Dirk Hoffmann-Becking
エグゼクティブ・ディレクター
Dirk Hoffmann-Becking
エグゼクティブ・ディレクター

Dirk Hoffmann-Becking

エグゼクティブ・ディレクター

 
 
ロンドン拠点のインターナショナル・エクイティ運用チームに所属するファンド・マネジャー。2013年にモルガン・スタンレーに入社。入社前は、ソシエテ・ジェネラルにて銀行セクター・リサーチのグローバル責任者を務めた。それ以前は、サンフォード・バーンスタインにて欧州銀行セクターをカバーするシニア・リサーチ・アナリストを務めた。さらにそれ以前は、マッキンゼー・アンド・カンパニーにてコンサルタントを8年間、AMNアムロにてストラテジー・マネージャーを3年間務めた。クリスティアン・アルブレヒト大学キール(ドイツ)法学博士。
 
 
リサーチ・レポート
フラッシュ・レポート
バリュエーションは低下するも、リスクは低下せず
2019年2月12日
株式投資で損失が生じる原因は、投資先が減益となるかバリュエーションが低下するかの二通りしかありません。 我々の主な懸念はバリュエーションから利益に移っており、また、減益の可能性と流動性の逼迫が資産価格の下落要因になることへを懸念しています。
フラッシュ・レポート
コンパウンダーがイソップ寓話のカメのように勝利する理由
2019年1月10日
イソップの寓話のウサギとカメでは、ウサギは もともと足が速いため、大きくリードしますが、慢心して昼寝したため、コツコツと歩いたカメが勝利します。では投資の世界ではどうでしょうか?
フラッシュ・レポート
(貿易)戦争-何の役に立つのか
2018年12月7日
10月は金利の上昇、供給制限や環境規制を受けたエネルギーコストの上昇、イタリアの政治的混乱、米国と中国の貿易摩擦の激化など、様々な要因から株式市場は調整局面となりました。われわれのポートフォリオがこれらの問題をうまく回避していると考える理由を、貿易摩擦を例に説明します。
 

 

上記は全てのメンバーを紹介しているものではありません。

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトに関連する情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。