グロース株式運用チーム
運用部門: アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ
グロース株式運用チーム
運用部門: アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ

グロース株式運用チーム

運用部門: アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ

 
 
概要

当運用チームは、ファンダメンタルに基づくボトムアップ分析を行い、見通しや洞察を重視しながら長期的観点で投資を行うことにより、長期での元本の上昇を追求します。当チームは、ユニークかつ質の高い企業を探求していますが、これらの企業は、持続的な競争優位性を有し、堅固なフリー・キャッシュフロー利回り、良好な投下資本利益率(ROIC)を示す兆候があると考えています。ポートフォリオは通常、集中投資かつ高いアクティブシェアのポートフォリオとなりますが、これによりベンチマークのパフォーマンスと差別化され、高い信念に基づいた集中投資ポートフォリオが維持されます。グロース株式運用チームは、14名の運用プロフェッショナルとディスラプティブ・チェンジ分析担当者を含む20名で構成されており、チーム内の協調性、創造性、異なった考え方をするチームの意欲を助長しています。

知的好奇心と柔軟性を促す
チームカルチャー

 
リサーチ・レポート
フラッシュ・レポート
EDGE:自動運転車
2017年9月26日
自動運転車はさまざまなセンサーや装置等を利用して周囲の環境を認識し、運転プロセスを自動化することで、人間による操作無しでの走行を可能とします。自動運転車は私たちの暮らしを変える可能性を秘めています。
フラッシュ・レポート
EDGE:機械学習
2017年5月17日
機械学習とは、コンピュータシステムに学習させることで、大量のデータから有効な考察を発見し、それを新しい状況に応用・活用する手法です。人間の裁量判断による間違いをプロセスから排除することにより、医療診断や自動車運転といった多くの分野で、機械学習が大変革をもたらす可能性があります。近年、収集データの爆発的な増加がコンピュータ能力の向上と相まって、その革新的技術のレベルが飛躍的に進化しています。
フラッシュ・レポート
グローバル・オポチュニティ株式運用戦略
2016年5月31日
運用責任者であるクリスチャン・ヒュー(Kristian Heugh)が、長期的に良好なパフォーマンスを創出している集中投資型グロース株式運用の有効性および着目点について解説します
 
 
運用担当者
グロース株式運用責任者
マネージング・ディレクター
マネージング・ディレクター
エグゼクティブ・ディレクター
マネージング・ディレクター
マネージング・ディレクター
マネージング・ディレクター
マネージング・ディレクター
エグゼクティブ・ディレクター
 
 
運用戦略
購入時に割安に放置されているものの、クオリティが高く事業が確立したグローバル企業に投資  
 
 

 

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトに関連する情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。