レポート

まだ危機を脱したわけではない 

2019年3月13日 

1月に市場は反発し、MSCIワールド・インデックスは8%近く上昇しました。2018年第4四半期に市場に忍び寄った3匹の狼(貿易戦争、中国、米連邦準備制度理事会)が、全て1月の反発要因となりました。しかしながら我々は、新たな狼は、世界経済の同時減速であると考えます。
 

9486688-Tile
 

グローバル債券市場レポート

今年は昨年の再現にはならないと考える理由 

2019年2月22日 

2018年は失望的な結果となり、とりわけ12月はトラウマとなりそうな散々なパフォーマンスとなったものの、2019年1月は大半の投資家にとって歓迎すべきサプライズとなりました。今年は昨年の再現にはならないと考える理由を解説します。
 

9489075_Tile_v1
 

マーケット・レポート

2019年の10大トレンド 

2019年2月12日 

我々は年初に今後1年の10大トレンドを取り上げることとしています。2010年代は米国の経済やマーケットにとって素晴らしい10年でしたが、2019年は、この流れに終止符が打たれる可能性があります。
 

insight-top10trends
 

フラッシュ・レポート

次世代の運用戦略:弾力性(レジリエンス)のフレームワーク 

2019年2月12日 

次の10年間は、これまでの10年間と異なる様相を呈する可能性が高いと考えています。景気後退への耐性を念頭に置いたポートフォリオを構築することが重要です。そのためには、従来の常識にとらわれず多面的な投資方法を用いることが必要になります。
 

insight-frameworkforresilience
 

フラッシュ・レポート

2019年前半の ヘッジファンド戦略見通し 

2019年2月12日 

我々は引き続き、世界の株式市場においてボラティリティが高まる可能性があるとの見通しを維持しています。
 

insight-2019aiphfoutlook
 

フラッシュ・レポート

バリュエーションは低下するも、リスクは低下せず 

2019年2月12日 

株式投資で損失が生じる原因は、投資先が減益となるかバリュエーションが低下するかの二通りしかありません。 我々の主な懸念はバリュエーションから利益に移っており、また、減益の可能性と流動性の逼迫が資産価格の下落要因になることへを懸念しています。
 

9462649-insight-tile
 

フラッシュ・レポート

利回り重視のESGアプローチ 

2019年1月24日 

クレジット投資の運用プロセスにESGを組み込むことで利回りの低下を最小限に抑えるだけでなく、ESGの考慮をリスク軽減とリターン向上の可能性につながる有用な洞察に変え、ポートフォリオのESG特性を最適化することを目指しています。
 

yield-focused-esg-approach
 

マーケット・レポート

マーケット・アウトルック:グローバル不動産市場 

2019年1月23日 

力強いグローバル・マクロ環境、Eコマースの急成長、都市化といった長期的なトレンドが、不動産ファンダメンタルズの追い風となっています。
 

shutterstock_235423501_RGB_960px
 

グローバル債券市場レポート

2019年の債券市場見通し  

2019年1月23日 

グローバル債券運用部門による世界の債券市場に関する考察です。
 

brave-new-world
 

マーケット・レポート

マーケット・アウトルック:グローバル債券 

2019年1月16日 

2019年に注目すべき4つのC:カフェイン・クレジット・中国・カメレオン
 

9426078 Tile_v1
 

マーケット・レポート

マーケット・アウトルック:エマージング株式 

2019年1月16日 

テクノロジー株の調整を受けて次に取るべき行動は?
 

After tech corrects - tile
 

マーケット・レポート

マーケット・アウトルック:エマージング債券 

2019年1月16日 

試練の2018年を経て、2019年はリバウンドか?
 

9435371_Tile_v1
 

マーケット・レポート

マーケット・アウトルック:マルチアセット 

2019年1月16日 

機能不全の分岐点?
 

9437627-Tile
 

マーケット・レポート

マーケット・アウトルック:グローバル社債 

2019年1月16日 

ゴドーを待ちながら
 

2019_Market_Outlook_Global_Credit_tile
 

マーケット・レポート

マーケット・アウトルック:ヘッジファンド 

2019年1月16日 

変化とボラティリティに直面した市場での投資機会
 

9435121_Tile_v1
 

マーケット・レポート

マーケット・アウトルック:証券化商品 

2019年1月16日 

金利のレンジ相場におけるキャッシュフロー・リターン
 

9438045_Tile
 

フラッシュ・レポート

EDGE:オートメーション/ロボティクス 

2019年1月14日 

以前は、商業目的にロボットを利用する最大のユーザーは自動車メーカーと部品メーカーでしたが、この10年間、テクノロジーの進化につれ、ロボットはより多くの産業の幅広いニーズに応えることができるようになってきました。
 

9423203-Tile-Small
 

フラッシュ・レポート

コンパウンダーがイソップ寓話のカメのように勝利する理由 

2019年1月10日 

イソップの寓話のウサギとカメでは、ウサギは もともと足が速いため、大きくリードしますが、慢心して昼寝したため、コツコツと歩いたカメが勝利します。では投資の世界ではどうでしょうか?
 

geo-dec18-new-tile
 

ESG関連レポート

ESG:米ドル建てエマージング債券のリターンにガバナンスが与える影響 

2019年1月4日 

エマージング市場のソブリン債に対して適用されるESGの定義は、未だ発展段階です。ESGの中でもガバナンスに着目し、ドル建てエマージング債券市場におけるガバナンスとリスク・プレミアムおよびリターンとの関係を分析します。
 

the-impact-of-governance-tile
 

グローバル・プロパティ・レビュー

グローバル・プロパティ・レビュー 2018年7-9月期 

2018年12月28日 

運用担当者による世界の不動産市場に関するコメントをご紹介しています。
 

global_property_review_tile
 

グローバル債券市場レポート

憂鬱な11月 

2018年12月28日 

11月の世界の債券市場は米国債のイールドカーブのフラット化、エマージング市場では米ドル建て債の下落、ハイイールド債や投資適格債のスプレッドの拡大、等、引き続き激動の月となりました。
 

9447142-Tile
 

マーケット・レポート

債券:2019年の4つのC 

2018年12月21日 

2019年は、景気がどのようなランディングになるのかを見極めなら、柔軟に適応する必要があります。そしてもっとも効果的な運用手法は、柔軟性があり意思決定が早いアクティブな運用戦略であると考えます。
 

9426078 Tile_v1
 

フラッシュ・レポート

(貿易)戦争-何の役に立つのか 

2018年12月7日 

10月は金利の上昇、供給制限や環境規制を受けたエネルギーコストの上昇、イタリアの政治的混乱、米国と中国の貿易摩擦の激化など、様々な要因から株式市場は調整局面となりました。われわれのポートフォリオがこれらの問題をうまく回避していると考える理由を、貿易摩擦を例に説明します。
 

insight-9405842-tile
 

グローバル債券市場レポート

波乱の10月を振り返る 

2018年11月19日 

10月は例に違わず市場の変動性が高まりました。最大のサプライズは、株式市場が波乱の展開となったにもかかわらず、米国債市場が上昇(利回りが低下)しなかったことです。資産市場が大幅に低迷し、金融緩和の終了が明確に示されているものの、我々は先行きをさほど悲観的にはみていません。
 

Global-Fixed-Income-Bulletin_tile_v1
 

フラッシュ・レポート

サステナビリティの追求:ESGがコンパウンド(複利のように利益を増幅)に及ぼす影響 

2018年11月7日 

インターナショナル・エクイティ運用チームは、環境・社会・ガバナンス(ESG)分析がすべての戦略の運用プロセスに全面的に統合されるよう徹底して取り組みました。
 

insight-GEO-8656888-2x1_tile
 

フラッシュ・レポート

マネージド・フューチャーズ戦略:トレンド追従型モデルを超えて 

2018年11月7日 

クオンタメンタル戦略とトレンド追随型戦略は相互 補完性が高いこと、そしてマネージド・フューチャーズ戦略にバランスの取れた長期アロケーションを行うためには、両戦略を含む必要があることを検証します。
 

Beyond-trend-following-tile
 

フラッシュ・レポート

エンゲージメント 

2018年11月7日 

インターナショナル・エクイティ運用チームによる、ESGエンゲージメント活動に関する半年毎のアップデートレポートです。
 

engage-sustainability-report
 

マーケット・レポート

米国市場vs他市場:乖離は調整へ 

2018年11月7日 

晩春以降、投資家の資金が一斉に米国株に流入するのに伴い、米国市場と他市場のパフォーマンス格差が急速に広がっています。しかし、ジョージ・S・パットン将軍が洞察したように「誰もが同じように考えているなら、誰か考えていない奴がいる」のです。
 

us-versus-the-rest-of-the-world-tile
 

マーケット・レポート

多様性を許容する世界へ:人的資本の管理とダイバーシティ 

2018年10月19日 

ミレニアル世代の台頭、世界的な高齢化、失業率の低下、一部の国における移民政策の厳格化といった傾向を踏まえるならば、適切な人的資本の管理(HCM)――ESG(環境・社会・ガバナンス)のうち主にS(社会的要因)を構成――が企業の競争力にとって一段と重要な役割を担いつつあることは明らかです。
 

Different-Tile
 

グローバル債券市場レポート

良好な状況の積み重ねか? 

2018年10月18日 

米国を中心とする力強い経済指標の発表が続いています。高過ぎる米国の経済成長は世界経済にとってもはや好材料ではないと主張する向きも一部にあるかもしれませんが、良いことの積み重ねは、時には素晴らしいことであるかもしれません。
 

Global-Fixed-Income-Bulletin_tile_v1
 

フラッシュ・レポート

グローバル・マクロ戦略 -今こそ注目すべき理由 

2018年10月11日 

グローバル・マクロ戦略は極めてオポチュニスティックな運用方針を持ち、厳しい投資環境下で高いリスク調整後リターンの実現が期待できる投資スタイルです。ボラティリティの上昇が予想される現在の投資環境は、当戦略へ資産を配分する好機だと考えます
 

global-macro
 

フラッシュ・レポート

ミドル・マーケットのハイイールド社債への投資 

2018年10月5日 

追加的な利上げが実施される可能性がある中でも、ハイイールド債券、中でもミドル・マーケットの発行体への投資は引き続き魅力的であると考えます。
 

9355189-Tile
 

フラッシュ・レポート

景気サイクルはいつ終わるか? 

2018年10月3日 

景気サイクルがいつ終わるかを判断することは、根源的には景気後退がいつ始まるかを予測することでもあります。景気後退指標が発するシグナルの強度を見極めることにより、今景気サイクルにおける現在の位置を探っていきます。
 

insight_whenwillthecycleend_tile
 

フラッシュ・レポート

新興国市場はまたふらつくのか? 

2018年10月2日 

世界銀行によると、世界経済は2010年から2017年の間に14 兆ドルの成長を遂げており、新興国市場が成長の大部分を占めました。一方で夏には、市場において、新興国が成長を牽引するというこれまでのトレンドの持続に対して自信が失われたように見受けられます。 当戦略のポートフォリオにおける新興国市場への投資のリスクを再検討します。
 

insight-GEO-8656888-2x1_tile
 

グローバル債券市場レポート

金融市場のストレスはシステミックなものか? 

2018年9月25日 

投資家の最大の関心事は、いくつかの市場が8月に低迷した原因について、主に市場の個別要因に よるものか、それとも厄介なシステミック・リスクの発生によるものか、ということです。
 

Global-Fixed-Income-Bulletin_tile_v1
 

グローバル・プロパティ・レビュー

グローバル・プロパティ・レビュー 2018年4-6月期 

2018年6月30日 

運用担当者による世界の不動産市場に関するコメントをご紹介しています。
 

global_property_review_tile
 
 

 

本ウェブサイトに掲載されている資料は情報提供のみを目的としたものであり、特定の有価証券等の推奨又は勧誘を目的とするものではありません。

これらの資料は信頼できると考えられる情報に基づいて作成されておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に示した記述内容、数値、図表等は作成時点のものであり、事前の通知なしに変更、削除等されることがあります。なお、資料中のいかなる内容も将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

当社およびモルガン・スタンレーは、資料に含まれる情報を利用し、信頼しまたは利用できなかったことに起因する一切の直接および間接の損害に対する責任を負いません。

掲載資料に含まれる情報等の著作権その他のあらゆる知的財産権は当社に帰属します。当社からの事前の書面による承諾なしに、当該情報を商業目的に利用することを禁止します。