William Lock
インターナショナル・エクイティ運用チーム責任者
William Lock
インターナショナル・エクイティ運用チーム責任者

William Lock

インターナショナル・エクイティ運用チーム責任者

 
 
William is a portfolio manager and head of the London-based International Equity team. He joined Morgan Stanley in 1994 and has 26 years of investment experience. Prior to joining the firm, he worked at Credit Suisse First Boston’s Corporate Finance Group, and was a management consultant with Arthur D. Little. William received a B.A. in modern history from Keble College, Oxford.
 
 
リサーチ・レポート
フラッシュ・レポート
クオリティの指針となるガバナンス
2017年12月27日
高クオリティ企業において経営者の行動が重要である理由、そしてガバナンスがことのほか重視される理由について、インターナショナル・エクイティ運用チームが論じています。
フラッシュ・レポート
日本企業に投資機会は存在するのか?
2017年12月4日
日本の株式市場が上昇する中、日本政府がコーポレート・ガバナンス改革に取り組むことで投資家は高クオリティ企業への投資機会を得ることができるのか、インターナショナル・エクイティ運用チームは問いかけています。
ESG関連レポート
持続可能性の探究
2017年11月21日
グローバル・フランチャイズ運用戦略、グローバル・クオリティ運用戦略の運用責任者William Lockが企業の持続可能性について論じ、彼の運用チームがESGについての考え方をどのように運用プロセスに組み込んでいるかについて説明します。
 

 

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトに関連する情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。