Bruno Paulson
マネージング・ディレクター
Bruno Paulson
マネージング・ディレクター

Bruno Paulson

マネージング・ディレクター

 
 
Bruno is a portfolio manager for the London-based International Equity team. He joined Morgan Stanley in 2009. Prior to joining the firm, Bruno worked for Sanford Bernstein in London, where he was a Senior Analyst covering the financial sector, particularly banks and insurers, for eight years.  Previously, he was a manager at the Boston Consulting Group where he focused on the financial services industry. Bruno has an MBA from INSEAD where he received the Ford Prize for graduating top of class.  He was also a Research Fellow in Political Economy at Nuffield College, Oxford, and received a B.A. in Politics, Philosophy and Economics with 1st Class Honors from Keble College, Oxford. Bruno is on the board of the Ambitious About Autism Schools Trust and was a parent-founder of The Rise school. He is also a governor at Kensington Aldridge Academy, where he chairs the Business Committee.
 
 
リサーチ・レポート
フラッシュ・レポート
グローバル・フランチャイズ、グローバル・クオリティ両運用戦略の運用担当者とのQ&A
2018年4月9日
ポートフォリオ・スペシャリストのLaura Bottegaが、運用担当者のBruno Paulsonに足元のテーマについて質問します。
フラッシュ・レポート
2018年は目を大きく開いて
2018年2月8日
2017年の市場を振り返り、2018年にも引き続きリスクを慎重に注視する理由と、高クオリティ企業の投資妙味が高い理由を解説します。
フラッシュ・レポート
クオリティの指針となるガバナンス
2017年12月27日
高クオリティ企業において経営者の行動が重要である理由、そしてガバナンスがことのほか重視される理由について、インターナショナル・エクイティ運用チームが論じています。
 

 

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトに関連する情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。