ESG投資への取組み

運用プロセスの中で、ESG などの要因の潜在的な懸念事項および
それが投資に及ぼす影響を検証・理解することで
長期的に安定的したパフォーマンスを創出することを目指します

アプローチ

様々な運用戦略において、ESG 要因に基づいた企業・業種のファンダメンタルズ分析も組入れることで、長期的にサステナブルな事業モデルをもつガバナンスが確立した企業の発掘を目指します。

銘柄選択プロセスおよびリスク管理プロセスの両面でESG 要因を考慮します。

ESG 要因の例:

社会・環境的要因

ガバナンス

風評リスク

訴訟

ESG投資に対する支援体制

MSIMサステナブル投資カウンシル

ESG 要因およびESG 基準を運用プロセス、運用戦略の開発、クライアント・エンゲージメント、各種報告等に組み込むための包括的な枠組みを促進することにより、MSIM のESG 投資に対するグローバルな取組みを促進するためのカウンシルです。

MSIMコーポレート・ガバナンス・チーム

議決権行使およびエンゲージメントをサポートする専任チームです。運用チームと綿密に協働して、議決権行使、企業のガバナンス分析、エンゲージメント、関連する社会・環境問題に対応します。

モルガン・スタンレーのサステナブル投資研究所

サステナブルな事業の資金調達をサポートするために設立された研究機関です。

様々な運用戦略における取組み

ESG関連レポート
持続可能性の探究
 
グローバル・フランチャイズ運用戦略、グローバル・クオリティ運用戦略の運用責任者William Lockが企業の持続可能性について論じ、彼の運用チームがESGについての考え方をどのように運用プロセスに組み込んでいるかについて説明します。
ESG関連レポート
エマージング市場における ESGへのアプローチ
 
エマージング市場においてバランスの取れた成長を持続できる企業や投資国を探し出すためには、環境・社会・ガバナンス(ESG)ファクターを統合したリサーチが不可欠であると考えます。

全ての運用戦略においてESG 投資を組入れているものではありません。