Biography

Michael is chief investment officer of Global Fixed Income. He joined Morgan Stanley in 1987 and has 32 years of investment experience. Previously, Michael was a global fixed income strategist for the firm's Fixed Income division. Prior to joining the firm, he was a senior lecturer of economics at Columbia University. Michael received an A.B. in economics from Princeton University, an M.Sc. in economics from the London School of Economics, and an M.Phil. in economics from Columbia University.
 
 
Michael is a member of the Global Fixed Income Team
 
 
 

 

上記は全てのメンバーを紹介しているものではありません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトに関連する情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。