Biography

Andrew S. Hawkyard is a Managing Director of Morgan Stanley and Chief Investment Officer of Morgan Stanley Private Equity Asia (MSPEA). Mr. Hawkyard joined the Firm in 1999 and has been investing in Asia private equity for 19 years, including 17 years managing MSPE Asia’s four private equity funds to date: MSGEM (1999), Fund II (2005), Fund III (2007) and Fund IV (2013). Mr. Hawkyard currently leads the group’s private equity activities in Taiwan, Hong Kong and Southeast Asia, and prior to that he played a lead role in establishing MSPE Asia’s private equity business in South Korea. Mr. Hawkyard is a director of ACR and was previously a director of Landmark, Jinbang and CTCI and an observer to the boards of Itest and eAccess. Prior to joining Morgan Stanley, Mr. Hawkyard worked in the Merchant Banking and Investment Banking divisions of Donaldson, Lufkin and Jenrette in Hong Kong and New York. Mr. Hawkyard is a native of New Zealand and is based in Hong Kong. Mr. Hawkyard received a B.A. with First Class Honors in applied mathematics and a B.C.A. in finance from Victoria University.
 
 
Andrew is a member of the Morgan Stanley Private Equity Asia
 
 
 

 

上記は全てのメンバーを紹介しているものではありません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトに関連する情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。

 

This is a Marketing Communication.

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第410号

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会、
一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会


プライバシー・ステートメント    •    利用条件    •    オフィス所在地    •    日本におけるモルガン・スタンレー

©  Morgan Stanley. All rights reserved.