ESG投資への取組み

運用プロセスの中で、ESG などの要因の潜在的な懸念事項および
それが投資に及ぼす影響を検証・理解することで
長期的に安定的したパフォーマンスを創出することを目指します

アプローチ

様々な運用戦略において、ESG 要因に基づいた企業・業種のファンダメンタルズ分析も組入れることで、長期的にサステナブルな事業モデルをもつガバナンスが確立した企業の発掘を目指します。

銘柄選択プロセスおよびリスク管理プロセスの両面でESG 要因を考慮します。

ESG 要因の例:

社会・環境的要因

ガバナンス

風評リスク

訴訟

ESG投資に対する支援体制

サステナビリティ・カウンシル

ESG 要因およびESG 基準を運用プロセス、運用戦略の開発、クライアント・エンゲージメント、各種報告等に組み込むための包括的な枠組みを促進することにより、MSIM のESG 投資に対するグローバルな取組みを促進するためのカウンシルです。

グローバル・スチュワードシップ・チーム

議決権行使およびエンゲージメントをサポートする専任チームです。運用チームと綿密に協働して、議決権行使、企業のガバナンス分析、エンゲージメント、関連する社会・環境問題に対応します。

モルガン・スタンレーのサステナブル投資研究所

サステナブルな事業の資金調達をサポートするために設立された研究機関です。

ESGに関する原則

エンゲージメントと
スチュワードシップ
の原則(上場市場)
 
ESG投資のアプ
ローチと原則
 

様々な運用戦略における取組み

ESG関連レポート
サステナブル・シグナル:アセットオーナーによるサステナブル投資の取組み
 
ESG投資は、もはやニッチな投資アイデアではなく、リスク管理およびリターン追求の両面から有効な手法であると認識され始めています。
ESG関連レポート
二酸化炭素排出量削減を2つの面から考える:エネルギー効率改善の革新的影響
 
エネルギー問題を取り上げる際には、使用するエネルギーの種類と、エネルギーがどのように使用されているかの、2つの側面から検証する必要があります。

全ての運用戦略においてESG 投資を組入れているものではありません。