Japanese Equity Strategy
Japanese Equity Strategy

Japanese Equity Strategy

 
 
 
Summary

The Japanese Equity Strategy seeks long-term capital appreciation by investing in Japanese stocks that have market capitalizations of greater than US $400 million. To achieve its objective, the strategy adopts a bottom-up approach to identify undervalued, quality business franchises that trade at a substantial discount to their long-term intrinsic value.

 
 
Investment Approach
Philosophy

The team believes that the broad Japanese equity universe is inefficiently valued. Over the long term, however, the team believes that the price of an asset will revert to its true intrinsic value, thereby offering investors in undervalued stocks the potential opportunity for superior returns.

 
Differentiators
A highly-experienced investment team

The team’s 27 investment professionals have an average 14 years investment experience.

High conviction approach

Portfolios are conviction based; those stocks we believe have the greatest potential make up a larger part of the portfolio.

Risk-aware portfolio construction

Final portfolio weights will take in to consideration the total risk of the portfolio in addition to the index weights and conviction levels for individual stocks.

 
 
 
Investment Process
1
Universe

Approximately 1000 stocks are pre-selected from all listed Japanese stocks based on liquidity and capitalization.

2
Quantitative Screening

The team selects ‘Research Targets’ based on a rich-cheap screen.

3
Profit Cycle Analysis

The team then performs a combination of fundamental analysis and interaction with company management identifies companies with an improving Profit Cycle outlook.

4
Portfolio Construction

The team follows a discretionary process, in which the lead portfolio manager weights the merits of investment targets along with overall portfolio risk, as assessed by Barra.

5
Portfolio Analysis

Finally the team assembles feedback of performance measures and factor analysis.

Strategy_Japanese Equity_Japanese Equity Strategy
 
 
Portfolio Manager  
Yasuyuki Ochi
CMA, Mitsubishi UFJ Asset Management Co., Ltd.
19 years industry experience
 
 
 
 

ご案内の運用戦略の中には、日本でご紹介していないものも含まれています。また、受託資産額が運用上限に達したため受託を一時的に停止している運用戦略が含まれている場合があります。詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

リスクについて

受託資産の運用は、受託資産に組入れられた株式その他の有価証券等の価格変動リスクや株式その他の有価証券等の発行体の信用リスク等による影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失又は受託資産に関して行われる取引に際し預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回ることとなるおそれがあります。個別の受託資産ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、投資一任契約を締結する際には、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

受託資産の運用に係る費用について

投資顧問契約及び投資一任契約に係る投資顧問報酬として、契約資産額に対して年率2.20%(税込)を上限とする料率を乗じた金額が契約期間に応じてかかります。投資一任契約に基づいて投資信託を組み入れる場合は、投資する投資信託に係る費用等が投資顧問報酬に加えてかかる場合があります。また、一部の戦略では投資顧問報酬に加えて成功報酬がかかる場合があります。その他の費用として、組み入れ有価証券の売買手数料、先物・オプション取引に要する費用、有価証券の保管費用等を間接的にご負担頂いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、運用状況等により異なる為、事前に料率、上限額等を示すことができません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトについての情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。