Emerging Markets Small Cap Strategy
Emerging Markets Small Cap Strategy

Emerging Markets Small Cap Strategy

 
 
 
Summary

The Emerging Markets Small Cap Strategy seeks long-term capital appreciation by investing primarily in equity securities of small-capitalization companies operating in emerging markets. To help achieve its objective, the Strategy combines top-down country allocation with bottom-up stock selection.

 
 
Investment Approach
Philosophy

We focus on high-quality small cap investments across emerging and frontier markets, and seek the most compelling opportunities by building an actively managed, focused portfolio of companies positioned to benefit from these growth themes. To help achieve our objective, we combine top-down country allocation with bottom-up stock selection.

 
Differentiators
Country allocation

The Strategy seeks to overweight countries whose growth, in the team’s opinion, will beat expectations, while underweighting problem countries.

Growth bias

The investment team thinks that future economic growth matters most for stock returns and looks to invest in quality companies with sustainable growth models.

Universe differentiation

The portfolio is concentrated in a range of 65 to 80 issuers and frontier countries are limited to 20% of total holdings.

 
 
 
Investment Process
1
Integrate top-down country allocation and bottom-up stock selection
2
Assess global economic conditions and apply cross-sectional analysis to determine portfolio allocations
3
Analyze dynamics, valuation and sentiment at both country and company levels
4
Identify quality management, return on equity and solid free cash flow generation
Global-Emerging-Market-Equity-Gears_FINAL
 
 
 
 

ご案内の運用戦略の中には、日本でご紹介していないものも含まれています。また、受託資産額が運用上限に達したため受託を一時的に停止している運用戦略が含まれている場合があります。詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

リスクについて

受託資産の運用は、受託資産に組入れられた株式その他の有価証券等の価格変動リスクや株式その他の有価証券等の発行体の信用リスク等による影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失又は受託資産に関して行われる取引に際し預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回ることとなるおそれがあります。個別の受託資産ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、投資一任契約を締結する際には、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

受託資産の運用に係る費用について

投資顧問契約及び投資一任契約に係る投資顧問報酬として、契約資産額に対して年率2.20%(税込)を上限とする料率を乗じた金額が契約期間に応じてかかります。投資一任契約に基づいて投資信託を組み入れる場合は、投資する投資信託に係る費用等が投資顧問報酬に加えてかかる場合があります。また、一部の戦略では投資顧問報酬に加えて成功報酬がかかる場合があります。その他の費用として、組み入れ有価証券の売買手数料、先物・オプション取引に要する費用、有価証券の保管費用等を間接的にご負担頂いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、運用状況等により異なる為、事前に料率、上限額等を示すことができません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトについての情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。