International Equity Plus Strategy

International Equity Plus Strategy

International Equity Plus Strategy

 
 
Summary

The International Equity Plus Strategy invests in both high quality compounders and value opportunities, primarily in developed markets outside the US. The compounders are characterized by high returns on operating capital employed and strong free cash flow. The value opportunities tend to be more cyclical, with improving or mispriced fundamentals.

The “plus” component of the portfolio consists of high quality compounders in the US, included to increase the portfolio’s quality bias. The overall mix between compounders and value opportunities varies as valuations and prospects change. The strategy seeks to generate superior returns over the long term by providing attractive absolute returns in rising markets and helping to reduce downside participation in challenging markets.

 
 
Investment Approach
 
 
 
 
Investment Team  
William Lock
William Lock
Head of International Equity Team
30 years industry experience
Bruno Paulson
Bruno Paulson
Managing Director
28 years industry experience
Nic Sochovsky
Nic Sochovsky
Managing Director
24 years industry experience
Marcus Watson
Marcus Watson
Managing Director
14 years industry experience
Alex Gabriele
Alex Gabriele
Managing Director
13 years industry experience
Nathan Wong
Nathan Wong
Executive Director
22 years industry experience
Marte Borhaug
Marte Borhaug
Head of Sustainable Outcomes
12 years industry experience
Richard Perrott
Richard Perrott
Executive Director
16 years industry experience
Vladimir Demine
Vladimir A. Demine
Head of ESG Research
20 years industry experience
Isabelle Mast
Isabelle Mast
Executive Director
17 years industry experience
 

Team members may be subject to change at any time without notice. The investment team currently has 14 members; information on additional team members can be found on MSIM.com.

 
 
 
 
 

ご案内の運用戦略の中には、日本でご紹介していないものも含まれています。また、受託資産額が運用上限に達したため受託を一時的に停止している運用戦略が含まれている場合があります。詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

リスクについて

受託資産の運用は、受託資産に組入れられた株式その他の有価証券等の価格変動リスクや株式その他の有価証券等の発行体の信用リスク等による影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失又は受託資産に関して行われる取引に際し預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回ることとなるおそれがあります。個別の受託資産ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、投資一任契約を締結する際には、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

受託資産の運用に係る費用について

投資顧問契約及び投資一任契約に係る投資顧問報酬として、契約資産額に対して年率2.20%(税込)を上限とする料率を乗じた金額が契約期間に応じてかかります。投資一任契約に基づいて投資信託を組み入れる場合は、投資する投資信託に係る費用等が投資顧問報酬に加えてかかる場合があります。また、一部の戦略では投資顧問報酬に加えて成功報酬がかかる場合があります。その他の費用として、組み入れ有価証券の売買手数料、先物・オプション取引に要する費用、有価証券の保管費用等を間接的にご負担頂いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、運用状況等により異なる為、事前に料率、上限額等を示すことができません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトについての情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。

 

This is a Marketing Communication.

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第410号

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会、
一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会


プライバシー・ステートメント    •    利用条件    •    オフィス所在地    •    日本におけるモルガン・スタンレー

©  Morgan Stanley. All rights reserved.