ヘッジファンド・グローバル・マルチ運用戦略
ヘッジファンド・グローバル・マルチ運用戦略

ヘッジファンド・グローバル・マルチ運用戦略

 
 
 
概要

ディレクショナル戦略、レラティブ・バリュー戦略、およびイベント・ドリブン戦略を追求するヘッジファンド・マネジャーに幅広く投資します。

 
 
運用手法
運用哲学

リスクとリターンのバランスを重視することで、優れたリターンを達成できると考えます。運用哲学では、まずはリスク管理を第一に考え、その次にリターンを最大化することを基本とします。各ヘッジファンドは、個別の場合でも他のヘッジファンドと組み合わせた場合でも、優れたリスク・リターン特性を提供すると考えます。ボトムアップのリサーチ・アプローチを用いて、最良のマネージャーを発掘することに主に重点を置いています。またトップダウンによる運用戦略の分析は、より高いリターンを期待できるマネージャーの選定に役立ちます。

 
特徴
緊密なネットワークとアクセス

運用チームの長期投資家としての評価とヘッジファンド業界におけるの幅広いネットワークにより、優れたヘッジファンドや新たなマネージャーへのアクセスが可能となっています

経験豊富で安定した運用チーム

ポートフォリオ・マネジャーの平均業界経験年数は約20年で、同じチームで約10年、共に運用に携わっています。こうした体制により、投資対象とするヘッジファンド・セクターでリターンを創出する戦略について技術的な知識を習得することが可能となっています。また、投資機会の発掘やデュー・デリジェンスを促進し、かつ革新的なマネージャーや戦略が広く知られる前に発掘することができるような強固な関係の構築が可能となっています。

規律ある運用プロセス

検証された複数段階からなるデュー・デリジェンス・プロセスを採用しています。このプロセスでは、定性、定量、およびオペレーション面のリスク管理を組み合わせています。ボトムアップによるマネージャー選定を、投資環境に対するトップダウンの視点からも評価し、ポートフォリオ構成を決定します。

強固なオペレーショナル・リスク管理チームおよびそのプロセス

オペレーショナル・リスク管理チームは専門家で構成されており投資判断に対する拒否権を有しています。現地のデュー・デリジェンス、身元調査、サービス・プロバイダーの評価、関連文書のレビュー、および企業統制環境の分析を中心に行います。

 
 
 
運用プロセス
1
発掘

ヘッジファンド戦略に関する深い専門知識と業界での幅広いネットワークを活用し、優れたスキルのヘッジファンド・マネージャーをグローバルに特定します。オープンドアポリシーを採用し、規模に関するバイアスをかけないことで、新興のマネージャー革新的なヘッジファンド戦略を選別できます。

2
分析

投資候補先について詳細な定量・定性プロセスを通じて評価を行います。このプロセスには、運用チーム、定量分析チーム、およびオペレーショナル・ デュー・デリジェンス・チームの3つのチームがそれぞれ関与します。

3
ポートフォリオ構築

リスク・リターンの目標、流動性要件、マネージャーの相関性等の一般的なデータとともに、運用チームのヘッジファンド戦略に関するアクティブな見解を反映します。いかなる市場サイクルにおいても投資目的を達成できるポートフォリオを構築することを目指すに当たり、現在のマクロ環境に加えて、ヘッジファンド戦略の中期的なパフォーマンスを予想します。

4
執行

ヘッジファンド運用チームの投資委員会により各投資が承認されます。このアプローチをとることで、意思決定における議論が活発になり、一貫性が保たれるとともに、キーマン・リスクが低減されると考えます。

5
モニタリングおよびリスク管理

投資後、ポートフォリオ全体および組み入れられた個別のファンドについて定性・定量的手法により継続的に評価を行います。投資したファンドのパフォーマンスが運用チームの予想から乖離する場合には、ポートフォリオに対する影響を修正するために適切な措置がとられます。ヘッジファンド・マネージャーとの継続的な対話が、リスク管理プロセスの中心に置かれています。

 
 
運用担当者
AIPヘッジファンド・チーム責任者兼CIO
マネージング・ディレクター
エグゼクティブ・ディレクター
マネージング・ディレクター
マネージング・ディレクター
マネージング・ディレクター
マネージング・ディレクター
 
 
 
 

リスクについて

受託資産の運用は、受託資産に組入れられた株式その他の有価証券等の価格変動リスクや株式その他の有価証券等の発行体の信用リスク等による影響を受けます。受託資産の運用による損益はすべてお客様に帰属し、元本が保証されているものではなく、元本損失又は受託資産に関して行われる取引に際し預託すべき委託証拠金その他の保証金の額を上回ることとなるおそれがあります。個別の受託資産ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、投資一任契約を締結する際には、契約締結前交付書面をよくご覧ください。

受託資産の運用に係る費用について

投資顧問契約及び投資一任契約に係る投資顧問報酬として、契約資産額に対して年率2.16%(税込)を上限とする料率を乗じた金額が契約期間に応じてかかります。投資一任契約に基づいて投資信託を組み入れる場合は、投資する投資信託に係る費用等が投資顧問報酬に加えてかかる場合があります。また、一部の戦略では投資顧問報酬に加えて成功報酬がかかる場合があります。その他の費用として、組み入れ有価証券の売買手数料、先物・オプション取引に要する費用、有価証券の保管費用等を間接的にご負担頂いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、運用状況等により異なる為、事前に料率、上限額等を示すことができません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトについての情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。