Dirk Hoffmann-Becking
エグゼクティブ・ディレクター
Dirk Hoffmann-Becking
エグゼクティブ・ディレクター

Dirk Hoffmann-Becking

エグゼクティブ・ディレクター

 
 
Dirk is a portfolio manager for the London-based International Equity team. He joined Morgan Stanley in 2013 and has 19 years of investment experience. Prior to joining the firm, Dirk worked for Société Générale as Global Head of Bank Sector Research. Previously, was a senior research analyst covering European Banks at Sanford Bernstein. Prior to that, Dirk spent five years as a consultant for McKinsey & Company and three years as a strategy manager at ABN Amro. Dirk has a Ph.D. in Law from Christian Albrechts University of Kiel, Germany and trained and worked as a lawyer at Freshfields Bruckhaus Deringer.
 
 
リサーチ・レポート
フラッシュ・レポート
クオリティの指針となるガバナンス
2017年12月27日
高クオリティ企業において経営者の行動が重要である理由、そしてガバナンスがことのほか重視される理由について、インターナショナル・エクイティ運用チームが論じています。
フラッシュ・レポート
日本企業に投資機会は存在するのか?
2017年12月4日
日本の株式市場が上昇する中、日本政府がコーポレート・ガバナンス改革に取り組むことで投資家は高クオリティ企業への投資機会を得ることができるのか、インターナショナル・エクイティ運用チームは問いかけています。
フラッシュ・レポート
政治リスクを回避するには十分な用心が必要
2017年10月31日
右派ポピュリズムに注目が集まる中で、市場は左派の脅威を見落としていないでしょうか。インターナショナル・エクイティ運用チームが、政治の不透明感に対する警戒を強める必要性について論じています。
 

 

当ページの情報は、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下、当社)が、投資一任契約においてご提供する運用プロダクトに関連する情報提供を目的として作成したものです。本資料は当社が信頼できると判断した情報を元に、十分な注意を払い作成しておりますが、当社はその正確性や完全性をお約束するものではありません。