William Lock
インターナショナル・エクイティ運用チーム責任者
William Lock
インターナショナル・エクイティ運用チーム責任者

William Lock

インターナショナル・エクイティ運用チーム責任者

 
 
William is a portfolio manager and head of the London-based International Equity team. He joined Morgan Stanley in 1994 and has 26 years of investment experience. Prior to joining the firm, he worked at Credit Suisse First Boston’s Corporate Finance Group, and was a management consultant with Arthur D. Little. William received a B.A. in Modern History from Keble College, Oxford. William is a longstanding sponsor of the creative arts, including Glyndebourne Opera.
 
 
リサーチ・レポート
フラッシュ・レポート
要は長期利益
2018年8月22日
市場は利益を重視しますが、残念ながら短期利益という間違った利益に目を奪われています。長期にわたり複利のように利益を増幅するために重要なのは、長期利益の軌道を描くことに集中する努力と、困難な時期を持ちこたえることです。景気拡大と強気相場が続いていることを踏まえると、減速の可能性について考えることが大切です。
フラッシュ・レポート
我々の知る投資環境は根本から変化したのか?
2018年7月30日
MSCIワールド・インデックスは過去半年間に、米ドル・ベースで0.4%、現地通貨ベースで1.3%の上昇となりました。2009年から2016年にかけて投資環境を形成した多くの状況が、過去1年半の間に根本から変化しています。足元でも市場においてこうした変化が段々と進行しています。
フラッシュ・レポート
損失リスクについて考える
2018年7月3日
資産運用における本質的なリスクは、損失を被るリスク、特に多額の損失を被るリスクであると多くの人々が認識しています。相対リスク指標にも絶対リスク指標にも限界がある中、われわれは損失リスクの管理に重点を置いています。
 

 

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトに関連する情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。